ダイエット

40代女性のダイエットは水泳じゃなく筋トレがおすすめ。その理由について。

投稿日:

40代女性のダイエット方法で人気なのは、プールで行う水泳やウォーキングです。

プールは浮力がありますので、足腰の負担が少なく、怪我をしにくいよいうメリットに加えて、消費カロリーが多いことも人気の理由だと思います。

そして、プールでは知り合いの方々がいれば、合間合間で楽しく会話をしながら運動が出来るので、長く続けやすいというメリットもあります。

ですが、わたしの周りではプールで理想的に身体が痩せた!という方はあまり聞きません。

よくても現状維持。そんなところです。

わたしは40代女性のダイエット方法として、あまりプールはおすすめ出来ません。

スポンサーリンク

40代女性は衰えた筋肉を元に戻すことがダイエットの近道!

女性は40代になると若いころに比べて筋肉が衰えてきています。₍常日頃、運動している方は別ですが…₎

筋肉が衰えてくると基礎代謝が低下してしまい、1日の総消費カロリーが少なくなります。

そして、20代の食事量では特に気にする必要がなかったけれども、加齢と共に徐々にお腹周りが気になり始める…

気がついたら、座った時にお腹の上に肉が乗っかている…。

加齢の為に基礎代謝が落ちているせいもありますが、筋肉も衰えてしまった結果、カロリーを消費しにくくなっているせいなんです。

まず、40代の女性がダイエットをするのであれば、失ってしまった筋肉を取り戻すことが最優先になります。

水泳は消費カロリーは多いですが、筋肉はつきづらいです…

水泳は身体の負担が軽く、陸上のウォーキングよりも時間あたりの消費カロリーが多い、優れた有酸素運動です。

浮力があるので、重力による関節への負荷が少なく、怪我などをした後のリハビリにもおすすめ。

問題は、重力が掛からないということは、筋肉に掛かる負荷も少なくなるということです。

筋肉の負担が少ないということは、刺激が入りにくいので筋肉がつきづらいです。

水泳、ウォーキングでカロリーを消費しても、筋肉がつかないのであれば基礎代謝量は変化しません。

水泳を行った後はお腹が空きやすいので、いつもよりも食事量が増えてしまいばちです。

結局、水泳を真面目に続けて食事制限もしっかりとしないと、ダイエットの意味がなくなってしまいます。

水泳をちょっと止めた途端にリバウンド…ということになりかねません。

衰えた筋肉を取り戻して、基礎代謝量を上げることがダイエットの近道!

膝痛や腰痛などを負っていないか限り、40代女性におすすめなダイエットは筋トレです。

負荷が軽くてもいいので、筋肉にしっかりと刺激が入るトレーニングを行い、衰えてしまった筋肉を取り戻すことに努めましょう。

時間は1回につき、30分程度で十分です。有酸素運動に様に1時間以上もトレーニングを行う必要はありません。

筋トレの場合、時間を掛け過ぎてしまうと、筋肉を分解させるコルチゾールというホルモンが分泌されます。

筋肉を付ける為に行うトレーニングとして効率が悪くなります。ですので、筋トレは短時間で十分なのです。

そして、筋トレは時間が短いですが、運動をしない日でも筋トレで傷ついた筋肉を修復させる為に新陳代謝が上がり、通常よりも基礎代謝量が上がり消費カロリーが高くなります。

筋肉への刺激が少なく、あまり傷がつかない有酸素運動の場合は、運動後に消費カロリーがアップすることはありません。

1日の消費カロリーに着目するよりも、長期的に消費カロリーが多くなる様に基礎代謝量を筋トレを行うことで上げていきましょう。

プールで行う水泳では基礎代謝量をアップすることは難しいです。

幸い、若い時の筋肉量に戻すだけであるならば、それほど時間は掛かりません。

3ヵ月間を目安にきちんと筋トレを行えば、かなりの衰えた筋肉量が回復するでしょう。

筋肉量が回復すれば基礎代謝量が上がり、日頃の食事量でも徐々に痩せていきます。

プールで行う水泳やウォーキングなどの有酸素運動は、1日で見れば消費カロリーが多い運動ですが、筋肉量が増えにくいので基礎代謝がアップしません。

食事量を増やしたりすれば、せっかく行った運動が意味のないものになったしまいます。

プールで行う水泳は膝痛、腰痛を持たれる方には優れた運動ということには間違いないです。ただ、特に怪我を抱えていない方でダイエットをしたいのであれば、おすすめは出来ません。

40代の女性がダイエットを行うのであれば、水泳などの有酸素運動よりも、基礎代謝量のアップを狙った筋トレを計画的に行っていく事をおすすめします。

-ダイエット

執筆者: