タマゴサミン

タマゴサミンの評判について。関節痛には全く効果がないとも言われていますが…

投稿日:

関節痛を予防・緩和させるサプリメントのタマゴサミン。

果たして本当に効果があるのか?色々と評判が飛び交っています。

関連記事:タマゴサミンの効果は嘘?何故、そのような口コミが広がるのか?

関節痛の悩みは切実です。おそらく、痛みがない方は理解が出来ないと思いますが、本当に大変なのです。

痛いだけでなく、普段、出来ていた動きが制限される…痛みが走って日常生活にも支障が出る…この意味が繰り返しますが、理解できないと思います。

実際に関節痛に悩まれている方は、なんとかしてこの悩みを解消したいと痛感している筈です。

外科に通っていても、処方されるのは湿布や軟膏だけ…ヒアルロン酸注射なども料金が高くて、困っている…

そういう事情から、関節痛を食生活、運動、サプリメントなどで解消はできないものか?

以上の経緯から、関節痛に効果があると言われている、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントはよく売れています。

そして『タマゴサミン』もその一つです。

タマゴサミンは関節痛を緩和、改善させるサプリメントとしては非常に効果が高いです。

実際にタマゴサミンの世間の評判はどうなのか?そのあたりについて公開してみたいと思います。

タマゴサミンの評判はおおむね良好です。

タマゴサミンを実際に飲まれた方の評判は、おおむね良好です。

それには、れっきとして科学的根拠もあるのですが、実際に飲まれて効果が実感できたからだと思われます。

このサプリメントは、関節痛を緩和させるクッション成分を生成する働きを促進させる効果があります。

軟骨成分を再生成させる効果は、タマゴサミンに含まれるiHA(アイハ)の働きによるものと言われています。

ヒアルロン酸のサプリメントを飲んでも、体内で有効に活用されない…

関節痛の原因は、関節の軟骨が壊れて炎症を起こしてしまうことです。

関節痛を予防・改善させるには、軟骨を保護するヒアルロン酸を生成させる働きを促さなければなりません。

病院やクリニックでは簡単に関節痛を改善させるヒアルロン酸注射を打つことが出来ます。ヒアルロン酸注射を行うことで関節をスムーズに動かさせることが可能になり、痛みも軽減させることが出来ます。

ただし、ヒアルロン酸注射にはデメリットも存在します。

  • 初期は1週間に1度の注射が必要になる。
  • ヒアルロン酸注射は1回に2,000円前後の費用が掛かる。

ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸の量を十分に維持させる為に、最初のうちは1週間に1度は打たなければなりません。

1ヵ月程度を経過して様子をみながら、ヒアルロン酸の注射頻度を加減します。

また、ヒアルロン酸注射はちょっと値段が高いです。1回につき2,000円前後も掛かるのがネックですね。

そこで、『ヒアルロン酸をサプリメントで補うことで、ヒアルロン酸注射の代わりとすることは出来ないのだろうか?

この様な背景からヒアルロン酸が配合されたサプリメントがよく売れるようになりました。

ただ…サプリメントでヒアルロン酸を摂取しても、体内でヒアルロン酸として活用されることは、殆どあり得ません…

ヒアルロン酸はアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合した、糖(ムコ多糖)です。

サプリメントとして飲んだヒアルロン酸は、消化器官を通過して小腸から吸収されるのですが、消化の途中でヒアルロン酸はブドウ糖に分解されてしまいます。

結局、体内に吸収された時点で単なるブドウ糖になってしまうので、ヒアルロン酸を飲んだとしても、効果は見込めないんですね。

ただし、タマゴサミンは違うアプローチで体内のヒアルロン酸を補い、軟骨成分を再生させることを目的として作り出されたサプリメントなんです。

ヒアルロン酸の生成をサポートするタマゴサミン。

タマゴサミンはサプリメントとして、関節痛に効果がある有効成分を摂取することではなく、違うアプローチから関節痛を改善させることを目的としていると書きました。

タマゴサミンはヒアルロン酸の生成を促す成分をサプリメントとして摂取して、関節痛を改善させることを目的としているのです。

タマゴサミンには、iHAという成分が含まれていて、このiHAが体内でのヒアルロン酸の生成を促進させます。

経口摂取(口から飲むこと)と違い、体内での作用でグルコサミン、コンドロイチンを元にヒアルロン酸を作り出させる働きを促すことが、タマゴサミンの評価に繋がっています。

この様にタマゴサミンは関節痛を改善させる有効成分を摂取するのではなく、体内での有効成分の生成を促す効果があるサプリメントとして良い評価を受けています。

-タマゴサミン

執筆者: