ダイエット

ランニングを続けているのに…体重が落ちないのは何故?その原因について。

投稿日:2017年1月25日 更新日:

ダイエットをする為にランニングを真面目に続けているのに、全く体重が落ちない…効果が感じられない…

と悩まれていらっしゃる方は多いのかもしれません。

ただ…真面目にランニングを続けていれば、体重が落ちないのは当たり前なんですよね。

有酸素運動であるランニングはダイエット運動には最適で、体脂肪を落とすには最高の運動。

体重が落ちないのはおかしい…というのは、ちょっと違う話なんです。

真面目にランニングを続けているのに、何故?体重が落ちないのか?

そのあたりについて公開してみたいと思います。

体重が落ちる=ダイエット成功の嘘。

結構、勘違いをしている人が多いのですが、体重が落ちる事とダイエットの成功は、必ずしもイコールではないんですよね。

では、なにがダイエットの成功と言える基準なのか?

それは『見た目』です。

ダイエット前よりもスッキリとして、一見して筋肉が薄っすらと見える身体になれば、それでダイエットは成功と言えるんですよ。

体重が減ったからといって、一概にダイエットが成功したとは言えません。

ダイエットはとにかく『見た目』重視です。

関連記事:ダイエットをしていて体重が落ちない…そんな事は全然、気にしなくていいんです!

では、体重が落ちたということは痩せたことにはならないの?

という疑問もあるかと思いますので、それも解説します。

脂肪と筋肉は比重が違うんです。

例えば、同じ容量の脂肪と筋肉があった場合、どちらが重いと思いますか?

知っている方は多いと思いますが、当然、脂肪よりも筋肉の方が重いんです。

同じ容量では、どのくらい違うのか?それは下記サイトをご参照ください。

参考サイト:https://www.karadakarute.jp/tanita/kcloseup/kcup39.jsp

しかも、筋肉というのは約75.6%は水分で構成されていますので、水分の摂取量でかなり筋肉の重量は増加します。

逆に脂肪には、ほとんど水分は含まれていません。

水分の摂取量に対し、重量は影響されないんですね。

ランニングを真面目に続けていれば、体重が減らないのは当然の事です。

ダイエットをする為にランニングを始められた方は、元々、ランニングに関しては初心者の方と思われます。

もしくは、しばらくランニングを行っていない方のどちらかでしょう。

そういった方々がランニングを始められて、しばらく続けていますと、下半身を中心にランニングをする事で鍛えられた筋肉が付いてくる筈です。

初期は、特に筋肉が付きやすいんですね。

運動をしばらくしていなかった方が、運動を始めて約6ヵ月くらいまでは、筋肉が付きやすいと言われています。

早い方では、2ヵ月くらいで見た目に分かる程、筋肉が付くようです。

ランニングは有酸素運動ですが、初心者には運動の負荷が高く、次の日には筋肉痛になる方もいらっしゃるかと思います。

そういう方が、真面目にランニングを続けていれば、筋肉はしっかりと付いていきますよね。

さて、話は戻るのですが、脂肪と筋肉は比重が違うと説明しました。

ですので、ランニングを続けることで筋肉が増えて、脂肪が落ちたとしても、ダイエット前よりも体重があまり変わらない。

という理屈です。

体重計と毎日、にらめっこして、ランニングをしても全然、体重が落ちていない…

こうなるのは当然の話なんです。

むしろ、順調にダイエットが進んでいる状況ですので、体重が落ちていないといって、ランニングを止めてしまうのは、勿体ないです。

ダイエットはあくまで『見た目』なので、体重の増減を気にしすぎるのはよくないですね。

-ダイエット

執筆者: