体脂肪

睡眠不足はダイエットの大敵!体脂肪が付きやすくなる原因について。

投稿日:2016年12月2日 更新日:

tsuru_syouganaina-_tp_v

ダイエットに励んでいるけれども、いまいち自分が思った様に痩せてきていない…

食事制限も運動も頑張っているのに、お腹回りの体脂肪が落ちない…

こういうお悩みをお持ちの方は多いと思われます。

ダイエットを頑張っているけれども、中々、計画した様に進まない場合は、何かか間違っている可能性を疑った方がいいでしょう。

今回はその原因の一つかもしれない『睡眠不足』とダイエットの関係について公開してみたいと思います。

結論として、睡眠不足はダイエットの大敵です。睡眠不足によって体脂肪がつきやすい身体になっている可能性があるのかもしれません。

睡眠不足で体脂肪がつきやすくなる原因とは何か?

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

単純に睡眠不足が続く生活が長くなるほど、太りやすい体質になりやすいです。

睡眠不足により太りやすくなる原因は、色々な説があるんですけれども、単純に食欲が増してしまうからなんです。

少し細かい話をしますが、睡眠が不足していると食欲を増進させてしまうグレリンというホルモンが分泌されやすくなってしまいます。

いつもよりも食べているのに、なかなかお腹がいっぱいにならない状態に陥ってしまうという事なんですね。

また、睡眠不足は食欲を抑えエネルギー消費量を増やす働きをする、レプチンというホルモンの分泌を抑制してしまいます。

もう一つの太りやすくなるパターンとして、睡眠が不足しているということは、大抵、夜更かしをしている場合が多くないですか?

夜更かしをしていますと、なんだかお腹が空いて、ついつい何かを食べてしまう人も多いでしょう。ラーメンなんか最高ですよね。

これは、上述したグレリンというホルモンの分泌が増えている事が原因だと思われます。

しかも、深夜は内臓活動が弱くなっており、更に食事をした後にすぐに睡眠を取ると、内臓がしっかり休むことができません。

結果、起床後の朝食には、なんだか胃が重く、食欲が沸いてこなくなります。

朝食を抜いた生活は太りやすくなるという事はよく世間でも知られていますよね。

そういう生活を続けていると段々と食生活が不規則になり、太りやすい体質に変わっていきます。

  • 単純に睡眠不足⇒食欲が増すホルモンが分泌される。
  • 夜更かしによる食事⇒食生活が乱れて、太りやすくなってしまう。

睡眠不足により、太りやすくなってしまう理由は大まかにいうと、この2つですかね。

スポンサードリンク


睡眠不足が筋肉量の低下を招く!基礎代謝量が下がってしまう!

dc4ac93ebecb7981746383de3d67e849_s

睡眠が不足すると身体の筋肉量が下がってしまうというデータがあります。

当然、身体の筋肉量が低下すれば、基礎代謝量が下がってしまいます。

睡眠中は身体が弛緩し、血液が全身に巡りやすくなりますが、睡眠が不足すると血液の循環が悪くなり、筋肉に酸素が行き渡り難くなります。

筋肉に酸素が十分に行き渡らないと、筋肉の機能が十分に回復されないので、筋肉量が減ってしまうのです。

ですので、睡眠はしっかりと7時間以上は取るようにしましょう。

眠れない時に食事をすることは控えましょう。

4394998fd03af02e137f5a8fe686fd1a_s

眠れない…そんな状況で布団の中にいると妙にお腹が空いてくる時があります。

そういう時は、思い切って食べてしまえば眠れるかもしれない!

それで食事をしてしまう方もいると思われます。

ですが、たまにならよいのですが、何回も続けると食生活が不規則になり、過食の原因にもなってしまいます。

どうしてもお腹が空いてしまうのであれば、野菜スープ、もしくはホットミルクなどを飲むことをおすすめします。

特にホットミルクは腹持ちが良く、飲むと気持ちが落ち着くので、よく眠れる可能性もあります。

睡眠不足により、身体が消費エネルギーを抑えようとする。

51c74c20bfc4ac83390d930452bc2678_s

睡眠が不足している状況が続くのは、身体にとって良いことではないのは間違いありません。

そして、身体の防衛本能として少しでもエネルギーの消費を抑えて、摂取したカロリーを蓄えようと働きかけてきます。

こうなると、運動や食事制限をしても効率よく痩せることはできません。

日中は倦怠感を覚えやすくなり、活動量は減り、それでも食欲はしっかりとある状態になってしまい太りやすい体質になってしまいます。

スポンサードリンク


太りやすくなるだけでなく、病気のリスクも?

8ef129a0ec6d81a548e70f3e2aea7f68_s

睡眠不足はダイエットには大敵で太りやすくなってしまいますが、他にも病気になりやすくなるという危険性もあります。

免疫力の低下、生活習慣病、そして最も怖いのが精神疾患です。

睡眠不足による、感情が不安定になり、統合失調症、もっと悪化するとうつ病の危険性もあります。

睡眠不足は色々と困った問題を引き起こします。どうしても、眠れないという方はクリニックを受診して睡眠導入剤を検討されるのもよいかと思います。

…確かに睡眠不足はツラいですよね…わたしも慢性的に睡眠不足になりがちで困っていました。

対策として、スマートフォンは寝る前は出来る限り控える、カフェインはなるべく摂取しない、日中は太陽の光をたくさん浴びるなど、色々と行いました。

ダイエット中はストレスが溜まりやすく、それが原因で睡眠が満足に取れない…という状況になってしまう事もあります。

ですので、ダイエット中でも、たまには食事制限を止めてみたり、運動を控えてみたりして休養を取りリラックスすることも大切です。

睡眠をしっかりと取って、効率よくダイエットを行い体脂肪を落としていきましょう!

-体脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年になると何故、太りやすくなってしまうのでしょうか?

昔に比べて、太りやすくなった… そんな人達がいると思います。何ででしょうね。学生時代は特に意識なんかしてなくても、そこそこの体型はキープ出来ていたのに、20代を過ぎるとお腹のお肉が… 以上の理由はこの …

スロートレーニングで体脂肪を手軽に短期間で下げましょう!

『体脂肪を短期間で下げる筋トレ!それがスロートレーニングです!』 体脂肪を下げるには、ウォーキングが一番!と本ブログで公開してきました。 関連記事:体脂肪率がどうやら本気出してきた…減らすのに効果的な …

体脂肪率がどうやら本気出してきた…減らすのに効果的な有酸素運動は?

Contents1 やっぱり、効果的に体脂肪率を落とす有酸素運動はウォーキングがベターいや、ベストですね!1.0.1 運動ならば有酸素運動なんですけど…1.0.2 毎日、続けることが大切な有酸素運動! …

体脂肪を下げるインターバルトレーニングの注意点について!

『ダイエット中は食事を制限することに目がいきがちですが、継続して運動を行える様に適切な食事も必要になります』 かなりハードですが、体脂肪を下げるには効果的な運動方法としてインターバルトレーニングを紹介 …

体脂肪はどのように燃焼していくのか?

『体脂肪は代謝され、ミトコンドリア内のTCAサイクルでATPを合成します』 薄着になった。身体のラインが浮き彫りになる!余分な体脂肪が目立つ! そんな季節になりました。体脂肪が目立つのが嫌なら、運動す …