時事ネタ

すき屋のメニューから、もう「牛すき鍋定食」は外してもいいのでは?

投稿日:2014年12月15日 更新日:

a0002_010999

すき屋のメニューから「牛すき鍋定食」は外しちゃえば?

先月の11月27日から、すき屋は「牛すき鍋定食」を復活させました。

ただ、このメニュー店側のアルバイトから、すっごく評判が悪かったですよね。調理工程がややこしく、手間と時間が掛かる為、アルバイト泣かせのメニューとレッテルを貼られていました。

特にすき屋のワンオペ時間では、到底、このメニューを捌ききれないという事で、沢山のアルバイトの方々が逃げ出しましたよね。

…気持ちは分かるんですよ。わたしも店こそは違えど、松屋でアルバイトを年単位で経験した経緯がありますので。

関連記事:「牛すき鍋定食」のせいなの?すき家の閉店騒動に関して思う事。

まあ、過去記事で、すき屋の調理作業など、松屋に比較すれば、大したものではない。と公開しました。

この「牛すき鍋定食」騒動の結果、典型的ブラック企業とすき屋は世間で評判になり、業務改善命令、人手不足などに悩まされ、業績も悪化し、株価も大幅に下落しました。

さて、そんなすき屋の凋落の象徴とも言える「牛すき鍋定食」なのですが、また復活させた背景には何があるのでしょうか?

いや、背景などどうでもよく、わたしは「すき屋は牛すき鍋定食など復活させるべきではなかった」という見解を持っています。

今回はその件について、公開します。

スポンサードリンク


復活させた「牛すき鍋定食」の評判は?

51c74c20bfc4ac83390d930452bc2678_s

すき屋も漠然と「牛すき鍋定食」を復活させた訳ではなく、メニューを大幅に改善した様です。

その改善点は何か?

  • 具材を3割増しに変更。
  • 調理工程の大幅削減。

大まかに上記2点を改善したとの事です。特に注目に値するのが、「牛すき焼き鍋定食」の調理を客側に負担させる事でした。

客側に調理の一部を負担させれば、調理工程が大幅に削減され、すき屋の店員の負担が減るとの事です。さて、このすき屋の狙いについて、世間の方はどう捉えたのでしょうか?

…あんまり、評判は芳しくないようですね…特に多い非難は「肉を煮ている間にご飯が冷める!」という事ですね。

すき屋も「牛すき鍋定食」のご飯は、客側が要求してから提供という形にすれば良かったのに…

そもそも、そこまでして「牛すき鍋定食」を食べたいの?

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

わたし、思うんですけど、わざわざ牛丼チェーンでこういう「牛すき鍋定食」とか食べたいと思うわないんですよね…

値段だって1人前734円(税込)って、結構な金額ですよ。例えば、家族4人で食べるならば、734×4=2936円(税込)でしょう。

3000円位あれば、すき屋のお肉よりは多少、上等なもので美味しい「すき焼き」が自宅で食べる事が出来ますよ。

何だか、ママゴトみたいなメニューに牛丼以上のお金を払うなんて、勿体ない様な気がします。

店員側からも不評、客側の評価も微妙…こんなメニューを提供するメリットで何処にあるんですかね?

一部の方から怒られそうですが、もう少し、有意義にお金を使ってもいいんじゃない?と思った次第です。

以上に事から、わたしは「すき屋は牛すき鍋定食など復活させるべきではなかった」という見解を持っています。

-時事ネタ

執筆者: