森保監督は何故、久保建英を親善試合でスタメンで使わないのか?やっぱり無能?

スポンサーリンク

久保建英

日本代表の森保監督は久保建英を何故、親善試合でベンチ外にしたのでしょうか?(エルサルバドル戦はベンチ入り)

2019年にブラジルで開催されるコパ・アメリカですが、日本代表は6月18日の午前8時にチリ代表と対戦をします。その前の親善試合としてトリニダード・トバゴ、エルサルバドルと対戦します。

日本サッカーの今後を担う選手として期待されている久保建英選手が、今回、初めてA代表に選出されました。コパ・アメリカでの活躍が楽しみですが、その前に親善試合で初出場を飾ると誰しも考えたことでしょう。

しかし、日本代表の森保監督は親善試合の初戦、トリニダード・トバゴ線では久保建英をレギュラーから外すだけでなく、ベンチ外という選考をしました。

怪我でもしたのかと思った方も多いと思います。ですが、彼をベンチ外にさせた理由は、外部からのプレッシャーから守りたいということです。

18歳という年齢なので、A代表のプレッシャーに晒されるのは、まだ荷が重いと森保監督は判断した為でしょう。ですが、この森保監督の決断には到底、納得がいくものではありません。

コパ・アメリカにぶっつけ本番で久保建英を起用する気か?

今回、招集されたサッカー日本代表のメンバーを見る限り、正直、コパ・アメリカで素晴らしい成績を残すのは難しいと思います。

海外で活躍する主力選手は呼べず、アマチュアである大学生を招集するくらいですから、日本代表のコパ・アメリカに意気込みは低いと言わざるを得ません。

Jリーグもシーズン中ですので、クラブが選手を出したがらないという事情も分かります。ですので、選考に関しては仕方がないのでしょう。

このメンバーでコパ・アメリカに望むのであれば、久保建英をスタメンで起用する可能性が非常に高くなります。

ですので、プレッシャーがどうとか言わないで、早めに久保建英を日本代表の試合に出場させて馴染ませるべきではないでしょうか?

このままでは、いきなりぶっつけ本番で久保建英をコパ・アメリカに出場させることになりかねません。その方が、久保建英にはよりプレッシャーを掛けると思うのですが…

森保監督は久保建英を甘く見ているのでは?

おそらく、森保監督は久保建英を大事に試合で起用していきたいし、東京オリンピックも見据えて育成をしていきたいのだと考えを持っているのでしょう。

ただ、18歳という年齢だからという理由で、森保監督は久保建英を甘くみているのではないでしょうか?

久保建英は幼少の頃にバルセロナの下部組織に入団をし、スペイン語を不自由なく扱えるまでになり、サッカー選手として同世代の選手よりも様々な経験を積んでいるでしょう。

また、インタビューを聞く限り、かなり成熟をした青年だと思います。

A代表に選ばれながらもベンチ外という扱いに関して、試合に出たいのはサッカー選手なら誰でも思うこと。ただ、それをアピールするのは、このインタビューでの場ではなく「練習の場」でしかない。

だから、A代表の場で懸命に練習を通してアピールしたいと語っていました。周囲の配慮をしながら言葉を選び、なおかつ自分の気持を明確に示せるコメントができる。

久保建英は18歳といえども、立派なプロサッカー選手だと思います。プロ選手ならばプレッシャーに晒されるのは当然のこと。

それを「彼はまだ若いから、周囲のプレッシャーから守ってあげたい」とか森保監督はちょっと久保建英を甘くみているのではないでしょうか?

森保監督が想像している18歳のサッカー選手と、久保建英というサッカー選手にギャップがあるのではないか?と思っています。

久保建英

 

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました