サッカー サッカー日本代表

吉田麻也はもういらない!日本代表!ジャマイカに完封勝利!

投稿日:2014年10月10日 更新日:

いつミスするか分からず、周囲に不安な空気を伝播させる吉田麻也はもう必要ないでしょう。

yoshidamaya3

サッカー日本代表は、キリンチャレンジカップ2014初戦のジャマイカを1-0で下しました。

アギーレ監督は日本代表を率いて、初勝利になります。うんうん。今日の日本代表はかなり良かったと思います。

試合の見所は、センターバック常連の吉田麻也が怪我で欠場との事で守備はどうなるのか?というところを注目していました。

注目の結果、日本代表のセンターバックに吉田麻也はもう必要ない。と思った次第です。

本当に彼はもう、日本代表には絶対に必要な存在ではなくなったという事です。いや、今後、無理をして招集をする必要性はないんじゃないのと感じました。

今日の試合は観る方はによっては、得点があまり入らず、つまらない試合と思われた方もいるでしょうが、日本代表の弱点という箇所がかなり改善されていました。

アギーレ・ジャパンには期待していなかったのですが、ちょっと楽しみなチームになってきていると思います。

関連記事:期待出来ない日本代表…アギーレ監督、ブラジル、ジャマイカ戦のメンバー発表!

今回は吉田麻也はもういらない!と思わせる程、安定していた日本代表のジャマイカ戦の試合運びを公開したいと思います。

スポンサードリンク


ジャマイカ戦のMVPは柴崎岳か細貝萌!

hosogai

ジャマイカ代表はラグビー選手なの?と見紛う程の屈強な体格を持った選手が揃っていました。

プレミアリーグのクラブチームであるレスター所属、モーガン選手の体格はサッカー選手じゃないですよ…193cm 体重93kgって…

かなりハードなゲームになると予感しました。ただ、そんなフィジカル集団のジャマイカ代表に対して、日本代表は優位に「戦えていました」

この「戦えていた」というのは試合運びというより、球際と空中戦の競り合いに関して、殆どジャマイカ代表に何もやらせていませんでした。

最前線から岡崎慎司、武藤嘉紀が執拗に相手DFに対してチェイシングを行い、苦し紛れに出たパスを柴崎岳と細貝萌が面白い様にカットしていましたね。

わたしは柴崎岳を過小評価していたんですが、メガネが曇っていたようです。かなりいい選手ですね。

インサイドハーフとして、本田圭佑を起点とした攻撃に、柴崎岳が積極的なフリーランでアクセントを付けながら、自らも攻撃の起点になり、中盤をコントロールしていました。

また、押し込んだ状態で相手にボールを奪われた時は、危険なカウンターをされる場合が多いのですが、イチ早くカウンターの起点を激しいプレスで潰して、攻撃を遅らせていました。

細貝萌は、初めて日本代表の試合で真の実力を発揮できた試合だと思います。

わたしは、細貝萌は運動量を活かした守備が得意なので、アンカーのようなゾーンを守る守備は苦手だと思っていたんです。

しかし、本日の細貝萌はディフェンスラインの前のゾーンをケアしながら、積極的にジャマイカの中盤にプレスを掛けていました。そのバランスが絶妙の一言。

所属するヘルタ・ベルリンで何故、アンカーのポジションを任せれているのかが、よく分かった次第です。

数的不利の状況に対する相手カウンターの対処は見事でした。ボールを奪えないまでも、的確にパスコースを一方向に遮断させる、高いレベルの守備技術は驚きました。

ちょっと、アルゼンチン代表のマスチェラーノ並みに凄かったと思います。細貝萌がこんないい選手だとは予想しなかったです。致命的なパスミスをする選手の印象が強かったですから。

非常に安定感があった森重真人と塩谷司。そしてGKの西川周作!

d1f5b95c

ジャマイカ代表は身体能力は高かったですが、攻撃技術は低く、連携も皆無でした。ただ、それを差し引いても、森重真人と塩谷司のセンターバックコンビは非常に安定していました。

吉田麻也がスタメンを張り続けてきた日本代表は、何点取っても、決して楽観視出来ない程、守備に欠陥を持ったチームでした。

ただ、本日のジャマイカ戦は1-0と僅差のまま試合が展開しましたが、得点をとられそうな雰囲気が全くなかったです。

岡崎慎司、武藤嘉紀が前から積極的にプレスを仕掛けて、捌かれても柴崎岳と細貝萌が中盤で潰しにかかり、ジャマイカに殆どサッカーをさせていなかったです。

中盤を省略したロングボールを放っても、森重真人と塩谷司のセンターバックコンビが立て続けに跳ね返し、そのセカンドボールを細貝萌を中心に日本代表がことごとく拾っていました。

森重真人と塩谷司は相性が良さそうでした。塩谷司が積極的に中盤まで相手選手をチェックに行き、細貝萌と森重真人が、塩谷司が空けたスペースを上手く消していました。

この3人の役割分担が非常にスムーズで守備が堅かったですね。そして、その後ろに控えるGKの西川周作は、あまり見せ場はありませんでしたが、要所要所で可能性を感じました。

長年、日本代表のゴールマウスを守り続けてきた、川島永嗣の代わりとなる選手になり得ると思います。

西川周作は足元の技術が高く、ロングフィードの精度の高さは川島永嗣には無いものです。そして、致命的なミスもせず、最終ラインで安定したボール回しにも参加できる優れた選手です。

今日のジャマイカ戦を見ていて、ディフェンス陣はこのメンバーでいいんじゃないの?と強く感じました。

いつミスするか分からず、周囲に不安な空気を伝播させる吉田麻也を、今日の彼らを差し抜いてスタメンで起用する理由はない!と断言します。

アギーレ監督率いる、日本代表の実力が判明するブラジル戦!

dabidoruisu

ジャマイカ戦は追加点を決めきれず、モヤモヤした方が多いと思いますが、相手に殆どサッカーをさせない試合運びは、非常に感心しました。

しかし…やっぱり日本代表は本田圭佑のチームですね。ACミランで絶好調というのが分かるプレーを本日も披露しました。

関連記事:本田圭佑が絶好調!ミランでの大活躍の理由はインザーギ監督の厚い信頼!

屈強なジャマイカの選手に囲まれても、ボールを奪われない体の強さとキープ力。そして、決定的な場面で、的確な選択を出来る精神力と技術の高さ。

柴崎岳も良かったですが、まだ本田圭佑の域には届いていないと思います。比較できる実力の持ち主は、やっぱり香川真司だけですが、今日は終始、控えめなプレーでした。

ただ、後半の終盤に周囲との違いを見せつけるプレーをしましたが、いつもの香川真司の実力を今日のジャマイカ戦では出していなかったという印象です。

正直、アギーレ監督率いる日本代表は期待していませんでしたが、今日の試合を観て評価を変えました。

しかし、あんまり実力を出していなかったジャマイカを引き合いに評価するのは早計だと思いますので、次戦のブラジル戦を楽しみしたいと思います。

ブラジル戦で真のアギーレ・ジャパンの実力が判明するでしょう。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: