ボランチの役割と動き方を簡単に説明!

スポンサーリンク

最も難しいサッカーのポジションと言われれば、ボランチであると思います。

わたしはセンターハーフの方が難しいと思いますが、ボランチも難しいポジションだと思います。

そして、難しいポジションであるが故に務める選手の優劣が、チームの勝敗の鍵を握っているのではないでしょうか?

今回はサッカーにおいて重要なポジションである、ボランチについて公開してみます。

スポンサーリンク

ボランチの守備はとにかくカバ―リングが大切。

ボランチのポジションを務める選手は守備時において、実はあまり動きすぎてはいけません。

最近のサッカーでは、ボランチよりも前のポジションの選手が、相手チームのボールホルダーに対して積極的にプレスを掛けます。

そして、その空いたスペースをボランチがカバーリングする事が重要になるので、あまり好き勝手に動き回ってはいけないんです。

基本的にはバイタルエリアのスペースを埋め、ボールホルダーが近くにいる場合はチェックを行い、センターバックがサイドに釣りだされた時に最終ラインに入ります。

しつこく、相手選手のボールホルダーを追い回す必要はないですし、守備のバランスが崩れますので、動き出しには注意が必要です。

要は、守備時に選手間の距離を狭く保つ動きを心掛けるだけで良いのです。

その為、ボランチはゾーンディフェンスの理解を深めなければなりません。

選手間をコンパクトに保つ指示を味方に送りながら、最終ラインの上げ下げをセンターバックとの連携をして効果的に行う必要があります。

ボランチの攻撃はとにかく縦パスを供給する事。

ボランチの攻撃時の動き方も守備時と同じで、味方選手との適正距離を保つことが重要です。因みにこの適正距離というのは、狭い間隔という意味ではありません。

アンカーとは違い、センターバックとの距離は縦関係で広く取る必要があります。

センターバックがボールを保持している時に、ボランチが相手選手のマークを引き付けて楽にボールを持てる様にしてあげます。

センターバックに相手のプレスに掛からない様に距離を取りながら、余裕を持ってパスを展開出来るように相手選手を引き付けることが、ボランチの仕事でもあります。

また、ボランチがボールを保持した場合に真っ先に狙う事は、とにかく前線に縦パスを素早く供給する事である。

ボランチから縦パスが供給されずに横パスばかりでゲームを展開すると、相手チームは思い切りよくプレスを掛けてくるので、押し込む為にも素早く縦パスを供給しなければなりません。

また、ゴール前の攻防では、セカンドボールの奪取を効果的に行えるポジションを取るようにします。

セカンドボールを奪う事が出来れば、何度も相手陣内で攻撃を繰り返す事が出来るからです。

バスケットボールでも攻撃時にリバウンドを奪えれば、それだけ長い時間を掛けて攻撃ができますよね?サッカーも同じです。

そして、前方にスペースがあれば積極的にミドルシュートも狙いましょう。

後方からボランチがミドルシュートを積極的に狙えば守備の狙いが絞り辛くなるので、その分、多彩な攻撃を展開できる様になります。

攻守のバランス感覚が優れている選手が務めるポジション。

ボランチのポジションは、攻守のバランス感覚に優れている選手が務めるのがベストです。

強い精神力と経験が必要なポジションです。なぜなら、90分間を通して冷静な判断や運動量が求められる、体力的にも精神的にもハードなポジションだからです

優れたボランチが存在するチームは、必ずしも勝利するチームではありません。

ですが、ボランチの選手に問題があるチームは大抵、勝ち続ける強いチームでもありません。

強豪チームには必ず優れたボランチが存在します。

このように動き方が難しいポジションですが、チームの勝敗を左右する重要なポジションであるのがボランチです。

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0515akibuchiをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました