松本興業に宮迫博之、田村亮を入れてしまえという声が続出!松本人志提案の芸人ファーストを!

スポンサーリンク

松本興業

2019年7月21日に行われたワイドナショーにおいて、松本人志と東野幸治が宮迫博之、田村亮の記者会見を振り返り、自身の見解を述べました。

今の吉本興業は時代にあっていないんじゃないか?芸人ファーストでなければ吉本興業が壊れてしまう。

吉本興業の中にグレー芸人を引き取る、もしくは面倒を見るという形で『松本興行』という部署を作ってもいいのではないか?

責任は松本人志自身が取るという形で、今回の件で謹慎を受けた宮迫博之、田村亮などのメンバーの受け皿を作りたいと吉本興業の大崎洋会長、岡本昭彦社長に提案し理解を得たとのことです。

宮迫博之、田村亮ともに反社会的勢力が主催するパーティに出席し、金銭を受け取ったことを偽ったことは問題ですが、昨日の記者会見で彼らにも再起のチャンスを!

という声が出てきていますね。

松本人志の松本興業に対する世間の反応。

松本人志の怒りと吉本興業に対する愛情!

笑えなくなったら芸人はお終い。と北野武も言っていましたが、この言葉に対しては松本人志の同じスタンスを持っています。

親の葬式でも笑いを取る。お笑い芸人は人を笑わせてなんぼや。昔から松本人志は言い続けていました。感情を露わにすることがあっても全て笑いに変えていく。

という姿勢を見せていたんですが、今日の記者会見で初めて松本人志の『怒り』を感じた次第です。

闇営業の金銭授受に対して、吉本興業は「静観する」というスタンスを松本人志に伝えたという件を説明していたとき、そんなことをするなら吉本興業を抜けると見解を述べました。

そのときの松本人志の形相と口調に静かな怒りがこもっていた雰囲気を感じました。全てをお笑いにと考えている彼の純粋な怒りを垣間見た気がします。

ただ、お笑いをする道を作ってくれた吉本興業を感謝をしているし、このまま潰したくないという思いから『松本興業』を作りたい。

おそらく、松本人志が吉本興業を抜けると岡本昭彦社長に告げれば、一気に吉本興業は傾くはずです。

ですが、吉本興業を抜けるのではなく変えていきたい!という強い愛情を松本人志は持っているようで、特に会長の大崎洋には強い恩を感じているようです。

岡本と宮迫で乳首相撲で決着をつけたらええ」と今までのしがらみを捨ててお笑い芸人としてのけじめをつけたらどうか?みたいな提案もしていました。

宮迫博之は弁護士なんかつけて吉本興業と戦うよりも、松本人志という偉大な先輩にもっと頼っていたら、この問題はこんなに大きくはなっていなかったと思いました。

時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました