体脂肪

スポーツクラブで初心者の方が効果的に体脂肪を落とす為の方法について。

投稿日:

体脂肪を落としたくて、スポーツクラブに入会。

ただ、いきなりトレーニングルームに案内されても『何をしたらいいのかわからない…

という方は結構、いらっしゃると思います。

せっかく、お金を払っているので、きっちりと体脂肪を落としたいですよね。

そんな方の為に、スポーツクラブに入ってから体脂肪を落とすためには、何をすればよいのか?

そのあたりを公開してみたいと思います。

最初はルームランナー、エアロバイクでウォーミングアップ!

体脂肪を効果的に落とす為の手順として、無酸素運動⇒有酸素運動という流れが理想です。

ただ、いきなり無酸素運動を始めるのは、怪我をする恐れがありますので、少し身体の血流をよくする為に軽く運動をするのが効果的です。

どこのスポーツクラブ・フィットネスクラブもルームランナーとエアロバイクは設置されていると思いますので、3~5分位、軽く行いましょう。

使い方がわからなかったら、遠慮なく、インストラクターの方に聞いてください。

丁寧に使い方を解説してくれる筈ですので。

ウエイトマシンがフリーウエイトか?

体脂肪を効率よく落とす為には、無酸素運動を採り入れるのが効果的です。

ただ、今回はスポーツクラブでの体脂肪を落とす手順についての記事なので、無酸素運動を採り入れる理由は下記記事をご覧ください。

関連記事:ダイエットの誤解…最短で体脂肪率を下げるには有酸素運動だけではダメ!

さて、無酸素運動をスポーツクラブで行う場合、ウェイトマシンを使うか?それともダンベルなどのフリーウエイトを使うか?

迷うと思います。

わたしの経験では、初心者の方はフリーウエイトから始めるのがおすすめです。

その理由については⇒意外と知られていないフリーウエイトとマシンの効果の違い!!

実際、ウエイトマシンとフリーウエイトどちらも使用してトレーニングを行いましたが、フリーウエイトの方が、疲労感と筋肉痛が凄いです。

やっぱり、器具を動かす時にフリーウエイトはマシンと違い、自分でバランスを取らなければならないので、色々な部分の筋肉が鍛えられるのだと思いました。

ただ、いきなりフリーウエイトのスペースに入り、筋肉トレーニングを行うの恥ずかしい思いをするのかもしれません。

実際は誰も気にはしていないんですけど、最初は結構、周囲の目が気になります。

スポンサーリンク

フリーウエイトのやり方はどうやればいいの?

ウエイトマシンと違い、フリーウエイトは重りを自分で動かさなければならないので、トレーニング方法が分からないと思います。

本で勉強してもいいのですが、最近、筋肉トレーニングの動画を配信している方々が丁寧にフリーウエイトのやり方を説明してくれています。

ちょっと紹介しますね。

Kanekin Fitnessさんの動画は、かなり参考になります。

フリーウエイトビッグ3と言われる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフト。

初心者はこの3種目だけやればいい。という位に有名な種目です。

Kanekin Fitnessさんは、デッドリフトに思い入れが強いみたいで、かなり詳しくデッドリフトのやり方、鍛え方を解説してくれます。

北島達也さんの筋肉トレーニングの理論は、かなり参考になります。

今まで常識と思っていた筋肉トレーニングが覆される方が多いのでは?

正しく筋肉を鍛えるということは、どういうことなのか?

理論的に分かりやすく説明してくれます。

余談ですが、サッカー選手の香川真司が筋トレで失敗したと言われていますが、その原因について理解できる鍵が北島達也さんの話に含まれている気がします。

無酸素運動後は有酸素運動!特に水泳がおすすめです!

フリーウエイトを用いた筋肉トレーニングを行った後は、有酸素運動である水泳を行いましょう。

スポーツクラブには必ずプールがある筈なので、利用しない手はないです。

ルームランナー、エアロバイクでもいいのですが、景色が変わらない部屋で延々と30分以上、行うのはかなり苦痛なんですよね…

その点、水泳はプールに入っているだけで、気持ちが良く、リラックス効果もあるんです。

そして、浮力のおかげで膝や腰を痛めることはなく、消費カロリーが激しい運動を行うことが可能なので、是非、おすすめします。

無酸素運動で糖質を一気に使い、糖質をエネルギーとして燃焼させた時にできる副産物があります。

その副産物が脂肪をエネルギーに変える材料となるので、いきなり有酸素運動を行うよりも、無酸素運動で糖質を先に燃焼させた方が体脂肪を落とすことができます。

無酸素運動+有酸素運動!この組み合わせで一気に短期間で体脂肪を落とします。

関連記事:これでどう?短期間で体脂肪を劇的に落とすことに成功させた方法について。

以上の流れで、スポーツクラブの施設を上手く使い、体脂肪を落としていきましょう。

せっかくお金を払うのですから、有効に利用したいですよね。

-体脂肪

執筆者: