時事ネタ

【20代後半の男性向け】転職活動中の内定辞退のやり方!5つの方法を紹介します!

投稿日:

20代後半の男性の転職活動は大変です。希望する企業に上手く転職ができれば嬉しい話ですが、思い通りにいかないのが現状です。

まだ、若い…といえども、明確なキャリアがなければ転職の決め手に欠けるというものです。

ですので、少しでも転職を早めに成功させる為に、転職活動は希望の1社だけでなく、複数の企業を並行しながら行うのが普通です。

その中で、希望ではない他の企業からの内定が決まってしまう場合もあると思います。

もちろん、入社できるのは1社だけですので、あまり気が進まないのであれば辞退しなければなりません。

転職活動中の内定を断るには?波風を立てないで内定を辞退するのはどうしたらよいのか?

ここでは、転職活動中に他の会社への内定を断る心構えを5つ紹介します!

ご縁が無くなる企業だとしても、失礼のないように辞退の意を伝えるのことは、最低限のビジネスマンとしてのマナーです。

後腐れのないようにしっかりと行いましょう。

転職活動時は内定辞退はよくある話。

転職活動時に内定辞退が発生するケースは普通にあります。

内定を提示した企業側は選考を重ねた上で決断したことですので、できれば内定を断ることは控えて欲しいというのは本音です。

ただ、転職活動者も他の企業も応募していることは想定していはずなので、仮に内定を断わられたとしても否定はすることはないはずです。

企業側の採用担当者は、通常の業務と並行して選考をしているので、その労力を考えた場合は極力、内定を断ることはして欲しくないでしょう。

しかし、厳しい転職事情の中、懸命に内定を勝ち取ろうとする転職活動者の事情も理解している筈です。

止むを得ず内定を断ることは仕方がないと理解を示してくれるはずです。

ですので、真摯な態度で内定を辞退する意をきちんと伝えましょう。

内定を受諾した場合は電話ですみやかに断る。

上述の通り、内定を辞退することは可能ですし、法的な問題などもありません。

だからといって、内定を断ることはいつでもできる。という気構えでいることは問題があります。

希望する企業が決まったり、もしくは事情により内定を断る場合はすみやかに連絡することが大切です。

これはビジネスマンとしても人としても最低限のマナーになります。せっかく、選考の上、採用を決断して頂いたので、できる限り早く辞退の意を伝えましょう。

内定辞退の意を伝える方法は電話がベストです。採用担当者の方に電話を掛けるのは気まずいので、メールで一文送るだけがいいと考えられるかもしれません。

ですが、メールは確実に相手先に伝わるか不確かな連絡手段です。そして、可能性は低いですが、採用担当者の方がメールを見落としてしまう場合もあります。

ですので、内定を断る場合は「電話連絡」で伝えることが、失礼がなく、ベストになります。

内定を断るの電話は時間帯に気を付ける。

転職活動中の内定辞退の方法として、メールなどではなく電話で伝えるということを説明しました。

ただ、電話で連絡する際に時間帯には気をつけるべきです。採用担当者は他に業務を抱えているはずなので、忙しくない時間帯に連絡をする配慮も大切です。

会社の始業時間、終業時間帯には連絡をできるだけ避ける様に配慮しましょう。

内定を断る連絡をする時間帯として、午前中ならば10:00~12:00。午後ならば13:00~16:00の間に連絡をするのが無難です。

また、昼食時間である12:00~13:00の間も避けるようにしましょう。

転職時の内定を断る理由は正直に説明する必要はない。

転職活動中に採用が決定をした内定を断ることは仕方がないことです。

ただ、そのとき困ることは「内定を断る理由」のはずです。希望の企業に内定が決まった。後から調べたら待遇面が気になった。

あまりよろしくないのですが、なんとなく採用を受けるべきではないという気持ちが出てきた。

以上の理由により内定を断ることになる場合、どんな理由で内定を断ることを採用担当者に伝えるべきか?

悩まれる方は多いと思います。結論として、内定を断る理由を「正直」に伝える必要はありません。

「重々、検討を重ねた結果、今回は辞退させて頂きます」と明確に伝えることがベストです。

そして「ご多忙の中、選考を重ねて頂いたのに大変、申し訳ございません」と謝罪の意を伝えるだけで十分です。

内定を断る理由の説明を求められるのでは?と思われるかもしれませんが、そのあたりは考える必要もありません。

採用担当者も転職活動者が複数の企業に応募していることは、理解しているはずなので、内定を断る事情などは口に出さなくても十分に理解しているはずです。

ごく稀に説明を求められる場合がありますが、そのときだけは正直に理由を説明します。

転職エージェントを利用しているのであれば、メールでOK。

転職活動をサポートする転職エージェントを利用する方も多いと思います。

職業安定所経由ではなく、民間の大手転職エージェントを利用すると手厚いサポートだけではなく、様々な視点から分析された転職候補の企業を紹介してくれます。

もし、転職エージェント経由で内定した企業への辞退を希望する場合は、直接、企業側に電話をする必要はなく、転職エージェントの担当者の方に連絡するだけOKです。

その場合、電話で伝えるのもいいですが、メールで内定辞退を伝えても大丈夫です。

ただし、希望の企業への内定が理由で辞退する場合はいいのですが、他の理由で内定を辞退する場合は転職エージェントの担当者は断る理由を深く求めてきます。

それは転職活動者を非難するために理由を深く求めている訳ではなく、転職活動者が企業に何を求めているのか?

改めてヒアリングをすることで、より転職活動者の希望に沿った企業を紹介するための材料としているのです。

ですので、包み隠さず、どんな理由でも構わないので転職エージェントの担当者には内定を断る理由をきちんと説明しましょう。

最後に

転職活動をするにあたって、意にそぐあわない内定を頂いてしまうのは多々あります。

ですが、自分の為、そして採用を頂いた企業の為に断らなけらばならない場合もあるでしょう。

大切なことは採用を頂いた企業に不愉快な思いをさせずに、しっかりと内定辞退の意を伝えることです。

お互いが納得できるように真摯に誠意を持って伝えることが大切です。

-時事ネタ

執筆者: