NGT48と契約打ち切り!花角英世新潟知事、保留から一転、打ち切りを決断!

スポンサーリンク

NGT48契約打ち切り

NGT48との広告契約打ち切りを新潟知事の花角英世氏は発表しました。

山口真帆への暴行事件が収束せず、イメージが一向に回復していないNGT48。広告スポンサーが次々に撤退する中で、契約更新を保留としてきた新潟県もとうとう打ち切りを決断しました。

スペシャルサポーターとして新潟県のイベントに参加してきたNGT48ですが、今後は広告契約撤退に伴い参加させないということ。

NGT48について、花角知事は「新潟の魅力だと思っているが、運営の課題がある」と指摘。その上で「それを克服して、以前のように活躍していただく時期がくることを期待している」とコメントしています。

NGT48の新潟県との契約打ち切り。世間の反応は?

「時間はかかったが、当然の判断だ。この事件はまだ解決すらしていない。NGT48はイメージが非常に悪すぎる。先日のNHK新潟の番組でも新潟の県と市町村合わせて1億円以上の支援があり、それでも一気に灰にせざるを得ないようなことがあったのだからこれは仕方ない」

「国民文化祭と全国障害者芸術にいじめが横行するグループを使うなんてありえない話。しかもブラック企業が関わるなんてあっては鬼畜の所業。自治体は多額の資金を投入していたんだから、状況の改善をする気のない企業を使わないのは誰が見ても正解」

NGT48暴行事件「イメージダウン」「関係切って」新潟県や市に意見や苦情約2000件

「山口さんをいじめて追い出した人達。(被害者への気遣いや扱いがあまりにも酷すぎ。被害者に謝罪をさせたしね。)人をいじめてもアイドルで活躍できるんだと子供達に誤解を与えてはいけない。契約しないのは 良い判断だと思う」

「当たり前の判断だと思う。全てをかばう必要もない。運営がダメだときっぱり言った。素晴らしい判断」

「知事として当然の判断だと思います。またはっきりと運営の問題と発言した事は評価に値する発言だと思います。本来ならNGTも事件の被害者なのに、最低の対応をした事で加害者以上の批判を受ける事となりました 。

遅きに失した感はあるが、AKSは知事の発言を謙虚に受け止め、記者会見を含め誠実な対応をしてもらいたい」

「新潟県という後ろ楯がなくなったNGT48はまさに土俵際だ。もうその存在の意義さえも見出だせない。AKSのやることはまだある。

1.メンバーと研究生の移籍。AKS所属の者で今回貰い事故のような人たちがいる。そこは責任を持って次を斡旋するべき。
2.暴行事件の顛末をできるだけ明らかにするべく記者会見を開くべき。せめて3月の会見以降の動きについて説明がほしい。
3.AKS自体の解体。

気になるのは先日の早川支配人のツイッターを個人の暴走でAKSの総意ではないとする記事が出ていることだ。ではここの総意とはどこからなのだろう。意思決定が遅いのは、第三者委員会が指摘している通り組織と各役職が未だ曖昧なせいなのではないか。可哀想なのは、宙ぶらりんのメンバーたちだ。AKSは最後まで犠牲者を出し続けるのか」

「加藤美南の騒動が今回の判断の致命的だった、と私は思います。AKSはこれらの事態を山口真帆のせいにしたいと思っているのかもしれないが、何一つ中途半端な釈明しなしないAKS身が巻いた種、自業自得だと思う。復活のためには、疑惑をひとつひとつ、フアンが納得する形で釈明しないとね。ただSNSだけでの一方的な釈明はダメで、社長自ら釈明会見開くとかでないとダメだと思う」

NGT48解散のカウントダウン開始?加藤美南のインスタ不適切投稿が引き金か?

NGT48のイメージを回復させるには?山口真帆の暴行事件問題をどう収束させるのか?

「妥当な判断です。NGT48は処分を早急にし運営を完全に解体してからAKSとは別の会社でやり直し、さらに問題ある人間全体に民事訴訟をするべきです」

「AKSは「信頼回復に努める。再出発をする」とは口ではいっているものの信頼回復に繋がるような行動を何ひとつしていない、そして、再出発も「目をつむってはいけない問題に目をつむったまま」での再出発。

ようは、言葉だけは再出発だけど、ハッキリ言って現状維持。これでは新潟県やスポンサーが仮にどれだけ契約を熱望していたとしても、出来るはずがないよ」

運営に課題ありと明確に意見を出した新潟県。崖っぷちのNGT48!

契約保留から一転、広告打ち切りと通告されたNGT48。しかも、打ち切りの理由として運営に課題ありとメディアで発表されてしまったのは、AKS、及びNGT運営側にとっては痛すぎる話でしょう。

早川支配人が問題を収束させる為にTwitter を始めましたが、まるでその姿勢が理解してもらえなかったという話です。

山口真帆の事件は運営に問題ありと地方の知事に発言されてしまったということは、民間のスポンサーは今後、参加を名乗り出るところは皆無に近いでしょうね。

この件でNGT48は崖っぷちに追い込まれた形になりました。世間の風評を地方知事が認めたということで、NGT48は現状維持ではなく、厳しい改革をしていかなければ活動は危うくなるでしょう。

時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました