豆知識

スカートが履けない…膝の黒ずみの原因と解消する3つの方法!

投稿日:

仕事柄、どうしても膝をついてしまい黒ずみが出来てしまう…スキニーなどのパンツが擦れて膝がカサカサする…

黒ずみなどによる膝の汚さが目立ってスカートが履けない…

暑くなる季節になってもスカートが履けなくし、水着になるのも気になって仕方がない…そんなお悩みを持つ女性は多いと思います。

スポンサーリンク

膝が黒ずむ原因について。

膝の黒ずみ…気になりますよね…

膝が黒ずんで見えているのは、古い角質が分厚くなっていることや、色素沈着などが主な原因の1つと考えられています。

膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、皮脂や汗がほとんど出ません。

膝立ちを長くしてしまったり、ぴったりしたジーンズやパンツを履いたりしたりして、膝がこすれる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまいます。

膝の黒ずみ度合いや原因などによっては、皮膚科や美容クリニックに相談すべき場合もあります。

ただ『とりあえず自分でケアをしたい』という方に、基本のお手入れ法をご紹介します。

『保湿』を心がける為にワセリンを塗る!

どちらかというと、膝の黒ずみの予防になりますが、保湿の為に白色ワセリンをまめに塗るというのもおすすめです。

ワセリンの役割は保湿で、肌の表面でバリアの役割をしてくれます。

黒ずみの原因ともなる、乾燥対策として肌に塗っておくと保湿の効果が得られます。

ワセリンは原油由来の天然成分ですので、安心して使うことが可能です。

白色ワセリンは安価で購入できますので、簡単な膝の黒ずみケアとしてはおすすめです。

マッサージをして古い角質を落とす!

ひざの黒ずみ対策として、肌の柔軟性を持たせて古い角質から新しい角質へと生まれ変わりやすい肌質へと導くことが大切です。

硬い肌は、いつまでも古い角質が剥がれず残りやすくなってしまいます。

肌を柔らかくするには保湿ケアも効果的なのですが、マッサージで肌を温めて血行を良くするのも効果的です。

マッサージを行うタイミングとしては、入浴中の体を洗っている時がお勧めです。

よく泡立てた石鹸を付けてからであれば、肌の滑りも抜群で肌に刺激を与えずにマッサージを行うことができます。

マッサージと言えば、揉んだり押したりをイメージする方が多いでしょう。

でも、ひざの黒ずみ対策としてのマッサージは、ひざに指の腹を置いて円を描くようにクルクルと優しく回していくだけで十分です。

もちろん、肌に指を固定して軽く圧を加えるのを、色々な部分に順番にやっていくのも良いでしょう。

あまり強い力をかけたり、ゴシゴシと擦ったりするなどをしてしまうと、肌への刺激で黒ずみが酷くなってしまう危険性があります。

力を加減して、肌に刺激を与え過ぎないように注意しながらマッサージを行いましょう。

専用のケア商品を一緒に使うと更に効果的!

膝の黒ずみを効果的に解消する、専用のケア商品を使用するのもおすすめです。

上記で述べた膝の気になる箇所をマッサージすると同時に専用のケア商品を使うことで、膝の黒ずみを解消できる可能性が高くなります。

膝の黒ずみを解消することで、何の抵抗もなく人前で膝を出すことも出来ますし、短いスカートも気にせずで履くことも可能となりますよ!

-豆知識

執筆者: