【ガッテン!】マグネシウムを効率よく摂取する方法!含まれる食品なども紹介!

スポンサーリンク

マグネシウム

2019年9月4日(水曜日)放送の『ガッテン!』は、現代人が不足しがちな栄養素である『マグネシウム』について紹介されました。

今回は、そのマグネシムの働き、効率よく摂取する方法、そしてマグネシウムを豊富に含む食品なども紹介していきたいと思います。

『ガッテン!』でマグネシウムについて解説したのは、国立循環器病研究センター病院にご勤務される、小久保喜弘医長です。

国立循環器病研究センター病院 予防検診部

マグネシウムを効率よく摂取する方法。

食品に含まれるマグネシウムを効率よく摂取するには、できるだけ素材のまま調理しないで食べるのが、最も効率よくマグネシウムを摂取できます。

マグネシウムは水に流れやすいので、料理中に成分が流れ出てしまうということもあります。

また、お米に含まれるマグネシウムは精米をすると約8割を失ってしまいますので、玄米で食べるのが効率よくマグネシウムを摂取する方法です。

マグネシウムが身体にもたらす働きについて。

マグネシウムが身体にもたらす働きとして、酵素を活発化させる働きがあります。

人間の身体にある細胞の中にある酵素があるのですが、この酵素は糖質や脂質を利用して人間が活動するエネルギーを作り出します。

マグネシウムにより酵素を活発化させると活動エネルギーを糖質、脂質から無駄なく利用することが可能となり元気いっぱいの状態になります。

そして、マグネシウムにより酵素が十分に働いていると心臓の働きもよくすると言われています。

また、マグネシウムは血流をよくする働きもあるようです。血流が良くなれば高血圧の予防や心疾患のリスクを軽減させることができるとも。

上述したようにマグネシウムを摂取することで酵素が糖質をよりよく利用できるので、糖尿病の予防にもなると言われています。

マグネシウムの摂取で心疾患、糖尿病の予防に。

国立循環器病研究センターのよると、15年間で8万5000人を対象にマグネシウムを多く摂取した方の心疾患発生率、糖尿病発生率を調査した結果が下記になります。

マグネシウムの摂取が多い人の心疾患発生率は3割減

九州大学で2000人を対象にした調査では、マグネシウムの摂取が多い人の糖尿病発症率は4割減。

という結果が出ました。

マグネシウムを常日頃から意識的に摂取をすると、糖尿病、心疾患の予防になるという結果です。

食品に含まれるマグネシウムとは。

人間の身体には、約60種類の金属成分が含まれています。その一つの成分が『マグネシウム』です。

よく言われる栄養成分のミネラルに分類されるものです。マグネシウムが人間の身体で作用する働きは、活動エネルギーを作り出すことです。

人間が活動するにあたって必要不可欠な成分がマグネシウムです。

マグネシウムを豊富に含む食品について。

マグネシウムを豊富に含む食品を下記に紹介致します。

生そば アーモンド 落花生 ココア 玄米 アボカド バナナ 豆腐 ほうれん草 かき のり

わかめ ひじき あさり。

日本人はマグネシウムの摂取が少ないようなので、以上の食品を食事で意識的に摂取することをおすすめです。

まとめ。

なんだか疲れやすい…寝ても元気が出てこない…という方はマグネシウムを意識的に摂取することを試されてみてはいかがでしょうか?

マグネシウムは人間の身体を元気にする働きがありますので、夏バテで悩んでいる方にもおすすめです。

また、常日頃からマグネシウムを意識的に摂取しておけば、糖尿病、心疾患などの生活習慣病予防にもなります。

ぜひ、お試しください。

 

 

暮らしと生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました