TikTokが使えなくなる?米国、日本で禁止になる可能性と理由について。

titok 禁止 理由 エンタメ

TikTokが使えなくなる?その噂をインターネットの情報で見聞きした方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

TikTokは中国、ケイマン諸島?を本社とする『バイトダンス』が開発した動画投稿アプリです。

登録者数は20億人という大人気のアプリ。日本では小中高生に大人気あり、積極的に動画投稿をしている方も数多くいると思われます。

  • TikTokが本当に使えなくなるのか?
  • そして、使えなくなるとどうなるのか?
  • TikTokが禁止になる可能性の理由。

以上を詳しく紹介をしていきます。

スポンサーリンク

TikTokが日本で使えなくなるとどうなるのか?

TikTokが禁止になり使えなくなってしまう場合、最も困るのは、自身の知名度アップのためにTikTokを利用をしていた方々だと思われます。

TikTokはフォロワーを増やして、運営するYou Tube、インスタグラムに誘導するための媒体として多くの方々が利用をされています。

TikTokの動画投稿で集客→広告収入が得られるYou Tube、インスタグラムに誘導。

TikTokが利用できなくなると、自身の広告、集客ツールとして使えなくなる方々が最も困ると思われます。

ただ、TikTokに自体に広告収入の仕組みはないので、他の集客ツールとなるアプリが登場をすれば、TikTokが使えなくなっても、それほど困ることはないでしょう。

日本でTikTokが使用禁止になる場合、いつから実施をされる?

仮に日本でTikTokが使用禁止になる場合、それはいつから実施されるのでしょうか?

結論として、アメリカのトランプ政権の意向次第となる可能性が濃厚です。

トランプ政権は既にTikTokに対して、2020年の8月1日に大統領権限で使用禁止の方針を公式に発表をしています。

日本はトランプ政権の出方次第で、来年以降に使用禁止の方向に動いていく可能性があります。

埼玉県、神戸市は、TikTok公式アカウントを利用停止に。

日本の地方自治体では、TikTokを規制する方向に動いています。

実際には埼玉県、神戸市では利用してきた、TikTokの公式アカウントを利用停止にすると発表しました。

埼玉県の大野元裕知事は、TikTok(ティックトック)」の県公式アカウントを利用停止にしたことを明らかにした。中国への情報流出の懸念などが議論されており、「(情報流出の)懸念が払拭(ふっしょく)できず利用を控えた。国の出方や国際社会の成り行きを見守りたい」としている。

引用:埼玉県もTikTok利用停止 知事「情報流出に懸念」

複数の地方自治体が、TikTokのアカウントを作っていたというのは驚きましたが、TikTokには重大な懸念が見受けられるという流れは、日本でも加速する雰囲気です。

そして、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」では、TikTokなどの中国製アプリ、ソフトウェアに利用制限を設ける政策を提出するとのことです。

引用:TikTok、日本でも利用制限か 自民党が規制提言へ

なぜ?TikTokが禁止の方向に動いているのか?

そもそも、TikTokが禁止になるという話題は、アメリカのトランプ政権の公式発表により、大きく広がりました。

上記に書きましたが、トランプ政権は大統領権限により、使用禁止の方針を公式に発表をしています。

トランプ氏は7月31日、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営するティックトックについて、8月1日にも大統領権限を行使して米国事業を禁止する方針を表明していた。

引用元:トランプ氏、9月15日までのTikTok米事業売却合意を要求

TikTokを使うのは危険だから?禁止の理由について。

トランプ政権がなぜ、これほどまでに圧力をTikTokに掛けるのか?そして、禁止の方向に進める理由は、個人情報の漏洩を懸念しているためです。

米国でのTikTok登録者数は1億人以上とされ、TikTokのアプリを介し、個人情報が漏洩する可能性があるとトランプ政権は判断しています。

また、国家としての機密情報を保護するためにも、中国製のTikTokは廃するべきと考えを表明しているようです。

TikTokの個人情報の取り扱いを巡って安全保障上の懸念が高まっている。中国の法律が企業に対し「中国共産党による情報活動への支援・協力」を求めていることを問題視しているという。

引用元:米ポンペオ国務長官、TikTokなど中国製アプリの禁止を検討─

トランプ政権がTikTokの禁止を推し進める背景には、個人情報の漏洩もそうですが、加熱する米中摩擦によるものが大きいと思われます。

TikTokの規制を強化しているのは、米国だけではない。

TikTokの禁止、規制を強化しているのは米国だけではありません。インド、香港、オーストラリアもTikTokの禁止、規制強化を推し進めています。

インド、香港、オーストラリアは最近、中国との摩擦があり、緊張関係が続いている国々です。

中国では、先行してアメリカのTwitter、Google、facebookを禁止している。

一方的に米国や関係諸国がTikTokに圧力を掛けている雰囲気ですが、中国もTwitter、Google、facebook、You Tubeなどのサービスの利用を禁止しています。

なぜ、これらの全世界で利用されるサービスを禁止しているのかというと、これら多くの企業はアメリカの企業で、反中国的な要素を含むからです。

米国の大手企業がTikTokを買収しない限り、米国では使用停止にする方向。

現状、トランプ政権はTikTokの禁止を打ち出していますが、米国の大手企業がTikTokを買収する条件で使用を許可する方向に動いています。

しかし、買収の期限を9月15日までとしており、それまでに買収が完了しなければ、TikTokの使用を禁止すると発表しています。

まとめ。TikTokが日本で使えなくなる?禁止になる理由について。

TikTokが日本で使えなくなる?禁止になる可能性の理由を下記にまとめます。

  • TikTokは中国に本社を置く、バイトダンスが開発したアプリ。
  • トランプ政権がTikTok利用により、個人情報の漏洩を懸念して禁止の方向。
  • 日本も同じく個人情報の漏洩を懸念する動き。地方自治体のアカウントを削除。
  • 自民党の「ルール形成戦略議員連盟」により、TikTokの利用制限が提言される。
  • TikTok禁止で影響を受けるのは、動画投稿を利用していた方々。
  • TikTokの代わりになる、集客サービスができれば、さほど影響はない。

TikTokが使えなくなっても、普通の人には殆ど影響は見られないはずです。

TikTokを集客サービスとして利用していた、動画投稿者も一時的に影響を受けるだけかと思われます。

おそらく、TikTokに代わるサービスはすぐに出回ると思われますし、TikTokには広告収入などの仕組みはないので、困る人はそれほどいないと予想されます。

むしろ、TikTokの広告が迷惑、気になって仕方がなかった。という人には嬉しい出来事かもしれません。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス!
タイトルとURLをコピーしました