サッカー

サッカーにおけるトップ下の役割と動き方について。

投稿日:2015年5月26日 更新日:

bvb_mal_bender_sanchez_920

以前の記事でも公開させて頂きましたが、サッカーのトレンドは『ハイライン、ハイプレス』です。

最終ラインをぎりぎりまで高く設定し、全選手の距離感をコンパクトに保ち、最前線のフォワードから守備の起点を作る、運動量と連携力が高いチームが勝利を重ねる傾向になっています。

味方、相手選手とも距離感が近い中で、ボール保持率を高める事は容易ではありません。例外もありますが、大抵、サッカーの試合はボール保持率が高いチームが勝利する様にもなってきいます。

各チームとも、サッカーの試合を行う上で、ボール保持率をなるべく相手ゴール近くで高めていきたいという事は定石ともなっているのです。

ただ、シメオネ率いるアトレティコ・マドリードは少し違いますが、最近はボール保持率を高める方向にシフトしているよる様に見受けられます。

まとめますと最近のサッカーのトレンドは下記の2点になります。

  • 敵味方選手の距離感が近い。
  • 相手陣内の深い所でボール保持率を高める。

敵陣内の深い所で何故?ボール保持率を高めたいのか?

上述した通り、現代のサッカーのトレンドは『敵味方選手の距離感が近い中で、出来る限り、相手陣内の深いところでのポール保持率を高めたい』という事です。(偶に時代と逆行する戦術を採用するチームもあるますが、今回は割愛します。)

ここでのポイントは『出来るだけ、相手陣内の深い所でボール保持率を高めたい』という事です。何故?敵陣内の深い所でボール保持率を高めたいのか?これも明確な理由があります。

  • 敵陣内の深い所から守備の起点が作る事が出来る。
  • ゴール前ではないので、攻防に身長が問われない。
  • 攻撃時間が長ければ、必然的に守備の時間が減る。

バルセロナのサッカーを歪曲した形で取り入れたJリーグ関係者には耳が痛い話かもしれませんが、自陣内でボール保持率を高める事を意識しているのは、おそらく日本サッカー界だけでしょう。

ボールポゼッションの本質は、ボールを奪われた時に敵陣内で素早くプレスを掛け、ショートカウンターを仕掛ける攻守の切り替えのスピードを意識している事です。

敵陣内の深い所でボールポゼッションが出来るという事は、ボールを奪われても、素早く奪い返す人数が揃っているという事を意味します。

日本代表監督のハリルホジッチも言及していますが、日本サッカーのスピードが遅いという事の意味は『攻守の切り替えが遅い』という事を意味しています。攻撃のスピードが遅いという事ではありません。

簡単に言うと、味方ゴール近くではなく、相手ゴール近くで協力してボールを奪う。味方ゴール前ではないので、空中戦は要求されない。よって、身長差は問われず、平面でボールを巡る攻防が出来る。

ただ、味方陣内を離れ、相手陣内で守備に人数を掛けると、尋常ではない運動量が要求される。だから、極力、守備の時間を減らす為に攻撃は出来る限り、時間を掛ける。という事です。

香川真司が所属するユルゲン・クロップが率いる強い時のドルトムントは、これをゲーゲン・プレスというドイツサッカー界に強く影響を及ぼしたサッカー戦術を持って体現をしていました。

関連記事:香川真司が所属するドルトムントのゲーゲンプレスって何?

この様に、敵陣内の深い所でボール保持率を高めたいというチーム背景には、攻守の切り替えを早めたいという意図があります。

現代のトップ下にもっとも要求される技術はトラップ能力!

8b32fa06

現代のサッカーでは、トラップが上手くはないトップ下の選手は、全く必要とされません。むしろ、トラップの技術がチームで最も上手く、ずば抜けていなければ務まりません。

その理由は上述した様に、サッカーのトレンドは深い位置で長い時間、ボールを保持するという事にあるからです。

敵味方の選手間が近い中で、ボールを保持するのは高い足元のボールスキルが要求されます。特にトップ下のポジションはサッカーにおいて、敵チームの選手が最も密集する『バイタルエリア』に位置しています。

現代のサッカーで、バイタルエリアでボールを保持するという事は非常に困難な仕事になる筈です。

過去のサッカーでは、最終ラインを深く下げて、ペナルティエリア付近だけプレスを激しくすれば勝利する事は可能でした。

その時代では、トップ下の選手は味方から楽にボールを受けて、ゆっくりと前に振り向き、シュートや芸術的なパスを選択すればよかったのですが、現代サッカーで同じプレーをすれば、簡単に囲まれて潰されてしまいます。

では、バイタルエリアを避けて、比較的、プレスが緩いサイドを起点にボールを保持する選択肢はどうか?

