古市憲寿とは何者?学歴や結婚歴、彼の炎上騒動なども詳しく紹介!

古市憲寿 何者 エンタメ

石丸伸二さんに不毛なインタビューを続けて、呆れられた古市憲寿さんについて詳しく紹介をします。

あれだけ石丸伸二さんに上から目線でものが言える態度は、どこからきているのでしょうか?

古市憲寿さんの経歴や学歴!結婚などについても紹介!

一体、彼は何をしている人なんですか?

古市 何者

古市憲寿さんは、日本の社会学者、作家、そしてテレビ(御用聞き)コメンテーター。

彼の活動は複雑で、現代の若者文化や社会問題に対する『本当に独自の視点』を提供しています。

彼は社会学者としての研究活動に加えて、テレビや出版物を通じて社会問題についての議論を勝手にリードしています。

一応、日本における重要な社会的インフルエンサーの一人?として評価されていると言われているそうなんだって。

以下は彼の主な活動と背景ですね。

社会学者としての活動

古市憲寿は、若者の社会問題や現代社会の課題について研究し、多くの論文や著書を発表しています。

彼の研究テーマは、若者の生活満足度や社会の変化に関するものが多く、特に「若者論」や「現代社会」に関する考察で知られています​ (Wikipedia)​​ (タレント辞書)​。

メディアでの活躍

古市憲寿はテレビ番組でも活躍しており、『ワイドナショー』や『とくダネ!』などの情報番組に御用聞きコメンテーターとして出演。

番組の意図をきちんと汲み取る能力はお手の物で、そのタレントでのし上がってきました。

彼の率直な意見や独自の視点はしばしば炎上騒動となり、多くの視聴者から注目を集めています​ 。

作家としての活動

古市憲寿はまた、数々の著書を執筆しており、『希望難民ご一行様』や『絶対に挫折しない日本史』などが代表的な作品です。

彼の著作は、社会問題に対する新たな視点を提供し、多くの読者に影響を与えています​ (Wikipedia)

ただ、読んだことはないし、これからも読むことはないから面白いからつまんないかは分かりません。​​

学歴は?

古市憲寿さんの学歴は以下の通りです。

  1. 高校:埼玉県立越谷北高等学校(普通科)に2000年4月に入学し、2003年3月に卒業しました
  2. 大学:慶應義塾大学環境情報学部を2007年に卒業しました
  3. 大学院:東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コースの修士課程に進学しました
  4. 博士課程:東京大学大学院総合文化研究科の博士課程に在籍していました

古市憲寿さんは日本の名門大学である慶應義塾大学、そして東京大学大学院と、一貫して高い教育を受けてきたことがわかります。

結婚はしているの?

古市 結婚

2024年7月9日現在、古市憲寿さんは独身です。

古市さん自身は結婚について以下のように語っています。

  • 2020年1月: フジテレビ系「ワイドナショー」にて、「結婚した人の3割は離婚するので、あんまりどうとか思わない」とコメント。
  • 2022年6月: TBS系「ドーナツトーク」にて、「積極的には」女性と交際したことがないと発言。
  • 2023年9月: 雑誌「サンデー毎日」にて、「稼ぐ力のある人」と理想の結婚相手を語っている。

過去には、女優・水野美紀さんとの交際が報じられたこともありましたが、現在は確認できる情報はありません。

古市さんは、結婚観について以下のように述べています。

  • 「結婚=永遠の愛」だと思わない
  • 別居婚も良い
  • 恋愛は面倒くさい

これらの発言から、古市さんは結婚に対して積極的な考えを持っていないことが伺えます。

まあ、いい人に巡り会えれば、コロッと変わると思いますが。

古市憲寿さんの炎上騒動を一気に紹介!

古市憲寿さんは、その軽率でしばしば挑発的な発言で多くの炎上事件を経験しています。

以下は、彼の数々の炎上の具体例です。

保育園義務教育化に関する発言

古市は、保育園の義務教育化を主張し、母親の育児負担を軽減するために保育園の普及を提唱しました。

この発言は一部の伝統的な家庭観を持つ人々から反発を受けました​ (Wikipedia)​​ (タレント辞書)​。

甲子園の土に関する発言

彼は、甲子園の土を持ち帰ることについて「なんで土が欲しいの?」と疑問を呈し、この発言がスポーツファンからの批判を招きました。

また、甲子園の時期に「こんな暑い中屋外で運動する人はおかしいのでは?」と発言し、これも物議を醸しました​ 。

横野レイコリポーターとのやり取り

古市は、相撲レポーターの横野レイコ氏と貴乃花退職騒動についてやり合い、炎上しました。

彼の無機質で冷酷なコメントが視聴者の反感を買うことが多く、特にこの一件では大きな批判を浴びました​ 。

結婚観に関する発言

彼の結婚観についての発言も度々物議を醸します。

古市は「結婚は人生におけるひとつの“状態”に過ぎない」と述べ、これが保守的な結婚観を持つ人々からの反発を招きました​。

石丸伸二に関する発言


ニコニコ動画のインタビューが一番、マトモだった。古市って誰なの?

7月7日の東京都知事選の開票日に、日本テレビ系のYouTube生配信番組で、社会学者の古市憲寿氏と前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏の間で行われたやりとりが話題になりました。

このやりとりは以下のような特徴がありました。

【かみ合わない対話】

古市氏の質問に対して、石丸氏が答えず、両者の対話がかみ合わない状況が続いた。

【政治家へのこだわりに関する質問】

古市氏が石丸氏に「政治家にこだわる理由」を尋ねたところ、石丸氏は「こだわってない」と返答し、議論が平行線に。

【政治屋に関する質問】

古市氏が「石丸さんが批判する政治屋と石丸さん自身はどう違うんですか」と質問したのに対し、石丸氏は「堂々巡りになっている」「同じ質問を繰り返している」と反論。

【視聴者の反応】

このやりとりに対して、SNSなどでは古市氏の質問の仕方や日本テレビの姿勢を批判する声が上がりました。

【石丸氏の不満表明】

インタビュー後、石丸氏は「腑抜けたインタビューさせるんじゃないよ」「放送法で電波与えられてるんですよね、責任感持ちましょうよ」と不満を表明しました。

この訳のわからない古市の質問は、日テレから石丸のイメージを暗に下げるように指示があったのでは?とも言われています。

テレビ局の御用聞きとしてのし上がってきた、古市ならば無難にこなす案件ですし、たしかに石丸伸二のイメージを部分的に下げることは成功した模様です。

このやりとりは、選挙後のインタビューとしては異例の展開となり、メディアの在り方や政治家と記者の関係性について議論を呼ぶ結果となりました。

その他の炎上

  • 古市は、テレビ番組『ワイドナショー』や『とくダネ!』での発言でもしばしば炎上しています。
  • 彼の発言は率直であり、時に挑発的なため、多くの視聴者の反感を買うことがあります。
  • 彼の発言はしばしばSNSでも話題となり、多くの批判的なコメントが寄せられることがあります​ 

これらの炎上は、古市憲寿が悪い意味で注目される存在であることを示しています。

彼の軽率な意見は、偏ったの人々には共感を呼ぶ一方で、見識のある一般人には強い反感を抱かせることがあります。

まとめ。古市憲寿さんとは何者?

古市憲寿さんは日本の社会学者、作家、テレビコメンテーターです。

彼の学歴は埼玉県立越谷北高等学校、慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院修士課程、博士課程です。

彼の研究テーマは若者の生活満足度や社会の変化で、多くの著書を執筆しています。

活躍としては、番組の御用聞きコメンテーターとして無難に仕事をこなし、徐々に立場を固めた方です。

そのためテレビ番組でも活躍し、番組の意向を汲み取った変更的な意見がしばしば注目と炎上を招きました。

2024年7月現在、独身で結婚に対しては消極的です。

過去に炎上した発言には保育園義務教育化、甲子園の土に関する発言、結婚観などがあります。最近では、元安芸高田市長石丸伸二氏とのインタビューが物議を醸しました。

タイトルとURLをコピーしました