芦澤竜誠が嫌いになれない理由について。実はいい人?性格は良いのかも?

スポンサーリンク

芦沢竜誠

芦澤竜誠は記者会見でK-1 を非難をするとか、他の団体で今後は使ってくれない可能性もあるのに、それを簡単にやっちゃうバカ野郎だと思います

K-1ジム総本部チームペガサス所属の芦澤竜誠選手。格闘技が好きな方で彼を知らない方はいないのではないでしょうか?

今回はその色々と話題を提供してくれる芦澤竜誠選手について書こうと思います。結論として、彼は一言で表すと『バカ野郎』という印象を持っています。

抜刀斎氏にネタを提供し続ける、芦澤竜誠選手。

芦沢竜誠 抜刀斎

芦澤竜誠選手を『バカ野郎』と切って捨てましたが、それは悪い意味ではありません。このバカ野郎という意味は生き方が下手、もしくは世間に合わせることができない純粋な人という意味で使っています。

正直、試合前の会見などを見ていると『よく喋るなこのナマズ…』と思う方は多いでしょう。

頑張ってイキっているけど、試合になるとからっきし弱いし、アウトローアピールがキツめだけど、実は学生時代は普通の高校生。

話題にはなるけど、結局、アンチだけ増やしてファンは殆どおらず、抜刀斎氏にネタをひたすら提供するスタイルで実力はないけど、見ていると面白いから好き。

【K-1を噛み砕くナマズ・芦澤竜誠】応援PV

というのが世間の反応だと思います。ただ、彼の言動のおかげでK-1への注目度は上がっていますし、AmemaTVの格闘代理戦争への注目が集まっているのも芦沢竜誠選手の貢献がかなり大きいと思います。

K-1屈指の実力者は武尊選手なのですが、彼の実力よりも、試合外でのパフォーマンスが目立つ芦沢竜誠、皇治選手の注目度で現在のK-1は持っているところはあるのかと見受けられます。

リアル・アウトロー朝倉未来選手にも睨まれて…

格闘技関係者は彼の言動にはかなり注目しているらしく、現在、RISINで大活躍中のリアル・アウトロー朝倉未来選手にも因縁をつけられてしまう始末。

ナマズ君、俺とやったら死ぬと思うよ

芦澤竜誠選手は、朝倉未来選手の恫喝を受けて相当に焦ったらしく、騒動の火消しに躍起になっている様子がTwitterで見受けられました。

ただ、格闘技関係者が大いに注目したこの一件は、朝倉未来選手の方から芦澤竜誠選手に連絡をし、あっけなく騒動が収束。

朝倉未来選手はファンから、話題のナマズ君について質問をされて、因縁をつける形にはなったが別に揉めるつもりはなく、お互いに格闘技を盛り上げようということで決着したとのこと。

…芦澤竜誠選手は正直、朝倉未来選手の因縁に対してスルーしておけばよかったのに、いちいち反応をするからアンチの方をより加速させる結果になってしまいました。

芦澤竜誠選手を『バカ野郎』と思うのはこういうところなんですよね…

芦澤竜誠と皇治の違いについて。

自身を追い込む煽りパフォーマンスで対戦を盛り上げ芦澤竜誠、皇治選手なんですが、彼らは似たようなスタイルですが、ちょっと違うところがあります。

芦澤竜誠、皇治選手も『K1を盛り上げたい!』という一心でアンチが増えようが構わず、自分を捨てて、追い込みをかけるようなパフォーマンスを披露しています。

最初は小憎らしく見ていても、結局、試合を通じて彼らの言動を見ていると、実はいい人で、小憎らしく対戦相手を罵るスタイルはパフォーマンスなんだな…というのが分かってくると思います。

皇治選手はとても格闘技に対してストイックで本来は、寡黙な人なんじゃないかという雰囲気すら感じます。

芦澤竜誠選手もイキっていますが、格闘代理戦争ではチームの選手に対する指導方法、接し方を見ている限り、仲間思いで世話好きな一面を覗かせています。

指導方法も武尊、木村フィリップミノル、皇治選手の中では、最も的確で分かりやすいコーチングをしているように見受けられました。

小憎らしいパフォーマンスはK1を盛り上げる為。自分を捨ててキャラ作りに徹底している。というところは二人の共通点だと思っていましたが…

刺青に対するスタンス、ファイトマネー、罰金などの問題でK-1との確執が…

芦澤竜誠選手は背中に入れ墨を入れています。しかし、試合のときはK1の規定により、日本人選手に対しては刺青は禁止されているので、隠して対戦をしています。

この件に関して、芦澤竜誠選手はK1プロデューサーの中村氏に、自身の刺青に対する暑苦しい考えをぶつけています。

【刺青ナマズ・芦澤竜誠】イレズミについてK-1中村プロデューサーと激論を交わす

…いやいやいや。刺青の件が気に入らなければ、K-1に出場しなければいいでしょ…。K-1と契約しているのであれば、K-1に意向に従えばいいということ。

と。動画をご覧になられた方は思うのでは?ただ、その後の展開で色々とわかることがありました。

最近、格闘代理戦争での皇治、武尊選手との流血に発展する乱闘、瑠久、堀井翼選手との記者会見での乱闘などを受けてK-1側は場外での発言、乱闘、SNSでの暴言が見受けられた場合、罰金などを設けると発言しました。

関連記事: 会見での乱闘や暴言に罰金や出場停止のペナルティ「K-1」が発表

確かに瑠久、堀井翼選手の記者会見は見るに堪えないものがあり、プロの格闘家というよりも、半グレのチンピラ同士の喧嘩を見てるような見苦しいものがありました。

【6.21 K-1 KRUSH】堀井翼ガチ切れ乱闘勃発で会場騒然!今夜の試合は流血必至!? 6/21(金)よる6時~アベマTVで完全生中継!

K-1を盛り上げたいという強い気持ちがあるのだと思いますが、もう少し、やり方というものを考えてもいいのでは?と思った次第です。

記者会見での暴言を禁じられ、芦澤竜誠選手はK-1に対しての不満が爆発したようです。

クソみたいなファイトマネーしか貰えないのに、暴言を吐いたら罰金とかやってられないっしょ!

色々と理不尽と感じることもあるんでしょうけど、ひたすらブレないでキャラ作りをK-1で通し続けることに対して、やってられないと感じたんでしょうね。

対戦相手を挑発し続け、下品なパフォーマンスや不甲斐ない対戦成績を重ねても、根底にはK-1の利益を考えての行動。

しかし『K-1が自分に対して正当な評価を下していないということを理解すれば、反旗を翻す!

起用してくれた団体に対して公の場で非難をするとか、他の団体で今後、使ってくれない可能性もあるのに、それを簡単にやっちゃう『バカ野郎…』それが皇治選手との違いかもしれません。

世間知らずで、純粋なナマズくん…でも、悪いヤツじゃない。

芦澤竜誠選手に言いたいのは、Twitterに鍵かけちゃダメですよ…。アンチも大切なお客様。そのスタンスでK-1、もしくは格闘技界は盛り上げていくべきなんじゃないんですけね。

ちょっと、抜刀斎氏やアンチに揶揄されてくらいで、鍵付きアカウントにしてしまうのはプロの選手ではないですね。意外にナイーブな一面があるのかもしれません。

インスタグラムで聞くに堪えない歌を披露したり、アンチの方々と稚拙な問答を繰り返す姿などは正直、見たくはありません。

ただ、彼は純粋で世間知らずなのか、どうにも自分の気持ちを抑えることができないみたいです。

格闘技といえども、大人の仕事ですから納得できないことも飲み込まなければならない場合もあるでしょう。しかし、芦澤竜誠は納得できないことには、目を背けることはできない性根なんでしょうね。

一言、大人になれ。と言いたいところですが、わたしはそういう子供くささを残した芦澤竜誠が嫌いにはなれません。

社会的にはあまり成功しそうなタイプだとは思えないんですが、意外に情が厚く、人を裏切らないタイプだとも思います。

6月30日、大岩龍也選手との対戦後は勝敗関係なしに、K-1最後のリングになるかも。と芦澤竜誠選手は言っています。

【6.30 K-1 WGPは皇治争奪戦!】芦澤竜誠・大岩龍矢が皇治を”奪い愛”!「もうK-1は最後」と”卒業”ともいえる発言の真意とは…!? 6/30(日)ごご3時~アベマTVで完全生中継!

…K-1追放されたら、RISENに行くのかな?でも、わたしは芦沢竜誠が嫌いになれないので応援していきたいです。

嫌いな芸能人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました