2014 ワールドカップ サッカー サッカー日本代表

日本代表…ギリシャ戦引分け…ザッケローニの不可解な采配…

投稿日:2014年6月20日 更新日:

ワールドカップは予選敗退だったけど、ザッケローニ監督のサッカーは面白かった。とわたし達の心に残してもらいたいものです。

822d1e16

2014年ブラジルワールドカップ。日本代表VSギリシャ戦は0-0の引分けという、何とも後味が悪い結果に終わりました。

徹夜をされて、この試合を観戦していた方は多くいらっしゃったと思います。ただ、試合内容はまた、言葉にし難い展開でしたね。

これで、日本代表はブラジルワールドカップの予選突破は難しくなったと思います。まあ、ギリシャは守備が堅かったですよ。

そういう意味では、引分けではなく、勝利が欲しかった日本代表の相手としては運がなかったと思いました。

ただ、ギリシャ代表が健闘したというよりも、日本代表の采配と気持ちに色々と疑念が見受けられましたので、その辺りを公開してみたいと思います。

スポンサードリンク


驚きの香川真司選手ベンチスタート!ただ、意外にもこの起用方法は間違ってなかった!

95093d08

日本代表のギリシャ戦、スターティングメンバー発表で香川真司選手がベンチスタートという事は驚いた方が多かったと思います。

私も驚きました。この試合に対する香川真司選手の意気込みは、かなり高かかったようなので、コートジボアールの戦犯と言っても過言ではない香川選手の奮起に期待をしていましたから。

関連記事:完敗の日本代表と絶不調の香川真司選手…。まさか、緊張してたの?

レギュラーメンバーの名前に香川真司選手はなく、代わりに大久保選手が起用されていました。また、いつもの日本代表では右サイドのレギュラーを務めていた岡崎選手が左サイド、大久保選手が右サイドという布陣でした。

まず、このザッケローニ監督の采配が理解に苦しみました。ワールドカップ本番で、今まで培ってきたフォーメーションを変化させる事はあまり肯定出来ません。

岡崎選手は運動量もあり、守備への貢献度も高いのですが、攻撃の起点になる選手ではありません。後ろの長友選手をオーバーラップをさせる時間を作るプレイは、出来るとは思いませんでした。

ただ試合が始まってみれば、岡崎選手は意外にも左サイドをそつなくこなしていました。そして、右サイドの大久保選手がとにかく大当たりでしたね。

何回か大久保選手はドリブルで右サイドを切り崩し、チャンスを作っていましたから。

しかし、なんで香川選手はベンチスタートだったのでしょうか?後半から出場したんですが、どこか怪我をしたという様子でもなかったみたいですが…。

まあ、はっきり言って、香川選手の不在はあまり日本代表に悪い影響を与えていなかったと思います。前線では1トップの大迫選手が効果的なポストプレイをしていたので、序盤は日本代表のリズムはそんなに悪くはなかったんですが…

かえって嫌な予感が強くなってしまった…ギリシャのカツラニス選手の退場…

前半、早々にギリシャのMFカツラニス選手が累積警告で退場しました。普通はこれで日本が有利!と思うはずなんですが、わたしを含めて多くの方が、嫌な予感を抱いたと思います…

嫌な予感は的中して、人数が減ったギリシャ代表は自陣に深く引きこもってしまいました…。

ただでさえ、堅守が売りのギリシャ代表がきっちりと引いて守り始めてしまったので、日本代表はここから苦しい時間が続く事になってしまいます。

この時点でギリシャ代表は、日本代表との試合は引分けでも御の字。というような試合展開をする事になります。

そして、前半まではギリシャ代表は人数が少ない事を感じさせない、気迫のこもったプレーを継続して、度々、日本代表のゴールを脅かしていました。

しかし、日本代表はやっぱり競り合いに弱いですね。人数が少ないギリシャ代表の選手に体格にモノをいわせたドリブル突破を何度も許していましたね。

ボランチの山口選手は、前がかりになった日本代表に対する、ギリシャ代表のカウンターの起点を潰さなければならなかったのに、何回も振り切られていました。

正直、わたしはボランチとして山口選手はそんなにレベルの高い選手だとは思えません。彼はどうも最終ラインに貼りつく事を優先しているようで、相手の攻撃を遅らさせるという事の意識が低いように思えるんです。

ギリシャ代表は人数が少ないのだから、吉田選手と今野選手だけで守れると信じて、積極的に山口選手はギリシャ代表のカウンターの起点の選手を潰しにいくべきでした。

カウンターを恐れて、いつもの細かいパス回しで崩せない日本代表…

ギリシャ代表の方が人数が少なく、自陣にがっちりと引きこもっているのに、日本代表のゴール前の崩しは、精度が著しく低いロングボールばっかりでした。

ギリシャ代表は背の高い選手が多く、ゴール前の競り合いは滅法つよい印象を受けました。わたしですら、そう思ったので、実際にプレーする日本代表の選手はもっと強く感じた筈です。

それなのに、カウンターが怖かったのでしょうか?サイドからロングボールをゴール前に流し込む崩しが殆どだったんですよ。

相手のゴール前で細かくショートパスを繋いで、相手のDFを崩していく。従来の日本代表はこの崩し方がお家芸だったと思います。

それが、全く出来ていませんでした。いや、行う勇気がなかったのかな?日本代表の細かいショートパスは技術と集中力が要求されます。もちろん、人数も掛けなければ出来ません。

実は、かなりリスクが高い攻撃方法なんですよね。うっかりミスをしてボールをゴール前で奪われれば、格好のカウンターの餌食になりますから。

ギリシャ代表も明らかに日本代表にショートパスを繋がさせて、ミスを待っているような守り方をしていました。

後半開始から少しして、香川選手が入ってきましたが、結局は彼の見せ場は皆無でした。

頼みの綱は吉田選手のパワープレイ?本来の姿を忘れた日本代表…

yoshidamaya3

ザッケローニ監督は、簡単には信念を変えない人だと思っていました。今までの日本代表の試合を観ていても、状況が明らかに悪いと思える場面でも、そう簡単にはやり方を変化させないんですよね。

少し流れが悪くなると、すぐにやり方を弄りまわした結果、自滅していた元マンチェスターユナイテッドのモイーズ監督よりは肝の据わった指揮官だと思っていたんです。

でも、ここ一番の場面で結局は、メッキが剥がれたというか…馬脚を現してしまったようですね。

日本代表は結局、人数が少なくなったギリシャ代表の堅守を崩し切る事が出来ませんでした。そして、最終の攻撃の頼りの綱はパワープレイという暴挙に出ました…。

今までの公式戦で日本代表は何度か敗戦をしましたが、最後まで本来のショートパス行う攻撃を一途に行っていた筈です。

それが、ワールドカップの本番に入って、初めて攻撃の選択肢としてパワープレイを選択しました。コートジボアール戦でも行っていましたよね。

冒頭でも言いましたが、従来のやり方を本番で変えてしまう事は肯定出来ません。ザッケローニ監督はどうしても勝ちたかった気持ちは分かりますが、自分達の本来のスタイルを捨てて、見苦しく違うやり方を選択した時点で日本代表の限界が見えてしまったような気がします。

いや、監督としてのザッケローニさんの資質の限界ですかね…。

もう、本当に後がない日本代表…最後は本来のやり方で…

E69CACE794B02013E38399E383ABE382AEE383BCE688A6E382B4E383BCE383AB

ブラジルワールドカップの本番で、今まで築いてきた、日本代表の組織的な細かいパスサッカーを捨ててしまった事は残念でした。

今日の結果で予選突破は難しくなったと思いますが、最終戦のコロンビアには自信を持って、今までの日本代表が築いてきた組織的な細かいパスサッカーで勝負して貰いたいです。

もう、負けちゃってもいいじゃないですか?わたしはミスを恐れない、ベルギー、オランダ、イタリア代表を切り崩した日本代表の組織的な細かいパスサッカーが大好きです。

正直、自信を無くしてしまったのかもしれませんが、最後くらいは、自分達の日本代表の攻めて勝つ、組織的な細かいパスサッカー披露してもらいたいです。

ザッケローニ監督も多分、最後の日本代表戦になるかもしれませんので、みっともない戦い方は選択して欲しくないですね。

ワールドカップは予選敗退だったけど、ザッケローニ監督のサッカーは面白かった。とわたし達の心に残してもらいたいものです。

-2014 ワールドカップ, サッカー, サッカー日本代表

執筆者: