サッカー日本代表!乾貴士のプレースタイルについて!

スポンサーリンク

乾貴士

『日本代表が苦しい時に、展開を変えるプレースタイルを乾貴士は持っていると思います』

現在、アジア杯に向け準備を進めているサッカー日本代表。その監督であるアギーレが好むシステム4-3-3の左ウィングの人選が手間取っているようです。

候補に挙がっているのが、乾貴士、武藤嘉紀、清武弘嗣の3人です。わたしがこの3人の内、日本代表の左ウィングをのスタメンを誰に任せるかとしたら、今のところは乾貴士が適任と考えています。

武藤嘉紀、清武弘嗣も素晴らしい選手なのですが、アギーレ就任後の日本代表の試合を観てきたところ、この3人の中では乾貴士が頭一つ抜けていた印象を受けました。

今回は、ザッケローニ監督時代の日本代表では、あまり活躍を見せていない乾貴士のプレースタイルなどを公開してみたいと思います。

スポンサーリンク

アウトサイド、インステップを器用に使う乾貴士のドリブル!

乾貴士のプレースタイルを説明するには、彼のドリブルに注目しなければならないでしょう。

利き足の右足で、細かいタッチをアウトサイド、インステップで繰り返しながら、非常に小回りが利くドリブルを披露します。

スピードが抜群に速いという訳ではありませんが、とにかくドリブルが細かく方向転換するので、相対するディフェンダーは乾貴士のドリブルに裏を取られるパターンがよく見受けられます。

そのドリブルはバルセロナのリオネル・メッシに少し似ているところがあります。ただ、乾貴士はメッシ程、バイタルエリアで爆発的なスピードを出さない所が決定的な違いかもしれません。

メッシのドリブルが凄すぎる!その特徴と秘密!何故、止めることができないのか?
リオネル・メッシが行うドリブルの凄さ。そして特徴と秘密に迫りたいと思います。32歳となったリオネル・メッシ一向に衰える気配がありません。しかも、驚異のドリブルは未だに健在です。彼は何故、複数人に囲まれながらもボールを奪われずに、ドリブルがで

体格が良く、重心が高めの外国人は彼の変幻自在のドリブルには手を焼かされる様ですね。

乾貴士はブンデスリーグの過去所属したボーフムVfL、現在のアイントラハト・フランクフルトで、起用される左サイドから得意のドリブルを使い、何度もチームにチャンスとゴールをもたらしました。

ドリブルでチームに推進力を与え、攻めあぐねた状況でも打開できる、独特のプレースタイルを持つ選手が乾貴士です。

香川真司よりも評価を得られていないのは何故か?

乾貴士と香川真司は縁が深い選手です。年齢は1988年生まれの乾貴士が香川真司よりも1歳年上ですが、サッカー選手としての評価と実績は香川真司の方が圧倒的に上です。

元々、この2人はJリーグのセレッソ大阪で一緒にプレーをしていた経緯があります。

当時、香川真司と乾貴士は息の合ったコンビとして有名で、二人のプレーは他チームに脅威を与えていました。

その香川真司が一足先に、ブンデスリーグのボルシア・ドルトムントに移籍し、それを追う様な形で乾貴士もブンデスリーグ2部のボーフムVfLに1年遅れで移籍します。

ただ、乾貴士が2部のボーフムに移籍をする頃には、香川真司は1部のボルシア・ドルトムントで大活躍を披露し、その実績と評価を確固たるものにしていました。

正直、乾貴士と香川真司のサッカー選手としての実力は、そんなに違いはないと思います。

方やブンデスリーグ1部の優勝チームの主力、方や2部の昇格当落線上のチームの主力…。下される評価は相当に違ってくるでしょう。

香川真司はユルゲン・クロップという新進気鋭の監督が率いるドルトムントというチームに、育成枠という形でも加入出来た事は幸運でした。

ドルトムントは香川真司が加入する前までは中堅クラブでしたし、ユルゲン・クロップも就任して間もないという事情も乾貴士と香川真司の評価の開きを後押ししたのかな。とも思います。

乾貴士のプレースタイルにおける短所は?

攻撃面では自慢のドリブルでチームに推進力を持たせる乾貴士ですが、彼には決定的なプレースタイルにおける短所があります。

それは、シュートの決定力が著しく低い事です。これが、香川真司に在って、乾貴士には無い短所です。

香川真司のプレースタイルについて!安定した評価が受けられなかった理由とは?
『香川真司のプレースタイルの特長は、パスに対するファーストタッチがもの凄く上手いところです!』 香川真司がスペイン2部のレアル・サラゴサに移籍しました。香川真司も30歳になり、そろそろ選手としてのピークは過ぎた感はあります。 ...

たらればはよくないですが、もし、乾貴士に苦しい時に得点を決めきれる決定力があれば、彼のサッカー選手としての評価は180°変わっていたかもしれません。

それこそ、ブンデスリーグの中堅クラブであるフランクフルトではなく、もう少し上のクラブに移籍してもおかしくはない実力を乾貴士は持っています。

テクニック、パス、ドリブルは申し分なく、守備にも割合、献身的。そこにシュート力がもしあれば、本田圭佑、香川真司の域にも十分に到達できる選手だとわたしは思っています。

ブンデスリーグでも徐々に評価されつつある、乾貴士のプレースタイル!

今季、同じ日本人である長谷部誠がフランクフルトに加入しました。そして、乾貴士は長谷部誠と共に、フランクフルトで主力として活躍しています。

相変わらず、得点力は今一つですが、オフザボールの質、守備面での貢献は昨年よりも良くなっているとの評価が多いです。

まだ、若いので、このままフランクフルトで活躍を続ければ、もうワンステップ上のチームに移籍する可能性もまだあるのではないでしょうか?

今シーズンの乾貴士はかなり調子が良いです。その調子の良さはレギュラーでの出場は恵まれてはいませんが、日本代表の試合に出れば、殆どの試合で結果を出していますよね。

左サイドで、チームに推進力を持たせる事が出来る変幻自在のドリブルを持つ乾貴士は、そろそろ日本代表のレギュラーに据えられてもよいのではないでしょうか?

アジア杯では、自陣に引きこもる相手に攻めあぐねた時、乾貴士の力が必要な場面が来る様に思えてなりません。以上、乾貴士のプレースタイルについてです。

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました