ダイエット中だからといって、カロリーゼロの合成甘味料の飲食は逆に太るかも。

2019年6月7日

ダイエット中でも甘いものが欲しい…

そんな時に嬉しいのが、カロリーゼロの食品ですよね。

甘いのにカロリーがないので、ついつい手を出してしまう人が多いと思います。

…しかし、カロリーゼロの合成甘味料は自然の砂糖よりも、摂り続ければ太りやすくなるという実験結果が出てきているようです…

世間の意見は…

ダイエット中の甘いもの補給にコカコーラゼロ飲みまくってた私は一体…

ノンアルコールやゼロカロリーしか飲んでないのに体重増えてると思ったら…

ダイエット中だからゼロのコーラ飲んでたのに!!!だから痩せないんだ。

たしかアステルパームは体に良くないんだよね?

カロリーゼロってなんか変にベッタリ甘いよね。美味しくない。でもゼロだから飲んでたのに…意味なかったとは…

まあ、普通のコーラやジュースだって身体に悪いからなあ。人工甘味料は必要じゃない?

甘いのに糖分として吸収されないから、感覚がおかしくなって更に甘いものがほしくなるって聞いたけど。

引用元:ガールズちゃんねる

実はカロリーゼロではない…合成甘味料の真実。

合成甘味料が入った食品、飲料は『カロリーゼロ』を謳い文句にしていますが、実はカロリーゼロではありません…

カロリーゼロの表示ルール

100g(100ml)当たり5kcal未満
糖分の場合は、100g(100ml)当たり0.5g未満

つまり、100g(100ml)当たり5kcal未満は

表示しなくても良いので100mlで最大4.9kcalという可能性も!

その場合は、500mlの飲料1本では、24.9kcal
ということになります。

24.9kcalというと、早足で10分間のウォーキングで消費する
カロリーと同じということ!

引用元:カロリーゼロ飲料の真実!甘味料が太る原因ってホント?

ということで、実際はカロリーはあるのですが、100g(ml)以内で5ckal未満は表示しなくてもいいという事なので、カロリーは存在しますが『カロリーゼロ』表示でOK!

…ということです。

カロリー以外でも人工甘味料がもたらす肥満のリスク。

ゼロカロリーといえど、実はカロリーがしっかりと存在することを書きました。

ただ、100g(ml)で5kcal未満という事ならば、カロリーの数値としては、大げさにするほどではないと思います。

ですが、人工甘味料がもたらす肥満のリスクはカロリーの数値以外の要因があることが問題となっているみたいですね。

血糖値が急上昇してしまう…?

人間の身体は血液内の糖分濃度の数値である『血糖値』を一定に保つ働きをもっています。

血糖値が下がれば、肝臓に蓄えられた糖分(グリコーゲン)をグルコガンというホルモンによりブトウ糖に変えられて、血液内に放出し血糖値を上げます。

血糖値が上がれば、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが血液中のブトウ糖を吸収して、肝臓や筋肉、脂肪細胞に取り込ませます。

通常、炭水化物などを摂取すると血糖値は上がり、インシュリンにより吸収されて身体の各部に運ばれたり、エネルギーに変えられたりします。

また、短時間に過剰な糖分を摂取したりすると、急激に血糖値が上がりますので、そうなるとインシュリンが総動員されて急激に血糖値が下げられます。

インシュリンが血液中にある大量のブドウ糖を吸収して、どこかに送り込んだり、エネルギーに変えなければならないんですけど、当然、限度はあります。

肝臓、筋肉のブトウ糖貯蔵量にも限りがありますし、必要とされないのにエネルギーに変えることはできません。

結局、過剰なブトウ糖は脂肪細胞に『中性脂肪』という形で送られ貯蔵されます。

これが、太る仕組みのひとつですね。

さて、人工甘味料を飲んだり、食べた場合、原因は分かりらないんですけど、血糖値が同量の砂糖を摂った以上に上昇するみたいなんです。

そして、インシュリンにより血糖値は下げられるのですけど、実質、血糖値に見合ったカロリーは吸収出来ていないので、スグに血糖値は急降下します。

血糖値が下がれば身体は糖分を欲しがり、空腹感を覚える様になります。

そうなると、余計に食欲が沸いてしまい、必要以上にカロリーを摂取してしまうことに…

よって、人工甘味料を摂取することで太りやすくなるという話です。

ただ、人工甘味料を摂取すると、血糖値が砂糖よりも上がりやすいという話は、完全に証明された訳ではありません。

カロリーゼロと思い込み、ついつい食べ過ぎてしまう。

人工甘味料が入った食品、飲料はカロリーゼロと表示しているので、それにつられて食べ過ぎてしまう方が多いようですね。

ダイエット中の食事制限に耐えられなくなり、カロリーゼロならば、いくらでも食べてもいいよね!

みたいな心境に陥り、制限なく食べてしまう…身に覚えがある方は多いでしょう…

上述した通り、カロリーゼロと表示している食品・飲料は完全にカロリーゼロではありません。

僅かながらもカロリーは存在する可能性が高いので、たくさん食べたり飲んだ結果、必要以上にカロリーを摂取してしまい、ダイエットに失敗する場合もあります。

カロリーゼロといったも、カロリーが存在する可能性が高いので、食べ過ぎや飲み過ぎに注意しましょう。

スポンサーリンク