クラロワのゴレ(ゴーレム)デッキ対策!に勝つにはどうするべきか?コツを紹介!

スポンサーリンク

クラロワ ゴレ 対策

クラロワのゴレデッキ対策!勝ち方を紹介します!

クラロワをやっていると、どうしてもゴレ(ゴーレム)に勝てない…と悩むと思います。これは誰しも通る道ですね。

ゴレチンパン!初手ゴレふざけんなっ!

ゴレとかいって、ユニットつければ誰でも勝てんじゃん!とも思いたくなるでしょう。格上エリババ、ゴリ押しロイジャイとかもきついですが、ゴレデッキに苦労している方は多いと思います。

ただ…ゴレデッキはきちんと対策を考えて慣れていけば決して勝てない相手ではありません。きちんと勝ち方を意識していれば、逆にカモになるデッキです。

今回はクラロワのゴレデッキの対策、勝ち方について詳しく紹介します!

攻撃は最大の防御ということを忘れない!

正直、ゴレ対策と勝ち方はこれだけでいいと言い切れるレベルです。

『ゴレが出てきた瞬間、とにかく逆サイドを何らかの形で攻めましょう!』

ホグ、攻城、ロイジャイなどがいれば、迷わず逆サイドに出すのがゴレデッキに勝つコツです。

相手がゴレをキングタワー後ろから出してきたとき、うわっ!ゴレだよ…と構えてしまって『どうやって守ろうか?』と必死になってしまう初心者の方は多いのではないでしょうか?

ゴレはとにかく壊れないし、後ろにベビドラ、ダクネ、ランバー、ミニペとか付けられると守れない!だから、インフェ入れて、バーバリアン入れて、ウィザード入れて、ボウラー入れて…

ゴレデッキにやられないために防衛カードをこれでもかっ!これでもかっ!と組み込む方がいますが、こんなことをしなくても十分にゴレデッキに勝てます。

ゴレデッキ対策で意識するべきことは、攻めは最大の防御であること!これを常に意識することが大切です。

ゴレデッキに対して受けの姿勢だと、キングタワーをコナゴナにされますから…

逆サイドを攻めることでゴレの後ろにユニットを付けさせない!

ゴーレムを使うとエリクサーを8消費します。クラロワは10エリクサーまでしか貯まりません。

仮に最大10エリクサー貯まったときにゴーレムを使うと、残りエリクサーは2になりますよね。

相手がゴーレムをキングタワーの後ろに出したとき、こちらが逆サイドを攻めたとしたら、相手の人は2エリクサー前後で逆サイトのタワーを防衛しなければなりません。

体験上、こちらが逆サイドのタワーに攻撃が届く頃には相手の人は3〜4エリクサーが貯まっているので、ランバー、ダクネ。もしくはメガゴあたりを防衛に回してきます。

そうなると相手の方はエリクサーがほとんどない状況になってしまい、ゴレの後ろにユニットを付けたくてもゴレがタワーに届くまでには、せいぜい1体しか付けられない状況になります。

ゴレ+ユニット1体だったら、意外に簡単に防衛ができます。このようにゴレデッキに対しては、常に攻める意識を心がけていると、相手が思うようにゴーレムの形を作れなくなります。

また、ゴーレムを使ったあとに逆サイドをノーダメージで抑えるのは至難の技ですから、ゴーレムを出される度に逆サイドをゴリ攻めするサイクルを作ると、ゴレデッキには負けない展開になります。

ゴレ出される→逆サイドを攻める→ゴレを防衛する→ゴレ出される→逆サイドを攻める→ゴレを防衛する

基本的には、これの繰り返しです。そして、これがゴレデッキ対策であり勝ち方の型です。

ただし、ゴーレム上級者の方は逆サイドを攻めても無視するやり方、いわゆる『捨て』を使ってきたりしますので、少し難易度が上がります。

ですが、大抵のゴーレムデッキを使う方は逆サイドを攻められると無視ができませんので、上記に書いたやり方でゴレ対策は十分です。

ゴレデッキ対策。小技など。

2倍タイムに入るとゴーレムデッキの強さが増します。余ったエリクサーを使い、ゴレの後ろにユニットをどんどん付けてきますので注意が必要です。

ですので、ゴーレムの後ろにユニットを付けてきたときはどのように対処するのか?そのあたりの方法や小技などを紹介します。

施設系ユニットでゴーレムを引き付け、ベビドラ、ダクネ、メガゴを処理!

