林大地のプレースタイルについて!U-24日本代表でブレイクしたビーストの特徴を解説!

林大地のプレースタイル、プロフィール、ポジション。

林大地 プレースタイル
本名:林大地(はやし 大地)
生年月日:1997年5月23日 (年齢 24歳)
出身地:大阪府
身長:178cm
体重:74kg
利き足:右足
国籍:日本
所属:サガン鳥栖
ポジション:FW
参考:ゲキサカ

林大地選手は、攻守に渡りハードワークを厭わない運動量豊富なフォワードです。

前線の起点となるポストプレー、スペースを作りだす裏抜け、ファースディフェンダーとして献身的なプレスを行うプレースタイルが特徴です。

身長はそれほど高くないのですが、相手ディフェンダーとの競り合いを全く恐れず、空中戦も強いのも特徴。

林大地選手は将来、日本代表で活躍する『ポスト大迫勇也』として注目が集まっています。

下記にもう少し、詳しく林大地選手のプレースタイルを紹介していきます。

相手ディフェンスに物怖じしない、強烈なポストプレー!

林大地選手の最も優れた特徴は、厳しいプレスを掛けられても最前線でボールを収めることを可能とするポストプレーです。

マーカーの選手をガッチリと抑えて、ペナルティエリア中央付近でパスコースを作り出し、付近の選手が前を向いた状態でボールを受けられるようにパスを送り返します。

林大地選手はそれほど体格に恵まれた選手ではないんですが、自分よりも身長も体重も上の相手センターバックとの競り合いにも負けません。

また、ポジショニングが良く、味方選手のスペースを作るための動き出しも上手いです。

U-24日本代表では、堂安律選手、久保建英選手などの2列目の選手を自由にプレーさせるために、自分を囮にしてスペースを作る動き出しも絶妙。

林大地選手が最前線にいることで、U−24日本代表の攻撃のリズムと連携がより高くなります。

まさにビースト!闘志あふれるプレーで味方を牽引!

林大地選手のもう一つの特徴としては、闘志溢れる気迫の込もったプレースタイルです。

どんなに劣勢でも諦めることなく、貪欲にゴールを狙い続け、最後まで諦めずにボールを追い続ける姿勢に頭が下がるという人も多いとのこと。

また、体格で劣っていても物怖じせずに競り合いに挑む姿に、ファンの方は林大地選手に敬意を込めて『ビースト』という渾名を付けています。

緊迫した試合展開でも決して気持ちの勝負では負けることなく、味方選手の士気を高める頼もしい選手が林大地選手です。

タイトルとURLをコピーしました