この戦術も問題があって、サイドを起点にボールを保持するという事は、中央に位置する選手が減るという事です。目指すべきゴールは中央にあり、何らかの形でサイドから中央にボールを供給するのですが、相手に中央で奪われた場合、高いリスクを負います。

中央から起点となる敵チームのカウンターは、両サイドにボールを展開しやすいので、危険な攻撃を許す事になってしまいます。ボールを奪われた後、トップ下の選手が中央から繰り出されるカウンターの起点を素早く潰さなければなりません。

サイドを起点に攻撃を組み立てた場合、中央のバイタルエリアに位置するトップ下の選手はあまり必要とされず、サイドの攻撃の組み立てに釣り出されてしまいます。

トップ下の選手がサイドに位置している時に、中央でボールを奪われた場合、本来、真っ先にプレスを掛けなければならないトップ下の選手がサイドにいる為にプレスに行けません。

ですので、ボールを保持する事が難しくても、攻守の切り替えを考えれば、敵選手が密集するバイタルエリアの攻撃ポジションを担当しているトップ下にボールを入れ、出来る限り、中央から攻撃を組み立てなければならないのです。

ここで重要な事は、トップ下の選手が常時、相手にマークされながら味方からパスを受けなければならないという事です。

しかも、止まった状態でトップ下の選手が味方からパスをもらえるケースは殆どあり得ないので、動きながらパスを受ける事になります。サッカー経験がある方はお分かりだと思いますが、動きながらボールをトラップする事は難しいです。

レベルが高くなるほど、相手選手のマークが激しく、複数人でボールを奪いに掛かってくるので、味方から来るボールを奪われない様にトラップ出来る技術がなければ、現代サッカーではトップ下というポジションは務まりません。

ドルトムントの香川真司はこのトラップが非常に上手いです。実は香川真司のサッカー選手として最も優れている技術はトラップ技術です。味方からのパスを全速力で走りながら、絶妙な位置にボールを置くのが本当に上手いです。

関連記事:香川真司のプレースタイルについて!

香川真司は相手選手のプレスを弾き返すフィジカルがないので、その分、スピードと技術で相手選手のプレスを躱しトップ下のポジションを務めています。

ただ、現代のトップ下というポジションはあまりにも相手選手のプレスが激しいので、そこからゴールに直結するプレーを生み出すというよりも、周りの選手が自由にプレー出来る様に相手選手を引き付けるという、脇役の役割を担っています。

バイタルエリアでボールを受け、相手選手のマークを集中させて、周りの選手にボールを供給する。最終的にゴールを決める決定的な仕事をするのは、サイドから中央に入ってくる選手。

ですので、現代の花形選手、例えば、欧州最優秀選手にノミネートされるのは、フォワードやサイドの選手ばかりです。クリスチアーノ・ロナウド、エデン・アザール、アリエン・ロッベン、フランク・リべリー。

現在、プレイヤーとして最高の選手と言われるリオネル・メッシもポジションをサイドに移しています。

現代サッカーのトップ下は、はっきり言って、あまり花形のポジションではなくなりました。個人技に優れ、決定力のある選手はよりサイドに移り、サイドからチームを勝利に導くゴールを決めるケースが増えています。

ただのリンクマンですよね。最近のトップ下のポジションというのは…。

ひと昔前では、最も実力がある選手が務め、サッカーの中心とも言えるポジションでしたが、現在では、黒子として味方が動きやすい様にマークを引き付ける役割と動きを求められています。

反面、水準以上の足元の技術とトラップ能力が求められる難しいポジションです。

ドルトムントに復帰した香川真司が、以前よりも輝きを失ったというよりも、求められるトップ下の基準が変化した為、以前よりも得点などの華やかなプレーが減ってしまったのだと思います。

以上、サッカーにおけるトップ下の役割と動き方についてでした。

-サッカー

執筆者:


  1. pac より:

    いつもじっくり読ませてもらっています。サッカー初心者なので勉強になります!

  2. カリオカ より:

    2chから誘導されてきました
    初見です。
    めちゃくちゃ分かりやすいですね~
    すごく勉強になります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コートジボアールに完敗した日本代表…。まさか、緊張してたの?

Contents1 コートジボアールに完敗した日本代表…全体的にパフォーマンスが低調だったと思います。1.0.1 パスミス連発の香川真司選手!守備でも全く貢献できず…1.0.2 最終ラインが低すぎた日 …

バーゼル移籍の柿谷曜一朗は多分、通用しないでしょう…

柿谷曜一朗は、移籍したバーゼルでレギュラーの座を掴むのは難しいと思います。 かなりネガティブなタイトルを付けてしまいましたが、スイスの名門チームに移籍が決まった柿谷曜一朗選手は、多分、バーゼルでは通用 …

これがクロップの限界?最下位のドルトムントに一体、何が?

『チームが降格するという崖っぷちで、逆にアクセルを全開で踏み込んでくる様なタイプがクロップだと予想していたんですが、逆にブレーキを中途半端に踏んでしまいましたね』 ブンデスリーグも後半戦を迎えました。 …

サッカーが下手なJリーガー…個人技は世界トップクラスなのに残念です…

Contents1 サッカーで勝利する事とはどういう事か?Jリーガーには、その認識が浅いのだと思います。1.0.1 欧州の選手よりも、個人技は圧倒的に上手いJリーガー!1.0.2 個人技は下手なのに、 …

香川真司の帰還!古巣ドルトムントに電撃復帰の理由は?

Contents1 香川真司がドルトムントに復帰する理由について公開します。1.0.1 突然、急浮上した香川真司のドルトムント移籍話!1.0.2 何故、ここにきて香川真司がドルトムントに移籍するプラン …