アジアカップ準決勝!イラン代表で光った南野拓実選手の活躍について!

スポンサーリンク

2019年アジアカップ準決勝、イラン代表との試合は日本代表が3-0で勝利することができました。

下馬評では日本代表はイラン代表に勝てないのでは?相当に苦戦を強いられると言われていましたが、蓋を開けてみれば3-0の大差を付けての勝利となりました。

この試合では、それまで今いちパッとしなかった南野拓実選手が活躍を見せ、勝利を引き寄せたのだと思いました。

今回は南野拓実選手の活躍を中心にイラン戦を振り返ってみたいと思います。

イラン代表のロングボールに押し込まれる日本代表。

下馬評通り、イラン代表は強いチームでした。上背がある選手が多く、フィジカルも強く、エースであるアズムン選手も個人で局面を打開できる脅威の選手でした。

イラン代表は自陣深くからシンプルにロングボールを蹴り込み、そこから攻撃を組み立てる戦術が功を奏していました。

ロングボールの競り合いから生まれたセカンドボールをことごとくイラン代表に奪われ、前半は押し込まれる展開が続きました。

中盤の柴崎岳、遠藤航が必死にセカンドボール奪取に走り回させる状況が続き、それが日本代表の攻撃にも悪影響を与えていたようです。

攻撃に切り替わるとき、いいポジションで柴崎岳選手がボールを受けることができず、ビルドアップに苦しむ状況が前半は続いていました。

前線の起点となる大迫勇也選手にはマークが厳しく、縦パス自体が全く入らなかったです。

また、左サイドの原口元気選手、中央の南野拓実選手の連携が悪く、ビルドアップに貢献が殆ど出来ていなかったので、前半は完全にイラン代表のペースでした。

原口元気選手は豊富な運動量で最終ライン戻り守備に奮闘していましたが、攻撃時に時間を作るプレーが全くできていなかったのが残念なところでした。

また、南野拓実選手は攻撃が手詰まりだったので、果敢にイラン代表の裏を突く駆け引きを続けていましたが、その時間帯で彼に期待していたのはゲームを落ち着かせることでした。

単純に裏を突くプレーではなく、イラン代表のシンプルなロングボール戦術で押し込まれていた日本代表の態勢を立て直す貢献が欲しかったです。

両選手は縦には強いですが、ゲームを作るというプレーには不向きな選手という弱点もよくわかる前半でした。

しかし、最終ラインでの冨安健洋選手が立て続けにイラン代表のロングボールを跳ね返し、エースのアズムン選手に対する激しい守備で仕事をさせていませんでした。

押し込まれていた日本代表ですが、彼の守備での貢献が光り、前半を無失点で抑えることができました。

気になったのは、ゴールキーパーの権田修一選手は相変わらず軽率なプレーが多く、失点を招きかねない決定的なミスを犯していたことです。

日本代表に安定感があるゴールキーパーが育っていない。という事がかなり気になるところです。

ゴールへの執念は圧巻の一言!南野拓実のストライカーとしての姿勢!

前半に引き続き、後半の立ち上がりから日本代表が押し込まれる展開は変わらずに続いていました。

ただ、本試合で足枷になりかけていた南野拓実選手のワンプレーで、一気に日本代表がリズムに乗ることになります。

柴崎岳選手が裏に展開したボールに走り出す南野拓実選手とイランの選手が交錯し、主審の判断を待つシーンがありました。

競り合ったとき南野拓実選手が倒れましたが、イランの選手は彼のダイブを主審に主張します。

ただ、このときに主審は笛を吹かず、インプレーが続いていたんですね。

きわどいプレーでしたので誰もが気持ちを切らす瞬間だったと思いましたが、南野拓実選手は主審の判断を待ち、プレーを止めるイラン代表を尻目にボールを追いかけていました。

アウトオブプレーになると考えていたイラン代表の足が止まっている間に、南野拓実選手は大迫勇也選手に鋭いセンタリングを放ち、日本代表の得点が生まれました。

南野拓実選手の常に『チャンスを逃せない』という姿勢は圧巻の一言でした。

それまでの彼のプレーに対する非難は多かったと思いますが、たったワンプレーで一気にその評価を覆す執念のプレーだったと思います。

そして、この得点を機に日本代表の動きが活性化が始まります。

貫禄を見せつける日本代表!イラン代表を完封!

イラン代表はアジア最強とも言われていましたが、やはり実績、経験ともに日本代表の方が上手だったと思います。

日本代表の得点により、イラン代表は集中力を途切れさせてしまったように思えます。

リードされてからは日本代表にいいようにリズムを作られ、堂安律選手と南野拓実選手の動きに全くついていけなくなってました。

彼ら二人が躍動をすると、守備に奔走させられていた原口元気、柴崎岳選手にもスペースが生まれ、日本代表の攻撃に歯止めが効かなくなる展開に。

結果、追加点を2点決め、日本代表が3-0で一方的なゲームを見せつける結果になりました。

冨安健洋選手の激しいマークにより、全くなにもさせてくれなかったアズムン選手がラフプレーに走るという後味が悪いこともありましたが、日本代表の強さが理解できた試合だったと思います。

今まで内容がよくなかった南野拓実選手も後半からの動きが俄然よくなり、堂安律選手とのコンビはかなりイラン代表の脅威になっていたと思いました。

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pokapokaをフォローする
モロットダイス! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました