運動後の疲れが取れないという40代の男性!素早く疲れを抜く方法を3つ紹介!

運動、筋トレ後の疲れが全然、取れない!

40代を過ぎた頃から激しい運動をしたあとの疲れが、翌日の仕事や家事に差し支えるくらいになっている…

運動をすると疲労感が残るから、ダイエット中でも運動をするのが嫌になってしまった。

分かります。わたしもサッカーをした後の疲れが凄くて、後からドッとくる感じがあります。

とにかく、運動をすると疲労感がハンパではないのでその後のデスクワークとかやる気が起きないし倦怠感が凄いものがあります。

20代のときはフットサルをした後に夜遅くまで飲んでも、次の日は普通に会社に行っても平気だったんですけどね。

今はそんなことしたら、会社に行けなくなりそうで怖くてできません。

40代の男性が激しい運動、筋トレなどをした後の疲れを素早く取る方法はないのか?

そういう悩みを持たれる方は多いと思います。

今回はわたしの経験上で、出来る限り疲れを素早く取る方法を紹介したいと思います。

筋肉の糖質が不足して、エネルギー源が枯渇しているのが疲労の原因。

運動後に疲労感を強く感じるのは、糖質が不足してエネルギーが枯渇しているからです。

40代にもなると、摂取した糖質、もしくは身体に貯蓄しておいた糖質を上手くエネルギーに変えることが10代〜20代の頃よりも衰えるそうです。

ですので、普段、炭水化物がたっぷりの白米、パン、麺類などを食べていても、それをエネルギーに変える働きが弱くなるので、運動後にはエネルギーが枯渇して疲れが取れないみたいですね。

有酸素運動でも無酸素運動でも、糖質は簡単にエネルギー源として利用できるので、積極的に使用されます。

ただ、すぐに身体のエネルギー変えることができるという事は、消費され枯渇するのも早いということになります。

40代になると疲労回復が遅くなるのは、糖質からエネルギーを作るのが簡単ではなくなっているからです。

運動後に糖質をたっぷりと摂取する。

運動後の疲れをを素早く取りたいのであれば、運動後、早いうちに糖質をたっぷりと摂取することがおすすめです。

えっ?糖質を摂取すると血糖値が上がり、中性脂肪に変えられるのでは?ダイエット中に何をいってるの?

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、運動後は糖質が不足している状態なので、摂取した糖質が中性脂肪に変えられることは、ほぼあり得ません。

摂取した糖質は最優先で肝臓や筋肉に補給され、エネルギー源を新たに作る準備を整えさせます。

ですので、運動後の疲労回復を素早くしたいのであれば、なるべく早く糖質をたっぷりと摂取しましょう。

糖質をしっかり摂り、筋肉のグリコーゲンを補給しましょう。

そうしないということは、筋肉の回復を限られたものにしてしまうということです。

事実、たった2時間糖質の摂取を遅らせるだけで、50%ものグリコーゲン補給率が下がるということがわかっています。

激しいトレーニング後すぐに(特に高GI値の)糖質を摂取することの他の利点としては、精神的な疲労も回復できることです。

引用元:筋トレ後の糖質摂取で得られる効果について

クエン酸を摂取する。

運動後に糖質を摂取することをおすすめしましたが、同時にクエン酸を摂取することをおすすめします。

クエン酸はレモン、グレープフルーツ、いちご、お酢など酸っぱい食べ物などに多く含まれています。

クエン酸は摂取した糖質を素早く筋肉に送り込む働きを手助けします。筋肉に素早く糖質が補給されれば、その分だけ疲れを取るのが早くなると言われています。

わたしの経験上、運動後にクエン酸が多く含まれたレモン系のスポーツドリンクを飲むと、疲れが素早く抜ける気がしました。

BCAAを摂取するのもおすすめです。

運動後にBCAAを摂取すると、疲れを素早く取ることができると言われています。

BCAAって何?簡単に説明しますとBCAAは分岐鎖アミノ酸と呼ばれるもので、人間の身体に必要なアミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことを指します。

バリン、ロイシン、イソロイシンは体内で作り出すことが出来ず、食べ物、飲料などから摂取しなければなりません。

人間の身体は運動を行うと体内にアンモニアが作り出されます。

このアンモニアは身体には有害であり、身体で新たなエネルギー源を作り出す妨げになります。

BCAAは発生したアンモニアを分解する働きがあり、新たにエネルギー源を生成する働きを促してくれます。

そのほかにも、運動で傷ついた筋肉を修復する働きもありますのでおすすめです。

まとめとして。

運動後に素早く疲労回復をさせる方法をまとめます。

  • 運動後にできるだけ早く、糖質をたっぷり摂取する。
  • クエン酸を糖質と一緒に摂取する。
  • BCAAも摂取して、新たなエネルギーの生成を促進させる。

糖質は飴やチョコレートなどで、早く摂取できますが、クエン酸とBCAAを同時に摂取する為には、どんな食品を選べばよいか?

迷うかもしれません。

おすすめは、クエン酸とBCAAを両方バランスよく含んでいる『お酢』です。

ただ、お酢は酸っぱくて苦手という方はサプリメントもあります。

必須アミノ酸が米酢の8倍以上!熟成黒酢にんにく!

運動後の疲れを素早く取ることが出来れば、ダイエットや趣味などで激しい運動をしても、翌日の仕事や家事に差し支えることがなくなります!

体脂肪を減らす
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました