ダイエット

二の腕や太ももがなかなか痩せない!スッキリしない!たった一つの理由。

投稿日:2017年11月14日 更新日:

体重は50kg以内なのに、二の腕や太ももが痩せない…スッキリとしていないという悩みを持つ女性は多いと思います。

そこで、もっと『食事制限をして体重を落として痩せないと…

20代の女性が陥る典型的な間違ったパターンで、無理な食事制限を行ってしまいます。

これはよくありませんのでスグに止めましょう!

また、ほっそりした二の腕と太ももを目指す事と体重は全く別の話です。

体重を気にするよりも身体の太ももや二の腕の筋肉量を増やすことを考えるべきです。

筋肉量が増えれば、二の腕、太ももなど気になる部分がスッキリする筈です。

身体をスッキリさせるには、筋肉を出来る限り落としてはダメ!

ダイエットとなると、必ず『体重ありき』で考えてしまうのはよくありません。

ここで、敢えて結論を言いますが、ダイエットの成功=体重の減少ではないということ。体重はあくまで目安であって、ダイエット成功の本質ではありません。

ところで、みなさんはダイエットの成功とは?どういう事がおわかりでしょうか?

そうですよね。『身体の体脂肪が落ちる!』この事に尽きます。

身体の体脂肪が落ちれば、引き締まった綺麗なスタイルになれる!確かにそうだと思います。

問題は、体脂肪だけならばいのですが、筋肉を落としてしまっては綺麗なスタイルにはなれないという事です。

よくあるパターンですが、体重が50kgを超えた…お腹回りも気になるし、二の腕や太ももがダルんダルん…ちょっと頑張って、食事制限をして痩せないと…

違います。違います。体重を気にして無理な食事制限を行っても、二の腕、太ももはスッキリしないということなんです。

無理な食事制限で体重が落ちているということは、確実に筋肉量が落ちています。

体脂肪よりも筋肉の方が重いので、体重が激減した場合、体脂肪だけでなく筋肉量もかなり減っていると考えた方がいいです。

筋肉量が減るということは、基礎代謝が落ちてしまいますし、見た目もスッキリとしないんです。

目指すべきは、出来るだけ体重の減少を抑えながら体脂肪を減らし、出来る限り筋肉量を維持しながらスッキリとした身体を目指していくことです。

同じ重さでも、体脂肪と筋肉の大きさは全然、違います!

体脂肪と筋肉。同じ大きさならば重いのは、当然、筋肉です。

具体的に説明しますと、スーパーで売っている2ℓのペットボトルに、気持ち悪いですが、仮に人間の脂肪と筋肉をそれぞれ、ギュウギュウに詰め込んだとします。

そして実際にそれぞれの重さはどれだけ違うのか?それは『400g』です。

では、違った面から見ていきます。例えば、脂肪と筋肉がそれぞれ1kgあったならば、その大きさはどれくらい違うのでしょうか?

答えは『約2割』脂肪の方が大きくなります。

下記のサイトでは、もう少し、分かりやすく脂肪と筋肉の関係についてまとめられています。

参考サイト:脂肪は軽く、筋肉は重い?タニタの健康応援ネット

体重を気にせず、運動を中心に『見た目』を気にしましょう!

体重を気にして、ムリな食事制限を行うと体脂肪は落ちますが当然、筋肉も落ちてしまいます。

身体の筋肉を落としてしまえば、運動量も消費カロリーも基礎代謝も落ちて痩せにくくなりますし、ぽっちゃりとした体型になりがちです。

要は、運動をせずキツイ食事制限でだけで痩せた身体は、ずっ~と、キツイ食事制限を続けないと痩せた身体を維持する事は出来ません。

しかも、悪影響も出てくるでしょう。食事量が減ればタンパク質の摂取量が減り、カルシウムなどのミネラル、あるいはビタミンの摂取量も減るでしょう。

そうなると骨が脆くなったり、肌の調子が悪くなったり、抜け毛が激しくなったり…色々とキリがありません。

ですので、体重を気にしてスグに食事制限…という短絡的な考えは止めた方がいいです。

例えば、女性で体重50kgというのは、別に太っているとは思えません。

体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数。要はBMIですよね。それで考えてみましょう。

BMIの計算式 BMI= 体重kg ÷ (身長m)2

適正体重= (身長m)2 ×22

身長160cmとした場合 適正体重=56.32kg

身長155cmとした場合 適正体重=52.86kg

身長150cmとした場合 適正体重=49.50kg

参考サイト:BMI 計算

女性の身長は160cm、155cm、150cmと3種類に分けて計算してみました。

結論として、女性で体重50kgは身長が150cm前後の方でも、太ってはいません。160cmの方ならば『低体重』に分類されてしまいます。

ですので、体重50kg前後とか、あまり気にせず。見た目!見た目!を気にする事です。

ダイエットをするのであれば、過度な食制制限は控えて、運動をどんどん取り入れて筋肉を付けていきましょう。

最初はウォーキングなどから、始めてみてはどうでしょうか?ちょっと注意点がありますが…

結果として、体重はあまりダイエット前と変化しないかもしれませんが、見た目は明らかにスリムでキュッと引き締まった太もも、二の腕、お腹回りになっている筈です。

筋肉を付ければ、コンパクトな身体になるという事は上述した通りです。

更に筋肉が増えて、動きが機敏になり、消費カロリー、基礎代謝も増えて、多少の食事量の変化に対しても、太りにくい身体になります。

女性の身体は、体重ではなく、見た目です。50kgもある…とか太っているとか嘆かないでください。

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイエット中に生理が止まった…そんな方は読んでください。原因を説明します!

ダイエットの為に食事制限、運動を励んでいたら、生理が止まっている! せっかく、順調にダイエットを続けられていたのに、生理不順がきてしまうと不安になりますよね… イエットを継続していく中で、生理がなんで …

no image

血糖値をコントロールする事がダイエットの成功方法!

『炭水化物や糖分の摂取は適度に考え、運動を上手く取り入れながら、血糖値をコントロールしてダイエットを成功させましょう!』 ダイエットの成功のカギを握っているのは『血糖値』を上手く管理する事が大切です。 …

no image

加圧シャツは着ているだけで痩せる効果が?本当のところはどうなのでしょう?

最近、加圧シャツという商品の広告を目にする方は多いと思います。 着ているだけで痩せる?筋肉が付く?などの効果をウリにしている商品が多い?気がしないでもないですね。 では、実際に加圧シャツは『着ているだ …

no image

ダイエットでリバウンドを防止する方法について!

多少、時間は掛かりますが、ダイエットでリバウンドを防止する方法について公開したいと思います。 とはいえ、ダイエットを成功させ、体脂肪を落としてスリムな身体になりたいという方は、『短期間』で痩せたいです …

no image

身体が硬いと起こるダイエットに悪影響なことを3つ公開します。

股割り!じゃなくて、最近、開脚前屈があんまり出来なくなってしまいました…。 明らかに身体が硬くなっていますね。学生時代は胸がぺったり床についたんですけどね。歳をとったのかなぁ。運動らしい運動をしていな …