ポグバのプレースタイルの特徴について!偉大なる気分屋の経歴なども簡単に紹介をします!

フランス代表であり、マンチェスターユナイテッドに所属するポール・ポグバのプレースタイルを紹介します!

数年前まではジダンの後継者、そしてバロンドールを獲得する選手として大いに期待されていましたが、正直、伸び悩んでいます。

ポグバのプレースタイル、そして経歴なども紹介をしていきます!

ポグバのプレースタイル、プロフィール!

ポグバ プレースタイル
本名:ポール・ポグバ
年齢:1993年3月15日(28歳)
身長:191cm
体重:84kg
利き足:右足
国籍:フランス、ギニア
所属:マンチェスターユナイテッド
ポジション:MF

身長191㎝に見合わないスピード、フィジカルの強さを全面に押し出した圧倒的なボールコントロール。

サッカー選手としてのフィジカルは申し分はない上に、並外れたテクニックを兼ね備えているのがポグバの特徴。

主戦場の中盤では、狭い局面でもしっかりとボールを抑え、フィジカルとテクニックで攻守に渡り支配力を発揮するのがポグバのプレースタイルです。

下記にもう少し詳しく、ポグバのプレースタイルを紹介致します。

ジダンを彷彿させるボールコントロールとキープ力!

ポグバ 上手い

ポグバの凄さは、並外れたボールコントロールとキープ力を持っていることです。

身長が191㎝もあり、過去に比較される選手はパトリック・ビエラでしたが、プレースタイル的にはジネディーヌ・ジダンの方がより近いタイプです。

長い手足と強靭な体幹でしっかりとバランスを取り、相手ディフェンダーをボールに寄せ付けず、しっかりとキープをすることができます。

また、トラップも上手く、処理の難しい浮き玉などもしっかりと抑えてボールをキープすることも可能。

推進力もあり、中盤の深い位置から前線まで一気にドリブルで持ち上がるスキルも持ち合わせています。

とりあえず、ビルドアップの局面でポグバにボールを預ければ、きちんと前線まで運んでくれる優秀な中盤の選手です。

ボールを奪われそうになっても、力技で無理やりキープしてしまうところも魅力です。

強くて正確なロングフィード!

強くて正確なロングフィードを蹴れるのもポグバの特徴です。

カウンターの場面では、空いたスペースに一気に強くて早いフィードを送ることもできますし、逆サイドにノーバウンドで強いフィードを蹴り込むことも可能です。

最近は自陣の深い位置から積極的にプレスを掛けてくるチームが増えてきていますが、その分、最終ライン、逆サイドにスペースが多く生まれています。

ポグバはプレスを掛けられてチームが苦しい場面でも、正確なロングフィードでスペースにボールを送る技術に長けている特徴を持っています。

フィジカルの強さを全面に押し出した強烈なディフェンス!

ポグバ 強い

攻撃の場面ばかりがポグバの特徴として目立ちますが、守備の場面でもポグバは中盤の選手として非常に優秀です。

体格を活かした激しいボールコンタクトで競り合いで負けることは、まずありません。

ボランチ、センターハーフ、インサイドハーフとしての強度は十分にあり、フィジカルで押し切られることはまずないでしょう。

ポグバがチームにいることで、チームとしての中盤の強度は格段にアップすることは間違いないです。

【何でもできる】 ポール・ポグバの異次元テクニック30連発!!
【何でもできる】 ポール・ポグバの異次元テクニック30連発!!#ポグバVideo made by FM24/7Subscribe to update my new videos!

周囲の合わせるのが苦手?制約が多いと力を発揮できないポグバ!

ポグバの長所でもあり短所でもあるのは、プレーの出来がモチベーションに左右されやすいところ。

プレーの並が激しい選手でもあり、調子が悪いときは存在感を無くなります。

また、チームプレーの約束事などを多く要求してしまうと、実力を十分に発揮できなくなるのがポグバの短所です。

ジョゼ・モウリーニョがマンチェスターユナイテッドの監督だったとき、厳しい要求とチームプレーをポグバに課していました。

その結果、モウリーニョと意見が衝突して確執が生まれ、窮屈そうにプレーするポグバの様子が見受けられたときも。

モウリーニョが解任され、スールシャールが監督に就いてからは、水を得た魚のようにポグバーは好パフォーマンスを披露します。

明らかにパフォーマンスが向上したことから、ポグバにはある程度の自由を与えた方がチームにもポグバにも好影響を与えることは判明した次第です。

ポグバの経歴なども簡単に紹介。

ポグバ 家族

ポグバのご両親はギニア人でポグバが生まれる前にフランスへ移民してきました。ポグバはフランス代表ですが、ギニアにも国籍があります。

双子の兄であるマティアス・ポグバ、フロランタン・ポグバと共に3兄弟でプロサッカー選手という珍しいご家庭です。

母子家庭であまり裕福とは言えない家で育ち、マンチェスターユナイテッドの下部組織にポグバは入団をします。

その後、トップチームに昇格をしてプロデビューを飾りますが、出場機会に恵まれず、フリートランスファーでユベントスに移籍。(移籍金0円)

ユベントスに移籍してからは、不動のスタメンとして活躍。

そして、マンチェスターユナイテッドが移籍金0円で出ていったポグバを119億円という巨額で再び買い戻します。

この巨額な移籍金はサッカー史上最高の金額となり、裏では悪名高い代理人と呼ばれるミノ・ライオラが暗躍した結果?とも言われ、大いに話題に。

ユベントスでの活躍からポグバは将来、バロンドール候補の大本命であり、ジネディーヌ・ジダンの後継者とも呼ばれ、満を持してマンチャスターユナイテッドに戻りました。

ただ、マンチェスターユナイテッドに移籍してからのポグバはキャリアの下降線を辿り、そのまま選手としてはベテランの域に入りつつあります。

しかし、マンチェスターユナイテッドのキャリアが終わりかけている現在、新たにPSG(パリ・サンジェルマン)からのオファーが来ているとの噂もあります。

いまいちマンチェスターユナイテッドでは輝けなかったポグバですが、PSGでユベントス時代のような活躍を成し遂げることができるか?期待が高まります。

関連記事:ウスマン・デンベレのプレースタイルについて!特徴や短所なども詳しく紹介をします!

関連記事:グリーズマンのプレースタイルを詳しく紹介!何が凄いのか解説を致します!

タイトルとURLをコピーしました