サッカー サッカー日本代表

岡崎慎司の珍ゴール炸裂!サッカーアジアカップ初戦は日本代表がパレスチナ代表に勝利!

投稿日:2015年1月12日 更新日:

mm20131120101237_450610603

『アジアカップ初戦は、日本代表、岡崎慎司の珍ゴールがみどころでした!』

連覇が懸った、サッカー日本代表のアジアカップの初戦が始まりました。

結果は4-0でパレスチナ代表に勝利する事が出来ました。正直、パレスチナ代表は日本代表と実力差がありすぎた為に、これだけのスコアの差が出たのだと思います。

ただ、日本代表のコンディションはそれほど良いという状態にみえず、少し不満が残る内容でした。もう少し、得点を獲得できた試合だとも考えられます。

まあ、ピッチの風が強く、ボールコントロールが難しい展開だという印象は受けましたが…

パレスチナ代表との日本代表の初戦の感想を公開してみたいと思います。

スポンサードリンク


日本代表のサイドアタックに苦しめられたパレスチナ代表の守備陣…

20120805_01525_sakai

パレスチナ代表の狙いは明確でした。中盤の攻防では勝ち目がないと考えた為か、自陣でしっかりと人数を掛けて守備を堅め、カウンターに勝機を見出す戦術を採ってきました。

ただ、この場面で日本代表が採用する4-3-3の布陣が活きてきます。

特に右サイドのウイングに位置する本田圭佑には、かなりパレスチナ代表のサイドバックがマンマークでタイトについていました。

ところが、同じサイドの酒井高徳が頻繁にオーバーラップを繰り返すので、パレスチナ代表の左サイドバックは2対1の数的不利に苦労させられていました。

パレスチナ代表の左サイドハーフが殆ど守備に戻らないので、結局、ボランチの選手が酒井高徳のマークに釣り出されるという状況に陥る事になります。

状況は左サイドでも同じで、長友祐都がどんどんサイドを駆け上がる為、パレスチナ代表のボランチは両サイドに釣り出されていました。

自陣でしっかりと引きこもっていたのですが、中盤の底の位置するボランチが時間と共にサイドに開かされていたので、パレスチナ代表のセンターにスペースが空き始めます。

その結果、先制点を決めた遠藤保仁は、簡単にパレスチナ代表のバイタルエリアに侵入し、狙い澄まされたミドルシュートを決める事が出来ました。

日本代表の両サイドアタックが見事に機能した結果、インサイドハーフの遠藤保仁の先制点が生まれました。

その後も、パレスチナ代表は日本代表のサイドアタックに苦しめられ、次々に追加点を許す事になります。

遠藤保仁が交代してから、ゲームは落ち着きがなく、バタバタした展開に…

endo zac2013-11

後半、得点差がついた為か、遠藤保仁が交代をしました。ただ、彼が交代してから、日本代表のゲーム展開に落ち着きがなくなりました。

パレスチナ代表に退場者が出て、数的優位になり、攻め易くなった事も拍車を掛けたと思いますが、攻撃が縦に早くなり、雑なゲーム展開を披露します。

結果、ボールを取ったり取られたり、攻守の切り替えが早くなり、見ていて面白い試合にはなったのですが、勝者が選択するゲーム展開ではなかったです。

こういう場合は、じっくりとゲームを落ち着かせて、ミリミリと攻撃を組み立てる方法がベターです。前半の様に、終始、パレスチナ代表の陣地でボールポゼッションを高める展開を選択すべきでした。

得点で大差を付けられているにもかかわらず、じっくりボールを回されると、守るチームは士気が下がります。結果、相手チームに攻め気がなくなり、攻撃が淡白になります。

ところが、得点差があっても、攻守の切り替えが目まぐるしいゲーム展開になると、相手チームの士気が落ちないんですよね…

日本代表は遠藤保仁が交代した後、パレスチナ代表と同じ土俵に上がってしまい、追加点を奪う事が出来ませんでした。

得点で相手チームより上回る事も大切ですが、相手チームの士気を削ぐ様なゲーム展開に持ち込むプレーも大事です。万が一にも、負けない為にこういう展開に持ち込めるかどうかも、強いチームの条件です。

日本代表の課題は、遠藤保仁の様にゲームの展開を読み、老獪に試合をコントロール出来る司令塔がいない事だと本日の試合を観ていて思った次第です。

香川真司は相変わらずダメ…本当にこれが実力なのでしょうか?

38d2f19d

香川真司は3得点に絡みましたが、彼のプレーは酷いものでした…。パスは荒く、トラップミスも連発、ここぞという場面でシュートを打たない…。

特に後半、得点に絶好の場面でミドルシュートが打てるのに、フェイントを選択しファウルを獲得しまたが、絶対にシュートを打つべきだったと思うシーンがありました。

プレーが消極的なんですよね。本当に香川真司からプレーの強引さがなくなりました。

関連記事:ドルトムントに所属する香川真司のプレースタイルについて!

今日の試合は実力差があったので、強引でも仕掛けて、香川真司にはかつてのリズムを取り戻して欲しかったのですが…

全盛時の香川真司からは程遠いプレーを疲労し続けています。調子が悪いのでしょうと考えていたのですが、これが彼の本当の実力なの?と最近、思い始めてきました。

幸先よくアジア杯をスタートした日本代表!連覇に向け、好発進と言えるでしょう。

E382A2E382AEE383BCE383ACE382A8E382B9E38391E3838BE383A7E383BCE383AB

内容には不満が残りますが、初戦を大差で勝てたのは、日本代表にとって、幸先よいスタートと言えるでしょう。

次戦は苦戦が予想されるイラン代表です。なんとか、勝利して予選1位を決めて貰いたいですね。

しかし、2点目の岡崎慎司の得点…彼はネタの宝庫ですね。ああいう事故得点はブラジル代表みたいな強豪に対して、決めて貰いたいですね(笑)

最後に対戦したパレスチナ代表に敬意を表します。得点差を付けられても、諦めず戦う姿勢は素晴らしかったと思いました。

明らかにタッチラインから出そうなボールを代表選手が懸命に追いかけ、その闘志を前面に押し出したプレーに大声援を送るパレスチナ人の方々に感動させられてしまいました。

勝敗と国の事情は別次元の話ですが、わたしは彼等のアジアカップでの健闘を祈りたいと思います。

以上、アジア杯初戦の日本代表VSパレスチナ代表の感想でした。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中田英寿の様なフィジカルの強さがないから、最近の日本人選手は海外で通用しない…

『中田英寿の様なサッカー選手を日本サッカー界はモデルにして、育成して貰いたいですね』 現在は引退していますが、元日本代表である中田英寿は、歴代の代表選手の中でも、1.2位を争う程にフィジカルコンタクト …

アンカーというポジションとは?アギーレ監督が採用するサッカー日本代表のシステムついて。

『アンカーを配置する目的はボールポゼッションを高める事が狙いです』 サッカー日本代表の監督がザッケローニからアギーレに代わり、用いるシステムが変更しているのは周知だと思います。 その中でも、4-3-3 …

本田圭佑選手のブラジルワールドカップ優勝宣言は、おかしい事なの?

Contents1 わたしはプロの選手の目的は勝利だと思っています。それなのにブラジルワールドカップでの日本代表の目標は、「予選突破」だとか「ベスト8」とか発言している連中こそが叩かれるべきだと思いま …

香川真司のプレースタイルについて!

香川真司のプレースタイルの特長は、パスに対するファーストタッチがもの凄く上手いところです! ブラジルワールドカップが終了しました。さて、今後はサッカークラブ間の移籍話が活発になってくると思います。 ブ …

香川真司選手はアトレティコ・マドリードに移籍する可能性はあるのか?

Contents1 わたしはアトレティコ・マドリードは香川真司選手を欲しがっていると思いますし、十分に即戦力として通用すると思います。1.0.1 アトレティコ・マドリードは、あんまりお金を持っていない …