ワキガの臭いがわからない…自分で調べるチェック方法を6つ紹介します!

スポンサーリンク

ワキガ 臭い

ひょっとして自分はワキガなのでは…?

自分の体臭というものは、意外に自分ではわからなかったりするものです。

実際、強烈なワキガ臭を放っていても、全然、対策をされない方が多くいらっしゃいませんか?

おそらく自分の体臭に無頓着というよりも、自分がワキガであることに気がついていないパターンが多いです。

自分ではわからないだけで、ひょっとしたらワキガかも…?と不安になる方は多いでしょう。

わたしってワキガ?みたいなことは親兄弟にも聞けないし、友達になんて絶対に聞けないでしょう…

ですので、今回は自分がワキガであるのかどうか?自分で調べるチェック方法などを詳しく5つ紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワキガチェック方法を6つ紹介!

下記に自分でわかるワキガチェック方法を5つ紹介します!

他人にワキガかどうか聞くこともできないですよね。ですので、下記のチェック方法を参考にして、自分がワキガかどうか?

調べてみてください。

耳垢が湿っている、もしくは柔らかい感じがする。

自分でワキガかどうか調べる方法として、綿棒か耳かきで耳垢を調べてみるのも方法の一つです。

ワキガの可能性が少ない人は、耳垢が乾燥していて、パサパサしていますが、ワキガの可能性が高い方は耳垢が湿っていて、しっとりと柔らかいものになっています。

一般的に耳垢が湿っている人は、体臭が強い傾向にあるようです。耳垢が湿るのは耳の中にあるアポクリン汗腺が影響しています。

耳の中にあるアポクリン汗腺の量が多いということは、身体にあるアポクリン汗腺の量が多く、ワキガの傾向にある方が強いです。

白人、黒人の約9割は耳垢は湿っており、ワキガ率が非常に高いというのは有名ですよね。

自分がワキガかどうか調べる方法として、耳垢を調べてみるのがおすすめです。

脇汗がベタベタする感じがする。

脇汗がベタベタする感じがする方は、ワキガの可能性も?

エクリン腺から出る汗は粘着力があり、顔汗などが乾いても脇の下からでるエクリン腺の汗は乾燥することがありません。

涼しい場所に移動しても、脇の下がなんだかベタベタする感じがあれば、それはエクリン腺から分泌された汗ですので、雑菌に分解され臭いを放つ場合があります。

脇の部分に黄土色シミができる。

脇の部分が黄ばむ…という方はワキガの可能性があるかもしれません。ただ、通常の汗や皮脂により脇の部分が黄ばむということはあります。

ワキガの方がかいた汗による黄ばみはもっと濃く、黄色というよりも黄土色になるくらいにシミができます。

しかも、ワキガの元となるアポクリン汗腺から分泌する汗は、漂白剤などでも落とすことが難しいとされています。

汗や皮脂による黄ばみは漂白剤で落ちるのですが、漂白剤でも落ちない…という場合はワキガである可能性が高いと言えます。

脇毛が人よりも濃い。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は毛の下に多く存在しています。脇毛が人より濃いと自覚される方はワキガの可能性が高いとも言えます。

また、脇毛が多いとそれだけ雑菌が多く存在しやすくなりますので、アポクリン汗腺から出た汗による分解が進みやすくなり、ワキガになりやすい状態とも言えます。

両親、もしくはどちらかがワキガである。

悲しいことにワキガは遺伝によるもので、両親のどちらかがワキガの場合は、自分もワキガである可能性を疑った方がいいでしょう。

両親がどちらともワキガではない場合は、子供にワキガが遺伝することはありません。

スポンサーリンク

ワキガ対策をしっかりと行えば、自分がわからなくても問題なし!

自分の体臭というのはわからないことが多いです。そして、かなりきついワキガの人でも全く自分のワキガの臭いがわからない…という方は意外に多いです。

少し離れていてもわかるくらい、はっきりとしたワキガの臭いを放つ人も全然、自分では臭わないというケースがありますから。

ですので、上記のわきがチェックで思い当たることがある方は、ワキガ対策をしっかりと行えば、自分が臭わなくても全然、問題はありません。

意外に知られていないワキガ対策の方法!

ワキガ対策として制汗剤や専用のローション、クリームなどを塗れば十分なはずです。

ですが…人によってはワキガの臭いが強く、制汗剤や専用ローション、クリームでも臭いが抑えられないという方もいますよね。

そんな方に意外に知られてはいないワキガ対策を紹介します。

ワキガの原因は身体にあるアポクリン汗腺から分泌される汗が、細菌などにより分解されて臭いを放ちます。

ですので、制汗剤や専用ローション、クリームは、主にアポクリン汗腺の対策に特化しているものが多いです。

ですが、アポクリン汗腺の量が多い、濃度が高いという方には効果が十分に発揮されない場合があります。

そこで、アポクリン汗腺ではなく、汗を分解する『細菌』を対策すればワキガの臭いを抑えられるのでは?

そこで登場するのが『アルコール消毒液』です。アルコール消毒液で脇の下を綺麗にすれば、ワキガを抑えられるということです。

アルコール消毒がワキガに効果的という理由について。

ワキガの臭いは、アポクリン腺から分泌される脂質やタンパク質をワキガの細菌が分解し、 揮発性の臭気を出すため、臭いがします。

ですので、この細菌自体をアルコール消毒液で殺菌してしまえば、いくら汗をかいてもワキガの臭いがなくなります。

ですので、アルコール消毒液はワキガに効果的になります。ですが、肌が弱い方にはアルコール消毒液は皮膚への刺激が強く、水分を奪うので少し注意が必要になります。

市販で販売されているアルコール消毒液には、エタノールとイソプロピルアルコールの2種類があります。

皮膚への刺激を考えた場合、イソプロピルアルコールを使用すると肌への負担が少なくなるそうです。

スポンサーリンク

自分で調べるワキガチェック方法まとめ。

自分の体臭がよくわからないという方に、わきがチェック方法を5つ紹介させて頂きました。

・耳垢が湿っている、もしくは柔らかい感じがする。
・脇汗がベタベタする感じがする。
・脇の部分に黄土色シミができる。
・脇毛が人よりも濃い。
・両親、もしくはどちらかがワキガである。

上記にほとんど当てはまる…と思われる方はちょっと注意した方がいいかもしれません。ただ、心配されることはありません。

自分でしっかりとワキガ対策を行っていれば、あまり不安になる必要はありません。

じつは意外にワキガの方は男性だけでなく、女性も多いです。ですが、しっかりとワキガ対策をおこなっているから臭わないだけという場合がほとんどだと思います。

夏になれば汗をかく機会が多いと思いますので、仮にワキガでなくとも体臭ケアはしっかりと行いたいですよね。

暮らしと生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました