ニキビの原因ともなるストレスの種類について。

2019年6月5日

大人になってから出来るニキビの原因は、ストレスが強く関わっているという事を以前の記事で説明しました。

ストレスというものは日常生活を送っている限り、どうしても避けられないものです。

上手くストレスを解消できていれば問題ないのですけれども、それが上手くいかなくなると体調もそうですが、肌の調子が一気に崩れ、ニキビが出来る原因になっていきます。

関連記事:ニキビの原因がストレスと強く関係しているというこれだけの理由。

そんなストレスを解消する為には、ストレスについてよく知る事も大切です。

今回はストレスとは何か?という事でその種類と性質について説明したいと思います。

ストレスは大別すると2種類に分ける事が出来ます。

一般的にストレスとは何か?と言われれば、パッと思い浮かぶのは人間関係によるストレスだと思います。

ストレス関係の話題になると、どうしても人間関係が関連した内容になるのが多いです。ただ、ストレスというものは、人間関係の悪化などによるものだけではありません。

肉体的に不快と感じる刺激もストレスに区別する事が出来ます。例えば、暑さ、寒さ、痛み、疲労感、騒音などが挙げられます。

こうした肉体的に不快と感じさせるストレスの事を『身体的ストレス』と呼びます。

それに対して、人間関係などによる感情的な不快により発生するストレスの事を『精神的ストレス』と呼びます。

ストレスの種類は大別すると、この『身体的ストレス』『精神的ストレス』に分ける事が出来ます。

関連記事:放っておいてはダメ!ニキビの原因ともなる身体的ストレス!

他にも活性酸素、薬物、放射線などによる化学的ストレスなどもありますが、ニキビ対策として考慮すべきは『身体的ストレス』と『精神的ストレス』になります。

ストレスが積み重なる事により、皮脂の分泌が過剰になり、脂性肌になりやくなります。それだけでなく、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されると、皮膚の過角化や角質肥厚を招き、毛穴が狭くなり皮脂が詰まりやすくなります。

毛穴に皮脂や皮膚の角質が詰まり角栓になり、そこにアクネ菌やマラセチア菌が繁殖して、ニキビが出来てしまうのです。

ストレス単純な精神的ストレスのみならず、身体が不快と感じた時に発生する身体的ストレスなど様々な種類があります。

ストレス解消といっても、リラックスをするだけでなく、ストレスの原因ともなるストレッサ―に対する考慮も必要になるのです。

自律神経のバランスを崩さない様に、温度変化が激しい環境に気を付けたり、騒音などにストレスを感じた場合も何か対策を取るなど、ストレスを解消するばかりの対処ばかりでなく、ストレス原因を根治する事も大切です。

ストレスを上手に対処することで、ホルモンバランスを正常に保ち、ニキビを予防する事が出来ます。

スポンサーリンク