2014 ワールドカップ サッカー サッカー日本代表

日本代表…コロンビアに完敗…試合を壊した今野選手の痛恨のPK…

投稿日:2014年6月25日 更新日:

次回の日本代表は、吉田&今野選手のようなミスを恐れる情けない選手は外して、闘莉王、大久保、本田選手のように「気持ちが強い」戦える選手を選んで欲しいです。

61169hp2

何故、森重選手ではなく、今野選手を使ったのよ…今野選手は完全にMWP(モスト・ワースト・プレイヤー)でした!

2014年。ブラジルワールドカップ。日本代表のグループリーグ最終戦。コロンビアに4-1と完敗しました。

非常に残念な結果になってしまいましたね。ただ、試合結果ほど日本代表とコロンビア代表の差はなかったと思います。

前半早々に今野選手の不用意なタックルがPKを取られた瞬間、日本のゲームプランは完全に壊れてしまったのでしょう。何やってるのよ…ホントに…。

しかも、今野選手は「あれは誤審!」と完全に開き直ったコメントをしています。リプレイみても完全に相手の足を刈っている完璧なファールでしたけどね…。

大体、プロの選手だったら、審判の誤審も考慮してプレーすべきでしょう。…最低の選手です。こんな選手が日本代表なんだから、負けたのも必然だと思いましたよ。

振り返ると、初戦のコートジボアール戦で本田選手の先制点を守り切れなかった事が、日本代表の命運を分けてしまったのかな。

今回の日本代表は最後の最後まで、弱点とされた最低のDF陣に足を引っ張られてしまいました。

とりあえず、わたしがブラジルワールドカップの日本代表の戦いぶりを観て思った感想を公開してみます。

スポンサードリンク


戦う意志がはっきりいって、弱かったのでは?

aa4430a01c3160502eb410651af6713e-o

日本代表の個人技術は決して、低くはないと思います。それは、コートジボアール、ギリシャ、コロンビアにも負けてはいないと、わたしは思っています。

ただ、格闘技ではないんですが、「戦う意志」が他の国に比べて、日本代表は弱かったのではないか?とも考えてしまいました。

結果が大きい試合になると、どうしても勝負を分けるのは「気持ち」だと思うんですよね。試合に勝ちたいという「気持ち」は、小手先の技術など簡単に凌駕してしまうと思います。

そういう意味で、本当に「戦える選手」が日本代表には少なかったと思いました。

わたしが「戦えていた選手」と思えたのは、大久保選手と長谷部選手、本田選手だけだったと見ています。

では、他の選手は手を抜いていたのか?というと、そういう訳ではなくて、自分の意志を強く持ち、リスクを負う覚悟でプレーしていた選手が上記の選手だけだったということです。

正直、表現が難しいです。ミスを恐れるんではなく、自分が試合を決める!陳腐な表現ですが、そういう気持ちを持った選手が「戦える選手」と補足しておきます。

そう考えると、前回のワールドカップのDF陣は「戦える選手」がいて、心強かったですよね。闘莉王&中澤選手のセンターバック陣は本当に強かったです。

闘莉王&中澤選手はどんなチームに対しても、「どんな攻撃も跳ね返す!」という気持ちがひしひしと伝わってきましたよね。

あえて、名前は出しませんが、今回の日本代表のセンターバック陣は史上最低レベルだったと思いました。

ミスばかり恐れて、意地でも失点させないという「気持ち」が全然、伝わってきません。PKを与えた今野選手に至っては、試合前に「南米のチームと戦いたくない」と公言していましたよね。

こんなセンターバックを起用するのもおかしいんですよ。試合前から弱気でどうするの?と思った次第です。

焦る気持ちが強かったのか?無謀なロングボールを多用する日本代表…

今野選手のおかげで、それまでは順調にコロンビア代表に対して、いい形で攻め込んでいた日本代表の歯車が狂ってしまったのだと思います。

ワールドカップに出場してくるレベルのチームに対して、失点を取り返す事は容易ではありません。

はっきり言って、このレベルの試合になってくると先制点を獲得したチームが圧倒的に有利になります。

案の定、絶対に勝利しなければならない日本代表は、縦に縦に早く攻め過ぎていたような気がしました。大久保選手、岡崎選手が積極的に裏を狙っていましたが、あまりに簡単に彼らに精度の悪いパスを放り込み過ぎていたと思います。

しかし、日本代表の置かれた状況を考えると縦に急がなければならなかったと思います。その結果、しっかりボールを保持した厚みのある攻撃は殆ど出来ていませんでした。

失点を恐れるあまり、ズルズルと下がる最終ライン…

前半の終盤に岡崎選手が同点弾を決めた事で、後半はかなり日本代表に期待が持てました。ただ、予選突破は決まっているのに、コロンビア代表は全く手を抜いてくれませんでしたね。

後半に入り、主力選手を入れ替えてきて、完全に勝ちに来ていました。後半が始まるとコロンビア代表がボールを保持する時間が長くなり、日本代表の悪い癖で、またズルズルと最終ラインを下げてしまったんですね。

その結果、日本代表は押し込まれてしまい、試合の主導権はコロンビア代表に移っていきました。

その後、やっぱりコロンビア代表に勝ち越し点を許す事になります。まあ、本田選手の不用意なミスが起点となった失点でしたが、いかんせん、吉田選手のカバーリングが悪すぎます。

彼は本当に肝心なところで、ボールウォッチャーになりますよね…。いや、自分のミスで失点という形が怖いから、失点に関与するプレイには関わるのを本能的に怖がっているのでしょうか?

最後はいつものパターン!カウンターで簡単に最終ラインを破られ失点を重ねる!

勝ち越し点をコロンビア代表に許してしまい、完全に窮地に陥った日本代表は、無謀な攻撃を終始するしかありませんでした。

絶不調の香川選手も少しは意地を見せていたようですが、ことごとく決定機を外し、シュートも弱かったです。正直、コロンビア代表は日本の10番よりも、大久保選手の方が圧倒的に怖かったと思いますよ。

結局、ブラジルワールドカップ全試合を通じて、何のインパクトも残せないまま、香川選手は途中交代となりました。香川選手はどうしてこんなにも不調だったのでしょうか?

不用意なパスミス、怠慢な守備、何もいいところがなかったです。何をしにブラジルワールドカップに来たんでしょうかね?

話を戻しまして、同点に追いつかなければならない日本代表は失点覚悟で攻撃に出ました。ただ、やっぱりこういう時は得点が入りません。

そして、ボールを奪われ、カウンターの餌食といういつものパターンです。吉田選手は綺麗に相手のフェイントに引っかかり、無様に何度も抜かれて失点を許していました。

コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手は吉田選手に感謝しているかもしれません。彼の低レベルなディフェンスのおかげで、自分の個人技が際立ち、それなりのチームからのオファーを貰う為の最高のパフォーマンスが披露できたハズですから。

次の日本代表には気持ちが強く、一対一が強い選手の選考を!

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

ザッケローニ監督が初めて指揮を執った試合は、メッシ選手がいたアルゼンチン代表でした。あの時は、あのアルゼンチンに勝利した事で、今回の日本代表は歴代で最強かも?と感じたものです。

その4年後。こんな無様な結果で終わるとは…とても、予想が出来ませんでした。

まあ、遠藤&長谷部選手の世代交代が難しかった事。ザッケローニ監督のセンターバックの選考がおかしかった事が致命的に響いた結果だと思います。

次回の日本代表は、ミスを恐れる情けない選手は海外組でも外して、闘莉王、大久保、本田選手のように「気持ちが強い」戦える選手を選んで欲しいです。

そして、出来れば海外の選手に対して、一対一が強く、競り合いに滅法つよい選手を選んで欲しいです。今更ですが、今大会の日本代表を観てて思った事は、ボールの競り合いに弱すぎる…という事です。

その辺りを考慮されて、選考された次回の日本代表を楽しみにしたいですね。

今回の記事は、日本代表があまりにも不甲斐なくて、お見苦しい表現があるかもしれませんが、ご了承ください。

-2014 ワールドカップ, サッカー, サッカー日本代表

執筆者: