アーリング・ハーランドのプレースタイルの特徴!何が凄いのか詳しく紹介をします!

ビッグクラブがこぞって注目するアーリング・ハーランドのプレースタイルを紹介します!

将来のバロンドールとも期待され、レアル・マドリード、ユベントス、マンチェスターシティ、マンチェスターユナイテッドなど錚々たるクラブが獲得を狙っています。

そんなハーランドの何が凄いのか? プレースタイルなども含めて詳しく紹介を致します。

ハーランドのプロフィールとプレースタイルの特徴!

ハーランド プレースタイル
本名:アーリング・ブラウト・ハートランド(アーリング・ホーランド)
年齢:2000年7月21日(20歳)
身長:194cm
体重:88kg
国籍:ノルウェー
ポジション:CF

身長194cm 体重88kkgというサッカー選手としては規格外の体格。そして、時速36kmでピッチを駆け抜ける体格に見合わない圧倒的なスピード。

フィジカルの優位性を存分に活かし、的確に得点を量産するのがハーランドのプレースタイルです。

以下では、もうすこしハーランドのプレースタイルの特徴などを紹介していきます。

時速36kmの圧倒的なスピード!重戦車のような規格外なパワー!

ハーランドのプレースタイルの特徴として、時速36kmという圧倒的なスピードで相手ディフェンダーの背後を狙い、決定機を作れるというものがあります。

また、スピードだけではなくボックス(ペナルティエリア)内で、194cm88kgという規格外の体格を活かした重戦車のようなパワープレイもできるというのも特徴です。

圧倒的な俊敏性、194cm88kgの体格から繰り出される重戦車のようなパワー。

異次元のフィジカルを武器に得点を量産するのが、ハーランドのプレースタイルです。

ボールロストが非常に少なく、前線で起点を作れる選手!

ハーランドのプレースタイルの特徴として、足元が非常に上手くボールコントロールが優れている選手です。

その上、大柄な体格を活かしたボールキープ力も高く、センターフォワードとしてはボールロストがとても少ないというデータがあります。

前線のターゲットマン、ポストプレイヤーとしてハーランドはとても優秀です。

厳しいプレッシャーを掛けられてもきちんとボールを収めてくれるので、味方の選手は前線に上がりやすくなり、ポゼッションも上がるというメリットがあります。

類まれな得点力!ずば抜けたシュートセンス!

ハーランドのプレースタイルの特徴として、シュートセンスが非常に優れていることです。

シュートレンジがとても広く、ペナルティエリア外からでも強力で正確なシュートを繰り出すことができます。

また、相手ディフェンダー、キーパーの位置を確認しながら、しっかりとシュートコースを狙ってくるという冷静さも持ち合わせているのも厄介なところです。

南野拓実と活躍したレッドブルグ・ザルツブルクからボルシア・ドルトムント移籍したときは、途中出場ながらハットトリックを記録。

そして、その後もブンデスリーガーで驚異的な速度で得点を量産。

さらにチャンピオンズリーグでは、パリ・サンジェルマンを相手に2得点を獲得し、ハーランドの実力は本物ということをヨーロッパに示しました。

若干20歳でキャリア通算65ゴールは、規格外の成績と言ってもいいでしょう。

サッカーIQとプロ意識の高さによりチームを選ばない優秀な選手!

ハーランドのプレースタイルは個人技と攻撃性ばかり目を向けられがちですが、チームの一員としても優れた特徴を持った選手です。

サッカーIQがとても高く、チームが指向する戦術にしっかりと合わせることができる上に、守備の献身性も高いのでチームを選ばず活躍ができる選手です。

プロ意識も高く、幼少期のユース時代から睡眠を重視し、ハーランドはコンディション管理に励んでいたとユースチームのコーチは証言しています。

サッカー選手として自分の才能に溺れるのではなく、努力を怠らないハーランドのプロ意識の高さには定評があります。

ハーランドのプレースタイルまとめ!

ハーランドの凄さは簡単に言うと、速くて強くて得点力が凄まじいことです。

  • 194cm、88kgの規格外の体格。走力は時速36kmという驚異的なスピード!
  • 足元が上手く、ボールロストが非常に少ない!
  • 前線のターゲット、ポストプレイヤーとして起点になれる!
  • ロングレンジからも正確にゴールを狙える決定力!
  • サッカーIQが高く、ポジショニング、守備の貢献度も高評価!
  • プロ意識が高く、幼少期からコンディション管理に余念がなかった。

ハーランドは自らの才能に溺れることなく、高い向上心を持ち合わせて素晴らしい選手です。

そのプロ意識の高さ、献身性によりチームを選ばず活躍できる優秀な選手と言えるでしょう。

まだ、若干20歳という期待値の高さもあり、将来の活躍が非常に楽しみな選手です。

タイトルとURLをコピーしました