これはゴレに限らず、ジャイなどの大型系デッキ対策の基本なんですが、施設系ユニット(テスラ、大砲、墓石、インフェルノタワー)で大型ユニットを引き付けて、後ろに付けてくる後衛ユニットを処理するというやり方です。

注意するのはと防衛ユニットの位置関係です。クラロワの施設防衛の基本になるのですが『施設とユニットはできるだけ距離を離す!』これを心がけます。

ゴレ、ジャイ、ロイジャイ、ラヴァなどの大型デッキは、大型呪文の『ライトニング』を組み込んでいる場合が多いです。

建物とユニットを近くに配置すると、まとめてライトニングで処理される上、インフェルノタワーで防衛しているときは、ビーム蓄積ダメージをリセットされてしまいます。

ですので、ゴレデッキを施設系ユニットで防衛するときには『施設とユニットの位置関係に注意する!』これが大切になります。

施設がなければ、真っ先にゴーレムを処理!

デッキに施設系ユニットを組み込んでいなければ、通常ユニットだけで防衛することになるのですが、その場合は真っ先にゴーレムを処理することを優先します。

ミニぺ、ハンター、もしくはインドラなどの火力があるユニットで急いでゴーレムを割ってしまい、その後に後衛ユニットもまとめて処理してしまいます。

ゴーレムを処理しするユニットが、ベビドラ、メガゴ、ランバー、ダクネなどに狙われますので、アイゴレ、ナイト、バルキリーなどのヒットポイントが高いユニットで守ってやります。

ゴーレムをまず割ってしまえば、タワーのターゲットがゴレの後衛ユニットに変わりますので、ここからは処理することが簡単になります。

アイゴレでダクネを逆サイドに引っ張る!

もしデッキにアイゴレを入れていれば、ゴレデッキの対処がかなり楽になります。

後衛に付けてくるダクネ、ランバー、メガゴなどをアイゴレを使って逆サイドに釣ることができます。

いわゆる『お散歩』というものですね。ゴレの後衛ユニットを少しでも逆サイドにアイゴレで釣ることができれば、防衛が楽になります。

2倍タイムに入って、ユニットがごちゃごちゃしてくるときにアイゴレでお散歩をするのは、ちょっと慣れが必要かもしれませんので、落ち着いてやりましょう。

片方のアリーナタワーを落としたら、迷わず、キングタワーを狙う!

ゴレデッキに対して、意外に困るのは防衛が上手くいって、片方のアリーナタワーを先に落とすことができた!あとは守るだけ…という状況が結構、困るんですよね…

守れば勝ちという状況が見えてくると、攻めることを忘れて変に防衛に回って、ゴレに逆転されてしまった…というのはよくあるパターンです。

守れば勝ち…という状況でもゴレデッキに対しては『攻撃は最大の防御!』これを忘れるとあっさり逆転をされます。

片方のアリーナタワーを落としたら、迷わずキングタワーも落としにいきましょう。

もう片方のアリーナタワーを狙うと、防衛してきたユニットをそのままゴレの後衛に回されて強烈なカウンターを仕掛けられてしまいます。

常にゴーレムが出てくる逆サイドを攻める!それが、落としにくいキングタワーでも変わりはありません。

ゴレデッキ対策!勝ち方のまとめ!

・攻めは最大の防御!ゴレデッキには受けの姿勢に回らない!

・ゴレが出た瞬間、逆サイドを狙うこと!

・キングタワーもどんどん狙う!

正直、ゴレデッキはユニットを重ねられたら、絶対に勝てないし守りきることはできません。ですので、こちらも攻めてゴレの形を作らせないようにしましょう!

厄介なゴーレムデッキもコツを掴むと勝ちやすくなりますので、頑張ってみてください!

時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました