吉本社長の岡本昭彦が行った記者会見に非難の嵐!質疑応答が意味不明との声!

スポンサーリンク

岡本昭彦

22日の14時から吉本興業社長、岡本昭彦による闇営業問題に関する記者会見が開かれました。

前日の宮迫博之、田村亮の記者会見を受け、ダウンタウンの松本人志による要請により、ようやく重い腰を上げ吉本興業は社長、岡本昭彦は記者会見を開きました。

当日の朝、極楽とんぼの加藤浩次がスッキリ!で吉本興業に対する非難をぶつけた中でこの記者会見は世間の注目が集まっていました。

ところが蓋を空けて見れば、正直、酷い記者会見だったという声が続出しています。特に吉本興業の社長、岡本昭彦の質疑応答が曖昧で、内容を理解するのが大変だったとのことです。

言い訳が見苦しい吉本興業社長、岡本昭彦!

吉本興業の岡本昭彦は宮迫博之・田村亮に対して「恫喝」したという事実を「否定」しました。

「テープ回ってないんやろな?」⇒「これは冗談で場を和ませようと」

「おまえら全員クビ!連帯責任!」    ⇒「ええかげんにせえよ!」

「金銭授受の件を静観』    ⇒「金銭授受の事実確認が済むまで公開できない」

宮迫博之、田村亮の記者会見で恫喝とも取れる発言をしたとして、吉本興業は時代に逆行するブラック企業!中身は漆黒!

というイメージを世間に植え付けました。東野幸治も「いつの間にこんなに偉そうな態度を取るようになったのか…」と唖然な態度を見せていたのが印象的でした。

しかし…岡本昭彦社長の言い訳は見苦しいですね。宮迫博之、田村亮は芸人人生を掛けて話し合いに望んでいるのに、彼らを精神的に追い詰めるパワハラ発言はあり得ないと思います。

正直、冗談が言える雰囲気ではないでしょう。

「冗談で和ませよう」とか社長の立場の上からシビアな状況で「クビ」とか言う時点で、それが本心でなくとも十分に宮迫博之、田村亮を追い詰めたと思いました。

株主だから大丈夫発言の回答は?

すぐにでも記者会見を開きたい!という田村亮の要望を吉本興業側が取り下げ、後日、改めて記者会見の場を設けるからしばらくは静観するようにと指示をした件。

「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」と田村亮は言われてそうです。

「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、(中略)もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」と話した。

会見では、宮迫と田村の2人が、会見を開きたいと再三にわたって吉本側に依頼をしていたことが明らかになった。ところが、吉本は「静観する」「時期はこちらで決める」などと答え、誠実な対応をしなかったという。

この「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」というのは、どういう真意があって発言をしたのか岡本昭彦社長に質問が飛びました。

「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」⇒「公平を期して時間帯に配慮」の意味だったと説明しました。

…んんん?あんまり意味がわからなかったです。

宮迫博之・田村亮の処分を撤回!

また、吉本興業社長、岡本昭彦は宮迫博之、田村亮の処分を撤回すると発言しました。そして、一度処分した宮迫博之、田村亮の処分を撤回するとしたのは何故?と質問が飛ぶと。

宮迫博之、田村亮の記者会見を見て、自分たちが情けなく思ったから」という回答。

えっ?そんなに簡単に下した処分を撤回したら、今までの騒ぎや宮迫博之、田村亮は何のために会見を開いての?

他に処分を下されたレイザーラモンHG、スリムクラブはどうなっちゃうの?と思いました。

大崎洋会長、岡本昭彦社長の辞任は無し!1年間、50%減俸のみ!

これだけ世間を騒がせた責任を取り、大崎洋会長、岡本昭彦社長は辞任するのでは?と思っていたのですが、彼らが自らに課した処分は、1年間の減俸処分のみでした。

えっ?辞任しないの?スッキリ!で狂犬、加藤浩次が騒いでたのにどうするの?と思ってしまいました。

入江慎也が仲介したよしもと主催のイベントは、反社会的勢力がスポンサーだった件は?

クビになった入江慎也が仲介した、よしもと主催のイベントは反社会的勢力がスポンサーだってという件について質問がでました。

これに関しては、そもそもよしもと主催ではなく、あるイベント会社主催だった。そして、主催のイベント会社から吉本興業に出演の依頼があったということ。

そして、イベントを主催した会社が反社会的勢力であるかどうかのチェックはしたが、複数のスポンサーに反社会的勢力がいたことまでは、チェックできなかったとのこと。

…まあ、これは真実は抜きにして論旨はわかります。

記者会見、質疑応答のまとめ。

・宮迫博之、田村亮への恫喝は否定。恫喝とは思っていない。

・静観の意味は、真実を調査するまで公表はしないという意味だった。

・株主だから大丈夫発言は深い意味はなく、株主に配慮した発言?

・大崎洋、岡本昭彦の辞任はなし。減俸処分のみ

・宮迫博之・田村亮の処分は撤回。

・反社会的勢力のスポンサーの件は否定。

…これだけの内容だったんですが、まあ、岡本昭彦の話が長くて、しかも聞き取りにくく、要領を得ないものですから視聴者からの非難が殺到したということです。

時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました