時事ネタ

「牛すき鍋定食」のせいなの?すき家の閉店騒動に関して思う事。

投稿日:2014年3月27日 更新日:

a2ced6c1e97f4dc0b2459c670156cbe2_s

すき屋の閉店騒動は「牛すき鍋定食」のせいではなく、無茶な価格競争の影響でしょう。

話題になっていますね。すき家の閉店騒動。なんでも閉店理由が人員不足の為に一時閉店と発表していますが、コレ、結構、衝撃的な事件ですよね。

経営が厳しいから閉店ではなく、人が回せないから閉店…個人商店ならともかく、牛丼業界最大手のすき家の話ですからね。こういうリスクマネージメントは一番、ノウハウを持っていると思ったんですが…

なんでも、今年の2月に提供を始めた「牛すき鍋定食」といった鍋メニューの販売で、このメニューを提供するのに時間と手間がかかりすぎる事が理由で、きちんと注文を捌ききれなくなり、「やってられない!」という事でアルバイトの方々が逃げちゃったんでしょうね。

スポンサードリンク


すき家のメニューは調理と提供に手間がかかるの?

ざっと、すき家のホームページを見たんですが、確かに牛丼以外の定食では僅かながら小鉢のような一品もあり、噂の「牛すき鍋定食」のシリーズにも、卵と漬物、またはおろしポン酢が付いていますね。

ただの牛丼シリーズを提供するよりも手間が掛かる事は理解出来ます。ただ、同じ牛丼屋の松屋の方がすき家よりも、断然、調理と提供に手間が掛かると思います。

だって、松屋は牛丼には必ずセットで味噌汁を付けますし、鉄板を使用した焼き物系の定食も扱っています。そして、松家の定食は味噌汁の他に野菜もセットで提供されますからね。

しかも、何故か松屋の場合、定食なのに「おぼん」が付きません。ですので、店員が定食皿、ごはん、味噌汁、野菜の4種を個別に運ばなければならないんですよね。

慣れた店員ならば1度に客席まで簡単に運べますが、新人アルバイトの女の子には大抵、2回に分けなければ提供出来ないんですよ。

それに、定食に必ずセットで提供される野菜はあっという間に無くなりますので、時間帯を見計らい、注文を捌きながら作らねばなりません。

この野菜が結構、厄介で一皿ずつ定量を盛り付け、その上にコーンを乗せなければならず、パックを破って皿に盛りつければハイ!完成というシロモノではないんですね。

上記は、松屋の業務のホンの一例なんですが、言いたい事は松屋の業務はかなりハードという事です。

ここまで説明しませんでしたが、実は私、10年前に松屋でアルバイトをしていました(笑)しかも、その店舗はモロに繁華街で松屋売上BEST3に入る激戦区だったんです。

だからこそ、すき家のメニュー如きで逃げ出すアルバイトさんの気持ちが、私にはよく分からないんですね。

だからといって自分基準で考えず、すき家はアルバイトの方々が逃げ出す理由があるのではないかと考えています。

思ったんですけど、すき家の店員さん。少なくないですか?

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

多分、コレなんでしょうね。アルバイトの方々が逃げ出すのは、シフトを最小限で回そうとしているからなんじゃないでしょうか?

人件費を浮かそうと意図しているのがよく分かります。店舗によっては、夜の時間帯も1人回しさせているところもあると聞きました。

コレは絶対にキツイです。そして思うんですけど、いつ休憩に入るんでしょうね…。熟練の社員、アルバイトでも1人は注文を捌ききれないでしょう。まあ、そういう状況を逆に楽しむ変わった社員、アルバイトの人もいましたが…

まあ、1人は極端でしたが、最少人数で注文を捌いているのは間違いないみたいです。でもね。これは逃げ出したくなるアルバイトの方々の気持ちはよく理解出来ます。

最少人数で対応する事は本当に体力的にシンドイですよね。休憩時間外では多分、ひっきりなしに動きまわされる事になると思います。

勤務時間帯は常時、フルパワーを要求されるので正直、逃げ出したくなる事が私は何度かありました。

「もっと人を入れてよ…」と何度も思いましたね。それでも時給は良かったので学生生活が終わるまでは、なんとか逃げずに続きました。

でも、逃げる人もやっぱりいましたね。業務的には松屋はかなりハードなので仕方ないとも思いましたが。

利益確保の為に犠牲になるのは、いつも現場の人…

a64b9d401c46fce378525894c31f0226_s

牛丼業界は本当に価格競争が激しいですよね。すき家、松家、吉野家とも主力の牛丼を客寄せ用として低価格に設定して、サイドメニューや定食類で利益確保を狙っているようです。

客寄せ用の牛丼はいいんですが、現場の人達を泣かせるのは、サイドメニューや定食類ですよね。

このサイドメニューや定食類は数ヶ月単位で入れ替わります。そしてその都度、現場の社員、アルバイトが調理と提供方法を覚えていかなければなりません。

場合により、かなり手間が掛かるメニューもあるでしょう。最近は他の牛丼業界と差を付ける為に凝ったメニューが増えてきているような気がします。

そして、何より効率的に人件費を削減する為に、現場の社員やアルバイトに対する要求も厳しくなってきていると思います。

ただ、人間は真面目で優秀な人達ばかりではないので、牛丼業界が要求する水準についていけない人は大勢いるでしょうから、すき家の閉店騒動が起こったんじゃないですか?

業務水準による人員不足で店舗を休業するリスクを考えたら、すき家は価格競争以外で、他の牛丼業界と差別化を図る方法も視野に入れた方がいいと思いますよ。

※その後、「牛すき鍋定食」は復活しましたが、評判は芳しくないようです。

関連記事:すき屋のメニューから、もう「牛すき鍋定食」は外してもいいのでは?

-時事ネタ

執筆者: