サッカーでトラップが上手くなる2つのコツ!この練習がおすすめです!

サッカーで上手くなるには、ボールをトラップする技術を磨くのが近道だと思います。

言い換えれば、トラップが下手な選手は上手い選手にはなれません。

早いパスや浮き球のトラップがどうしても苦手で、ボールを受けたら思うように止めることが出来ずにボールが遠くに転がってしまう…

というお悩みを抱えた方も多いと思います。

そこで、サッカーの基礎中の基礎であり、初級者〜超上級者までの差が出る、サッカーのトラップが上手くなる方法や練習方法などを紹介したいと思います。

トラップを上手くする練習方法!基本はリフティング!

パスやシュート、ドリブルはそんなに下手じゃないんだけれども、トラップが課題…という選手は多いんじゃないでしょうか?

止まった状態であれば綺麗にトラップできる。もしくは相手が寄せてこなければ、簡単にトラップできる。という人は多いと思います。

ですが、走りながらトラップをする。相手に寄せられた状態でボールを上手くトラップする。もしくは浮き球をノーバウンドでトラップする。

これが苦手という方が多いと思います。サッカー経験が長い方でも動きながらのトラップ、浮き球に対するトラップが苦手という方は多くいらっしゃいます。

もっと言いますとJ リーグの選手でも苦手な方が多いのではないのかと思います。海外リーグに比べて、Jリーグが劣っているのはボールをきちんと足元で止める技術。トラップが劣っているのではないかとも思います。

サッカーのボールトラップが難しいのは、片足の状態でボールを受けなかればならないので、身体のバランスを崩してしまうからです。

両足を踏ん張った状態でボールを受ければ、身体を支える力の反動でボールが反発してしまうので、ボールの勢いを無くす為に片足を浮かして反発力を抑えなければなりません。

これをを走りながら、相手に寄せられながらという状態で行うには、ボールコントロールと身体のバランスを優れていなければ上手くこなすことが難しいです。

その感覚を養い、サッカーのトラップを上手くする基礎的な練習が「リフティング」です。

リフティングは身体のあらゆる部分を使い、片足でボールをコントロールする感覚やボディバランスを養うトレーニングとして、うってつけです。

片足でボールをコントロールする感覚。これを養うトレーニングを続ければ、ボールトラップに関する感覚を自然に鍛えていくことが可能となります。

そして、トラップが上手くなればボールキープ力も上がりますので、しっかりと練習しましょう。

関連記事;サッカーのドリブルでキープ力を身に着ける方法について。

トラップをする瞬間、軸足を浮かせる!

ボールをトラップするとき難しいのは、片足を浮かせてインサイドなりアウトサイドでボールを受けるときバランスを崩してしまうからです。

バランスを崩して軸足に力が入ってしまうと、トラップするときに上手くボールの反動を抑えられない場合があります。

そこで、ボールをトラップするときに反動を抑える方法として、ボールを受ける瞬間に『軸足を浮かせる』という方法です。

軸足を浮かせるというのは、簡単に言うとつま先立ちになるということです。

軸足をつま先立にすることで身体の重心を不安定にさせます。重心が不安定になるのでボールを受ける側の足に力を入れることが難しくなります。

力が入りにくくなるので、ボールを受けるときの反動が自然に抑えることが可能になるんです。

このテクニックは川崎フロンターレに所属する中村憲剛選手が紹介していた方法です。

参考記事;中村憲剛が伝授! サッカーで速いボールを正確にトラップするコツ、練習で意識すべきポイント

軸足を浮かせて上体を不安定にさせることで、ボールを受けるときの反動を減らし、自然にトラップができるようにするというテクニックです。

最も難しい浮き球の胸トラップを練習する方法は?


ボールを足で処理するトラップは問題なく出来ているという選手は多いでしょう。

しかし、トラップで最も難しいのは浮き球を受ける『胸トラップ』です。

浮き球に対して簡単にヘディングをするのではなく、胸でトラップすることでマイボールにすることが確実にすることができます。

ただし、足も手も使わずに自由にコントロールができない「胸」でボールをトラップするのは本当に難しいです。

海外のプロ選手、特に身体が柔らかい黒人選手は胸トラップが非常に上手いです。

既に引退をしてしまいましたが、コートジボワール代表のディディエ・ドログバ選手は、この胸トラップがものすごく上手い選手でした。

ロングボールを走りながら胸トラップをすることを簡単にこなし、ボールをとにかく放り込めば、大抵は収めてくれるという驚異的な選手でした。

日本代表でいえば、大迫勇也選手がトラップが上手いです。

味方が出したロングフィードを相手を背負いながら確実なトラップで収めて、攻守の切り替えに貢献している姿を何度も披露しています。

早いパスや浮いたパスを確実なトラップで保持することができるのであれば、ボールを相手に与えないで攻撃の機会を増やすことが可能となります。

大迫勇也選手のように味方のパスを確実にトラップできる選手になれば、最前線のフォワードとして重宝される選手になれるかもしれません。

さて、最も難しい「胸トラップ」を上手くするにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、一人で出来る練習なのですが、自分の真上にボールを投げ、そのボールを胸トラップするという練習です。

慣れていないうちは、胸でボールを受けたときに大きくバウンドをしてしまうでしょう。

しかし、何回も繰り返しているうちに身体を上手く反らして、ボールの反動を抑えるコツが掴めると思います。

徐々に真上に投げる距離を大きくして、胸で反動を少なくボールを受けられるようになってきたら、その感覚を実践でも活かせるようになります。

胸トラップが上手くなるには、まず、胸でボールを受けたとき反動を抑える感覚を身につけるのが最優先です。

それが出来るようになってから、誰かに手伝ってもらい浮き球を放って受ける練習をしてみたり、相手を背負った状況で胸トラップをする練習をしてみてください。

ジダン、ロナウジーニョ、メッシもトラップは超一流!

サッカーにおいてトラップは非常に重要な技術になります。ジダン、ロナウジーニョ、メッシと世界最高と言われた選手は全員、トラップの技術は超一流でした。

どんなに難しいパスでも、自分がプレーしやすい場所にボールを受けることが抜群に上手いので、ボールを奪われませんし、思い通りのプレーが出来ます。

一流の選手でもドリブル、パス、ディフェンスなどが苦手という欠点を持っているのですが、トラップが苦手という選手は皆無です。

ですので、サッカーにおいてトラップの技術は絶対に磨くべきスキルですので、しっかりと練習しておきましょう!

スポンサーリンク