闇営業は何が問題なの?お笑い芸人が話題になっている件をわかりやすく解説!

宮迫博之

吉本興業のお笑い芸人が『闇営業』の問題で連日、騒がれていますが、そもそも、この闇営業は何が問題なの?と思う方は多いのではないでしょうか?

闇営業って言うと、なんだか悪いことなのかな〜ってイメージはあると思いますが、そもそもテレビで干される。もしくは、謹慎処分を受けなきゃいけないの?

みたいに思われるかもしれません。そこで、話題になっているお笑い芸人が『闇営業』をして何が問題なのか?そのあたりを分かりやすく解説したいと思います。

反社会的勢力に闇営業をしたことが問題。

いきなり結論から言うと、別に闇営業は厳密には世間が騒ぐほどの問題ではなく、その闇営業を『誰にしたか?』これが問題になっています。

お笑い芸人が闇営業をしたのは、一般的に言うと『反社会的勢力』と呼ばれる人々に行ったのが今回の問題になっています。

この『反社会的勢力』という方々は、簡単に言うと『オレオレ詐欺』などの詐欺行為などを犯している犯罪者集団ですね。

騙しやすい老人などから多額の現金を騙し取り、高級車などを買い漁り、優雅な生活を送っている方々ですね。犯罪者というのも間違いはないのですが、弱者からお金を騙し取る卑怯な集団。つまり世間の敵です。

そんな連中が主催するパーティ、イベントなどにお金(ギャラ)を貰って参加するなどの行為をしたことが問題なんです。

ちなみに『闇営業』というのはどういう意味なのか説明すると、所属する芸能事務所を通さずに依頼者から仕事を請け負うことです。

例えば、吉本興業を例にあげると、お笑い芸人の仕事が発生した場合、その仕事を紹介した吉本興業がまず依頼者からお金を受け取り、その中からお笑い芸人にお金を渡すというのが正しい流れです。

最大手の吉本興業所属ということで、テレビ番組、もしくは企業のCMなどにも出演しやすくなります。

特に面白くも何ともない千原ジュニア、ケンドーコバヤシなどは吉本興業の看板があるから、色々な番組などに出演できるという特権を持っています。それも最大手の吉本興業に所属しているからです。

このように吉本興業所属ということで仕事が回ってきますので、お笑い芸人は吉本興業に看板料を払わなければなりません。

しかし、闇営業の場合は、吉本興業所属という立場を大いに利用しながらも、看板料を吉本興業に払わずに勝手に仕事をしてしまい、直接、依頼者からお金を貰えるのでお得になります。

広告で利益を出しているテレビ局はイメージが大切。

反社会的勢力に闇営業をしても、別に彼らが誰かを騙したわけじゃないから、受け取ったお金を返せば済むんじゃないの?と思われるかもしれません。

受け取ったお金を返しても、反社会的勢力に関わり仕事を受けたという事実が問題になります。お笑い芸人が出演するテレビの収益は、大部分が民間企業の広告料です。

つまり、番組を流しているときに放送されるCMの広告料ですね。いわゆるスポンサー収入によってテレビ局は利益を得ているんです。

ここでポイントは、CMを依頼している民間企業になるんですけれども、反社会的勢力に関わっているお笑い芸人が出演する番組などにはCM依頼したくない。

企業としてのイメージが悪くなるんで、闇営業をしたお笑い芸人が出演する番組などにはCMを依頼したくない。という流れになります。

民間企業の広告で収益を出すテレビ局は世間的なイメージが凄く大切になります。

以前、フジテレビがあからさまに韓国寄りで反日をイメージさせる番組制作を行ったとき、視聴者からのクレームは凄まじいものになりました。

フジテレビにCMを依頼する各社にクレームの電話が殺到し、結局、撤退してしまったということがありました。

お笑い芸人を(特に吉本興業)多く出演させているテレビ局は、今回の闇営業問題をかなりシビアに考えていて、吉本興業に所属するお笑い芸人は出演を断る?という段階まで考えているという噂もあります。

宮迫博之はなぜ、叩かれているのか?

アメトーークの司会で有名な宮迫博之ですが、今回の闇営業を行った人物として世間から酷く叩かれています。

なぜ、宮迫博之がここまで叩かれなければならない理由なんですが、それは、今回の件で彼が『嘘』を付いていたからです。

闇営業をしたということが明るみに出たとき、宮迫博之は当初、『反社会的勢力のイベントに参加はしたが、お金は一切受け取っていない』ノーギャラだったと釈明していました。

ただ、その後の調査で実は、しっかりお金を反社会的勢力から受け取っていたことが判明し、その事実を元に所属する吉本興業から謹慎処分を受けることに。

吉本興業が宮迫博之は反社会的勢力からギャラ(お金)を受け取り、闇営業をしていた。と公式に発表。

闇営業はノーギャラだったという発言をした宮迫博之ですが、この矛盾を突かれて、しぶしぶ「間接的に受け取った」と事実を認めました。

間接的?宮迫っ!いい加減にしろよ!往生際が悪い!』ということで彼は世間からメッタメタに叩かれているんです。

先輩である松本人志も「あいつはもうクビでいい」と匙を投げた様子。以前、不倫問題を起こしたときも「オフホワイト」と事実を濁す発言をしていた宮迫博之。

今回も事実をうやむやにすれば、ほとぼりが冷めたら復帰できる!という甘えに似た淡い感情を抱いているのかもしれません。

松本人志はこういう宮迫博之の本性を見透かしている様子で、一度、厳しい処罰を受けさせることが必要。そして、NSCの新入生として出直せ。と彼を思いやる一言を残しています。

吉本興業のお笑い芸人が闇営業をする理由。

今回の闇営業で処分を下されたお笑い芸人は、吉本興業に集中しています。吉本興業はお笑い芸人と書類で雇用契約などを結ばずに、口頭で契約を結ぶといいます。

しかも、お笑い芸人と自称していれば、とにかく契約を交わす方針のようで、全く面白いことが出来なくてもツテさえあれば、とにかく契約してくれるとのこと。

結果、吉本興業が抱えるお笑い芸人の数は600人以上とも言われており、芸能界ではお笑い芸人を抱える事務所として最大手になりました。

ですが、600人全員がお笑い芸人と名乗れるレベルではなく、大半が一般人が就職をせずに、とりあえずお笑い関係の仕事で食いつないでいる集団と化してきました。

当然、600人全員に世間並みのお給料を払えるわけがなく、吉本芸人は大半がアルバイトをしながらお笑いの仕事を続けています。

しかし、お笑い芸人という仕事上、いきなり呼び出されたりすることもあるので、収入がいいアルバイトはできないとされています。

そんな状況ですので、反社会的勢力がイベントの余興で盛り上げてくるお笑い芸人を呼びたいとなったとき、彼らに簡単にその話に飛びつきます。

闇営業で支払われる金額は最低でも1回につき3万円以上と噂されています。お笑い芸では食べられない吉本芸人には降って湧いた美味しすぎる話なんです。

これは、本当に売れないお笑い芸人だけの話ではなく、テレビに出演したけれども鳴かず飛ばずと言った中堅芸人にも当てはまります。

とりあえず、今回、吉本興業から謹慎処分を受けた芸人のリストを下記に示します。

・吉本興業から謹慎処分を受けた芸人リスト
雨上がり決死隊 / 宮迫博之 (49歳)
ロンドンブーツ1号2号 / 田村亮 (47歳)
レイザーラモンHG (住谷正樹 / 43歳)
ガリットチュウ / 福島善成 (41歳)
くまだまさし (46歳)
ザ・パンチ・パンチ浜崎 (38歳)
天津 / 木村卓寛 (43歳)
ムーディ勝山 (39歳)
2700 / 八十島宏行 (35歳)
2700 / 常道裕史 (36歳)
ストロベビー / ディエゴ (41歳)

宮迫博之、田村亮、レイザーラモンHGクラスになれば、一回の出演料は100万円以上という破格の金額になるされています。中堅芸人なら一回で数十万円以上という金額です。

お笑い芸人は世間に顔が知れ渡っているので、簡単に副業などに手を出せないという事情があります。

宮迫博之クラスならば、お笑い芸人一本で相当の収入を得ることができますが、あまり売れていない中堅芸人は月収10万円以下という悲惨な状況とのこと。

そういう状況ならば、闇営業でもして稼ぐしかない!他の吉本芸人もやってるし、構わないやろ!という話ですね。

スポンサーリンク