時事ネタ

タイミング良すぎ?闇金ウシジマくんのモデルにもなった与沢翼が破産宣告?

投稿日:2014年4月27日 更新日:

闇金ウシジマくんでこのテーマが扱われだしてから、与沢翼さんのギブアップ宣告…何か出来すぎているような気もしますね。

e9d805f4

秒速で1億を稼ぐ男として、名を馳せた与沢翼さんが破産するのでは?と噂が飛び交っているようですね。

でも、飛び交うというより、フェイスブックで与沢翼さん自身が「もうギブアップ!」みたいな宣言をしています。

世間の反応は「ざまあみろ」「秒速で税金を払えないの?」等の誹謗中傷が圧倒的に多いですよね。ただ、フェイスブックの彼の投稿に対するコメントは宗教チックなコメントに満ち溢れています。

私は与沢翼さんに関して、よくは知らないので何とも言い難いところですが、確かに大金は稼いでいたという事は事実のようです。

今回は話題の人物である与沢翼さんについて公開してみます。

スポンサードリンク


与沢翼さんが破綻したのは税金の未払いが原因とされていますが…

561038e4e2bef7ce72e8aa1d4b18bbdb_s

彼が今回、追い込まれた原因は税金の未払いのようですので、それに見合った金額を稼いではいたのでしょう。ただ、普通は稼げば稼ぐ程、多額の税金が数年後に請求される事は分からなかったんですかね?

あれだけ、大金を稼ぐノウハウを知っていながら、税金対策を怠ったとは解せない話です。

計画倒産でどこかに余剰資金を隠しているとも噂されていますが、国税局が動いているようなので、それは不可能に近いんじゃないですか?

国税局を欺ける方法を知っているのであれば、税金対策はしっかり行っているでしょうし。という事で彼は本当に身ぐるみを剥がされた状態になってしまう可能性が高いかもしれませんね。

起業家という資質に関しては、与沢翼さんの能力は本物。

39198189e583587846c913ca7249c41a_s

彼は一度、エスラグジュール株式会社という会社を倒産させています。ただ、その会社の設立の経緯、年齢などを考慮すれば、起業家としての資質は非常に優れていると思います。

短期間で事業を成長させるという能力に関しては、稀有な才能を持っているのではないでしょうか?

ただ、それが長所でもあり、与沢翼さんの欠点のようで、彼は「維持させる」という事が非常に苦手なようですね。それは彼自身も言及していました。

広げる事は出来るけれども、維持する事が出来ない…それが、彼の致命的な短所だったようです。起業家としては優秀だと思いますが、経営者としての資質は全くと言っていいほど無いんじゃないですかね?

ここからは、私の想像ですが、与沢翼さんの周りには優秀な人材が乏しかったんでしょう。なんだか、フェイスブックの広告で、多分、与沢翼さんに影響された人や社員らしき人の宣伝が出てきていましたよね。

なんだか、ホストみたいな人達だなぁと思っていたんですが、見た目で判断してはいけないと思うんですが、こういう人達ばっかりが群がってくるようでは、堅実な経営なんて出来ないだろうな…とは思ってました。

まあ、これは偏見ですけどね。誰か与沢翼さんの経営方針に対して、堅実な方法をアドバイス出来る人が周囲にいたならば、こんな事にはなっていなかったでしょう。

選んだネットビジネスの方法がそもそも間違っていた…

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

エスラグジュール株式会社という会社を倒産させてから、殆ど無一文になった彼が再起を果たしたのは、ネットビジネスを選択した事でした。

ネットビジネスでは、第一人者と言われる川島和正さんに与沢翼さんは売込みをかけます。膨大フォロワーが存在する彼のメルマガで、与沢さんは自身のメルマガを紹介して欲しいと頼みこんだようですね。

短期間で成功するには、その分野のインフルエンサーにアタックするの一番という方法を地でいったようで…。この辺りの行動力も彼の起業家としての才能の片鱗ですよね。

普通は、有名人は相手にしてくれないからと尻込みをすると思うんですが、果敢にも与沢さんは売込みをかけた結果、川島和正さんがメルマガで彼を紹介する事を了承してもらったようです。

ただ、紹介後に与沢さんがメルマガリストを獲得した場合、1件につき6000円のバックマージンを川島さんに払うという条件だったらしいですが…

まあ、こんな経緯で与沢翼さんは、膨大なメルマガリストをかき集める事に成功して、他人の無料、有料商材を販売した結果、再起を果たす事が出来たようです。

ここまでは良かったと思うんですが、マズかったのは自身を成功を元にした有料商材を販売した事ではなかったのでは?と私は思っています。

ブランディングというヤツなんですか?いかにも成功者という仮面を被らないと、自身が販売する商材に説得力がない。その点から、彼はいかにもセレブ!みたいな演出に偏っていく事になったようです。

その与沢翼さんに憧れて、次々に怪しげな若者が彼に習った方法で、成功しようとフェイスブック、アメブロに現れ始めました。昨年頃がピークでしたかね。(ところで彼らは成功できたのでしょうか?)

ただ、スグにメッキは剥がれ始めます。それは誰でも「与沢翼」の様に成功出来る訳がないからです。例えその方法を知っていたとしても、利益は得るには、突き詰めると「与沢翼」の顧客を奪うしかないんですよ。

若さ故に知恵が足りないから仕方がない…。と言われた与沢翼信者も徐々に「騙されている?」と気づき始めてきたようですね。(厳密には騙されていたのではなく、無知だっただけですが…)

このように徐々に与沢翼信者は、彼の商材には効果が無いと気づき始めて離れていったのではないでしょうか?それが、彼の選んだビジネスの終焉が近いという事を示唆してもいたのではないかとも思いました。

人気漫画の闇金ウシジマくんのモデルになってしまいました…

ushijima

闇金ウシジマくんという漫画はドラマ&映画化もされており、かなり有名な漫画で名前だけなら知っているという人も多いんじゃないでしょうか?

テーマは闇金融を営んでいる主人公の丑嶋馨と彼に搾取される人々をテーマに扱った作品です。

そして、与沢翼さんとそのビジネスに群がる人々について、闇金ウシジマくんでは、搾取する側、搾取される側の人間模様としてモデルにされてしまったようです。

このモデルにした話はよく出来ているようで、かなりの反響を呼んでいるそうですね。与沢翼さんのブランディングビズネスの本質が克明に描かれているようです。

そして、闇金ウシジマくんでこのテーマが扱われだしてから、与沢翼さんのギブアップ宣告…何か出来すぎているような気もしますね。

[amazonjs asin=”B009JZHDSE” locale=”JP” title=”闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)”]

-時事ネタ

執筆者: