サッカー

サッカーで相手を背負ってボールを貰う時に、焦らないようにするには?

投稿日:2014年7月26日 更新日:

相手選手とのボールの奪い合いに慣れる事が、サッカーで相手を背負ってボールを貰う時に、焦らないようにする近道になります。

mmkyodo_wc2014_PK2014062095751002_BI_JPG_00

本日はモロにサッカーネタでしかも、個人技についての記事です。多分、殆どの方には関係ない内容ですので、ご了承ください。

さて、何で時事系のネタを得意とするわたしが、このようなネタを扱うのかというと、妙に「サッカーのボールの受け方」「ボールを貰っても焦らない方法」「背負った時のキープについて」

以上の検索ワードでこのブログに辿りつく方が多い様なので、それならば、わたしの見解を公開してもよいのかと思い記事にする事にしました。

付き合いでサッカーを始められた方は、必ず当たる壁だと思いますので、何かのお役に立てられればと思います。

スポンサードリンク


相手ゴールに背を向けてボールを貰った時、焦ったりしたら、ボールを出した方に返してしましょう!

50c947e4

MFもしくはFWの選手は、サッカーの試合中に相手ゴールに背を向けて、味方からパスを受けなければならない状況は必ずあります。

その場合、相手ゴールに近いほど、高確率で相手を背負ってボールを受けなければなりません。

初心者、もしくは上級者でも相手の守備力によっては、かなり焦ると思います。プロの選手でも、守備が上手い相手にマークに付かれるとボールを奪われる場合があります。

ですので、プロ選手でさえ焦るのだから、わたしが見解を出せる範囲ではないのです。ただ、初心者を対象にした、あくまで「基本」のやり方だけは、アドバイス出来ます。

では、初心者の方を対象に説明します。相手ゴールに背を向けている状態で、味方からパスが来た場合、多分、初心者の方は背後に相手マークが来ているか?分からないですよね。

相手選手はボールを受けるトラップ際を狙ってきます。だから、ボールを貰う時はトラップに集中しなければなりません。

しかし、相手が後ろに迫っているのか確認しながら、トラップもミスをしないで行うという技術は、初心者の方には難しいでしょう。誰もマークにこなければ、落ち着いてトラップに集中できるんですけれどね。

では、焦らずに対応してミスをせずに、ボールを奪われない為には、どうするればいいのかというとですね。

自分にボールを出した相手に、ダイレクトもしくはワントラップして、そのままボールを返してしまいます。

相手を背負っていなくても、ボールトラップとコントロールにモタモタすると、あっという間に相手が詰めてきますので、相手ゴールに背を向けた状況でボールを受ける事に自信が無い方は、ボールの出し手にボールを返してしまいましょう!

特にボランチの選手で、センターバック、サイドバックからのパスを相手ゴールを背にして受ける場合は要注意です。ここで、ボールを奪われると致命的なピンチになりますので、自信がなければ、背後に相手がいなくても、センターバックかサイドバックにボールを戻して下さい。

少し注意して頂きたい事は、味方に返すボールが自陣ゴールの方向に戻す「縦パス」になるのは問題ないんですけど、自陣ゴールに対して90°、要は「横パス」になる場合は注意が必要です。

相手選手が追わなければならない様なボールの動きは、パスカットされにくいのですが、相手選手に向かってくる様なボールは、パスカットを行い易いのです。

ですので、味方にボール戻す場合は、自陣ゴール方向にいる選手に返す事がベストです。日本代表の香川選手がよく行うプレーですね(笑)バックパスというヤツです。

下記に参考になるプレイ動画を載せます。ただ、ちょっと画像が悪いので、ご注意下さい。

相手選手を背負った状況で、ボールを味方に戻せない時は?

E69CACE794B0E59CADE4BD912013CLE38390E382A4E382A8E383ABE383B3E688A6E383AAE38399E383AA

明らかに背後から相手がスゴイ勢いで詰めてきていて、下手に味方に戻せば、そのままの勢いで戻したボールを奪いに行かれそうな状況もごく稀にあります。

また、味方にボールを返そうにも、相手選手が強く体を押し付けてくる場合、正確なパスが出来なくなる可能性もあります。

要は相手を背負ってパスを受けちゃったけれども、後ろにも返せない…ましてや、振り向くのもムリ…という状況です。

そういう状況の対処法を説明します。かなりパニックになってしまうかもしれませんが、落ち着きましょう。

そういう時は、「両手を広げて、腰を落として下さい」。腰を落として踏ん張るんです!

受けたボールに触らなくていいです。とにかく、相手選手にボールを触らせない様に腰を落として、体を張ってボールを守るんです。

踏ん張っている内に、相手もどんどん押して来ますので、頃合いをみて、前に倒れて下さい。高確率でファールを取ってくれますから。

ポイントは2秒間位、ボールを抜きにした「おしくらまんじゅう」みたいな状態に持ち込み、誰が見てもこれはファールだろう…というタイミングで相手が押してきた瞬間に倒れます。

ちょっと、汚ったないテクニックかもしれませんが、プロ選手はよく使う技です。ダイブでもないですよ。メッシ選手も本田選手もよく使うテクニックですから。

下記は参考動画です。ちょっと高度なボールテクニックも紹介していますが、その部分は気にしなくても構いません。

http://youtu.be/FluWuJvQuAs

試合中、パスを貰うと焦るという方は、体を張ってボールを守るという意識を持って下さい。

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

サッカーの初心者の方は、「ミスをすると怒られるからパスを貰いたくない」という心境になる人もいます。

そんな心構えでいる時にパスが来てしまって、あたふたした結果、パスミスやボールを奪われるというプレーをしてしまい、余計に自信を失って、パスを貰いたくなくなる…という悪循環に陥る人もいます。

よく、「ボールを貰う前にパスを出す相手を探しておけ!」とか言われると思いますが、そんな器用な事が出来るのは、試合に慣れた中級者からです。初心者にはそんな余裕はありません。

では、初心者の方はどんな心境で試合に臨めばいいのかというと、味方からボールを貰った時、とにかく「体を張ってボールを奪われないようにする」という事を意識して下さい。

チームのプレースピードを落としてしまうかもしれませんが、ボールを貰ったら、まず、奪われない事を心掛けましょう。ボールテクニックは必要ありません。体を張って相手にボールを触らせない事を意識すればいいんです。

(注)自陣ゴール付近では、無理にボールを守るより、トーキック(つまさき蹴り)でもいいので、さっさとボールを蹴り出してしまいましょう!

とにかくボールを奪われない事に専念すれば、その内、どんな状況でパスを貰っても、気持ちに余裕が出てきます。この段階で、パスを貰う前に次のプレーの予測などが出来るようになっていきます。

最初に説明した「パスを出した味方にダイレクトでパスを返してしまう」という方法も初心者の方には、選択肢の一つになります。

ですが、この方法は出来るだけ初心者の方は選ばない方がいいです。というのは、この方法だと何時までたっても、パスを貰うと焦るという心理状態を克服できませんし、相手にこのプレーを読まれる場合もあります。

サッカーで「パスを貰うと焦る」という心理状態を克服するには、相手選手との競り合いに慣れる必要があるからです。

だから、なるべく体を張ってボール守るという意識を身に着け、相手との競り合いに強くなるという過程をこなせば、「パスを貰う」と焦るという心理状態を克服出来ます。

更に「相手を背負った状態でも、パスを貰っても焦らない」という心理状態になれば、サッカー選手としては、かなり成長しています。

以上です。相手選手とのボールの奪い合いに慣れる事が、サッカーで相手を背負ってボールを貰う時に、焦らないようにする近道になります。

[amazonjs asin=”B00LBVZZ52″ locale=”JP” title=”NIKE(ナイキ) サッカー スパイク ハイパーヴェノム フェロン PREM HG-E メンズ 26.0cm メタリックゴールド hypervenom-prem-260-677586-907″]

-サッカー

執筆者: