サッカー サッカー日本代表

ネイマールが凄いのではなく、日本代表が弱すぎるだけ…ブラジル代表に4-0の惨敗…

投稿日:2014年10月14日 更新日:

ネイマールが凄いというより、日本代表が弱すぎた為にブラジル代表に惨敗した試合でした。

PN2013061001001320.-.-.CI0003

いや~、酷い試合でしたね。シンガポールでのブラジル代表戦…

日本代表はネイマールに好き放題にやられて、彼に4得点を許しました。そして試合内容もあまりにも、レベルが違いすぎる結果を見せつけられる事になりましたね。

世界中のプロサッカー選手から選ばれたチームで活躍する人達、日本人と格安の外国人で構成されるチームで活躍する人達。その差が如実に表れた試合内容と言ってもいいかもしれません。

そして、日本代表は今日は運が良かったかもしれません。試合内容から考えれば、もっと得点を取られてもおかしくない試合展開でした。

要は、日本代表はコテンパンにブラジル代表に敗れたという事です。完敗ですね。期待していた柴崎岳は、この試合のワーストと言われても仕方がないプレー内容でした。

唯一の収穫は塩谷司と森重真人は及第点で、途中出場の武藤嘉紀は、海外に移籍しても柿谷曜一朗よりは活躍出来そうなプレーが見られた事です。

関連記事:バーゼル移籍の柿谷曜一朗は多分、通用しないでしょう…

スポンサードリンク


思いっきり失望させてくれた柴崎岳のプレー内容…

E69FB4E5B48E2014E38399E3838DE382BAE382A8E383A9E688A6E8A9A6E59088E5BE8C

ジャマイカ代表との試合では、結構、良かったんですけどね…。でも、やっぱり海外で活躍出来そうな器ではない選手という事が、ブラジル代表との試合で分かりました。

関連記事:吉田麻也はもういらない!日本代表!ジャマイカに完封勝利!

前回の記事で彼を褒めちぎった事を非常に後悔しています…。彼はアジア程度では通用するでしょうけど、強豪国との試合では役に立たない選手ですね。

ましてや、海外に移籍して活躍する事も難しいでしょう。ある意味、限界が見えてしまいました。

ただ、柴崎岳は手を抜いていたとう訳では無く、それこそ懸命な戦っていたでしょう。だからこそ、彼のプロサッカー選手としての力量が残酷なまでに露呈してしまいました。

攻撃では、ブラジル代表のプレスに耐え切れずに簡単にボールをロスト…。守備ではネイマール、ウィリアンの動きに全くついていけず、好き放題にプレーをさせていました。

プレスの当たりは弱く、プレーの予測も遅すぎるので、守備はただ、バタバタと走らさせられるだけに終始するだけ…

Jリーグの日本人と世界トップクラスの選手のプレービジョン、球際の強さで圧倒的に差があり過ぎましたね。

柴崎岳は何が足らなかったというと、

攻撃時はもっと動いて、動きながらボールを受ける意識が足りません。

守備時は相手プレーの予測、そしてボールホルダーにかわされても今まで以上に激しくチェックしに行く意識が足りません。

ネイマール、ウィリアンなどのクラスの選手は、所属するクラブチームでもっと激しいチェックを受けています。

まあ、Jリーグが主戦場では、それを身に付けるのは難しいと思いますが…では、今から海外で実力を磨くには…遅いかもしれませんね。オファーが来るかどうかも分かりませんし…

数少ない攻撃の形を作っていた酒井高徳!

20120805_01525_sakai

左サイドバックの酒井高徳は健闘していました。彼と岡崎慎司で何度かカウンターを効果的に仕掛けていました。

ただ、周りのフォローが遅くて、得点までは至らず、勿体なかったですね。それにしても、酒井高徳はドリブルが妙に上手いですね。

ブラジル代表の選手を綺麗なフェイントで何度もかわしていました。惜しいのは、酒井高徳はちょっとプレーが軽いところが欠点です。

パスミスが目立ち、守備でもネイマールに完璧に裏を取られたり、ドリブルでも抜かれていました。

思うんですが、酒井高徳はサイドバックよりもウイングの方が、適正ポジションではないでしょうか?

センタリングもそこそこ鋭く、一人でドリブルを仕掛けられる技術も持っています。反面、守備はお世辞にも上手いとは言えませんので、本田圭佑の控えでも起用出来ますよね。

選手として惜しい人だと思います。もう少し、プレーの精度を上げて、守備を改善すれば、もうワンランク上のサイドバックとして認知されると思うんですが…

ただ、ロシアワールドカップ向けた、日本代表の左サイドバックのスタメンに、最も近い選手だと思われます。

ブラジル代表相手でも、1対1で負けていなかった武藤嘉紀!

MutoVenezuela140910

武藤嘉紀は一刻も早く、海外移籍をした方がいいと思います。

バイタルエリアでは、トップクラスのチーム対戦だと、簡単にプレーさせてくれないという事を早く体験してきた方がいいと思います。

Jリーグレベルでは、プレスが弱いので、バイタルエリアでもプレーを選択する時間が持てると思いますが、海外の強豪国では、そんな余裕は与えてくれません。

本日は途中出場でしたが、何度もブラジル代表のプレスを制し、バイタルエリアにドリブルで侵入していました。

驚いたのが、ブラジル代表相手でも武藤嘉紀は激しいチェックを受けても、ボールをロストするどころか、前に向いてドリブルが出来ていた事です。

文章だと上手く伝えきれないんですが、あのブラジル代表を相手にまわして、チェックを受けながら、バイタルエリアまでドリブル出来る選手は海外でもそうそうはいませんよ。

ただ、守備が集中するバイタルエリア(しかも、ブラジル代表)では、まだプレー判断が甘いですね。

しかし、これは経験の問題だと思いますので、もう少しレベルの高い環境、つまり海外で揉まれた方が武藤嘉紀と日本代表にとっては、プラスになる筈です。

…でも、本当に驚きました。武藤嘉紀はフィジカルが日本人では規格外なのですかね?

惜しいのは、もっと早く厳しい環境でプレー出来ていれば、とんでもない選手になっていたかもしれません。

本田圭佑、香川真司を上回る、スケールが大きい選手になれたかもしれませんね。

ネイマールはプレスが緩くて、楽々とプレー出来たでしょう…

8893c668

今日の試合はネイマールが4得点と凄まじいプレーをした様に思えますが、単に日本代表の守備が弱かっただけです。

中盤の守備は最悪の出来でした。特にアンカーの田口泰士は、このレベルの相手では出場してはいけないレベルだと思います。

柴崎岳、森岡亮太はオスカル、ウィリアン、ネイマールに対して、プレスが緩すぎ。そして、アンカーの田口泰士は試合に出てたの?と思える位にバイタルエリアをケアしていませんでした。

Jリーグだったら、問題ない対処法でも、世界最高峰の選手達を相手では通用しません。

中盤で守備が全然、機能していないので、日本代表の最終ラインはどんどん下げるハメになっていましたね。

そして試合を通して、日本代表が最も悪かったプレーは、ボールの奪われた後の対処が悪すぎた事です。

まあ、ブラジル代表の基本的な攻撃方法は、自陣でしっかりと守備ブロックを構成し、ボールを奪ったら素早くカウンターというやり方ですが、あまりにも狙い通りにやられていました。

問題は前線の選手がボールを奪われた、もしくはセカンドボールを拾われた時に、パスを出す選手、パスを受けた選手に対して、全然、チェックに行っていないんですよね。

特に柴崎岳がボールを奪われて、ネイマールに2得点目を与えたシーンは、不用意なプレーをした柴崎岳にも問題はありますが、奪われた後に、簡単にネイマールに決定的なパスをさせた事です。

本来、こういう場合は、アンカーの田口泰士が後方で常時、味方がボールをいつ奪われるのか?チェックをしていなければならないんですよ。

バルセロナでプレーをするブスケッツは、アンカーとして最終ラインと中盤の間で、常時、味方がボールを奪われた時、奪った選手にすぐにチェックを出来るような意識とポジショニングをしています。

柴崎岳がボールを奪われた時、アンカーの田口泰士がすぐに奪った選手にチェックに行かなければならないのに、それを怠った事が非常に問題でした。

遅攻では、緩いプレス…速攻では、殆どノーマーク…こんな状態では、妙に得点力はあるネイマールにとっては、楽過ぎて仕方がなかったでしょうね。

よくよく考えると、実はネイマールに単独で崩されたシーンは皆無でした。4得点は日本代表のミスと味方からのプレゼントパスを決めただけだったんですよね。

…それと、GKは川島英嗣はやっぱりダメです。ネイマールの3得点目は彼のミスです。相手シュートを弾いたのはいいんですが、ネイマールの目の前に弾くのは頂けません…

アレは外に弾くでしょう…。何で西川周作を起用しなかったんですかね…。

という事で、ネイマールが凄いというより、日本代表が弱すぎた為に惨敗した、キリンチャレンジカップ2014のブラジル代表戦でした。

もっと、書きたい事はありますが、この辺にしておきます。

追記として、ネイマールに好き放題やられた日本代表でしたが、以前、彼をたった一人で抑え込んだ内田篤人は凄かったんですね…彼が招集されていないのが残念でした。

関連記事:容姿端麗!でも彼女の噂が殆ど立たない内田篤人のプレースタイルについて!

以上です。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: