Goose house 時事ネタ

Goosehouseに所属するワタナベシュウヘイさんはソロデビューしないの?

投稿日:

watanabe

久しぶりに、片平里菜がGoosehouseにゲスト出演している様です。

わたしが観たのは『最高の仕打ち』という曲だったんですけど、非常に素晴らしい曲でした。

以前、片平里菜の音楽に対する方向性について、述べた記事があるのですけれども、彼女はやっぱりギター1本弾き語りのスタイルが似合います。

関連記事:片平里菜はどこへ向かっているのか…今のままでは可能性がない…

そして、本ブログの本題なのですけれども『最高の仕打ち』を片平里菜と一緒に歌っている、男性が物凄く気になりました。

彼は『ワタナベシュウヘイさん』という方で、Goosehouseのメンバーです。

今回はその『ワタナベシュウヘイさん』について、記事を公開してみたいと思います。

スポンサードリンク


圧倒的な歌唱力!男性陣の中で飛び抜けている!

前々から、いい声をしている体格の良い男性は誰?とGoosehouseのカバーを見ていて思っていました。

いつか、ワタナベシュウヘイさんがメインで歌うカバー曲を聴いてみたい!という印象を前々から持っていたんです。

そして、片平里菜と一緒に歌った『最高の仕打ち』思っていた通り、圧倒的な歌唱力を持っていましたね。とりあえず下記の動画をご覧下さい。

何故…?ワタナベシュウヘイさんはソロ・デビューしないんでしょうね?

気になって仕方ありません。これ程の歌唱力があれば、曲にそこそこ恵まれる限り、十分にプロシンガーとして、活躍出来ると思うのですが…

以前、記事にした通り、低迷する音楽業界では、歌唱力は勿論、プラスアルファがなければ契約が出来ないのかもしれません。

関連記事:【Goose house】グースハウスは歌が本当に上手いけど、何故、ソロデビューしないの?

歌が単純に上手いだけではダメ…厳しい世界ですね。ただ、彼は『モノクロカラー』という3人組バンドの活動も並行して行っているさまですが、現在は活動を休止しているとの事。

このまま、自身の才能を発揮させるには、Goosehouseで歌い続ける事が一番かもしれません。

Goosehouseの女性陣では竹渕慶さん。男性陣ではワタナベシュウヘイさんが素晴らしい。

Goosehouseの方々は皆、優れた歌唱力を持たれています。そして、その中でも飛び抜けているのが、女性陣では竹渕慶さん。男性陣ではワタナベシュウヘイさんだと、わたしは思っています。

竹渕慶さんの記事は以前に公開しました。

関連記事:Goose Houseの竹渕慶さんの圧倒的な歌唱力と声に魅了されてしまいました。

竹渕慶さんが歌う、宇多田ヒカルの『Prisoner Of Love』のカバーは最高です。

斎藤ジョニーさんも上手いのですが、声のバランス面も考えると、やはり、ワタナベシュウヘイさんが上だと思います。

今後もGoosehouseの方々はカバーを続けていかれると思いますが、是非、ワタナベシュウヘイさんが単独で歌うカバー曲を聴いてみたいですね。

-Goose house, 時事ネタ

執筆者: