メッシのドリブル凄さ。何故、複数人に囲まれてもボールを奪われないのか?

2019年7月12日

メッシ

リオネル・メッシは今期も絶好調でした。

年齢的にピークに達していてもおかしくはないのですが、その勢いとドリブルの切れは一向に衰える様子はないです。

ここぞとばかりにドリブルで切れ込んで来ると理解していても、本当に止めようがないと多くの選手が口を揃えて話してます。

リオネル・メッシのドリブルは何故、止める事が出来ないのか?その辺りについて公開してみます。

相手の重心の逆を突くのが上手い。それだけでは説明出来ない脅威のドリブル。

メッシは相手の逆を突く動きが抜群に上手います。

サイドで相手ディフェンダー相対した時、ボールを止めた状態からでも、大抵はドリブルで抜き去る事が出来ます。

それは、身体を動かしながら、相手の重心の逆を突く形で抜き去る技術が高いからです。

パスではなくドリブルで抜きに来ると分かっていても、結局、メッシに抜かれてしまいます。

1対1で相手を抜き去る事が得意な選手はサッカー界に腐るほど存在します。

チームメイトのネイマールも1対1だけなら、ドリブル技術ではメッシに劣らないかもしれません。

ただ、それは1対1に限定された技術であり、それだけではサッカーというスポーツでは、あまり脅威になえいません。ネイマールはその点でメッシに大きく劣っています。

複数の選手を相手にして、ゴールマウスにボールを入れる事を最終目標とするドリブルをさせた場合、サッカー界ではメッシ以上に優れている選手は存在しません。

複数の選手のマークを躱し、密集するペナルティエリアに侵入し、単独でシュートに持ち込みゴールを獲得する事は至難の技です。

相手チームのレベルを問わず、コンスタントにこの一連の動きを可能とするのはバルセロナのメッシだけといっても過言ではないでしょう。

相手の逆を突くドリブルが抜群に上手い。それは単に一つの要素であって、上記の動きを可能にする全体要素ではありません。

メッシのドリブル技術は相手の逆を突く事に加え、他にも高度な技術が含まれているので複数人を相手にしても、ボールを奪われることなくドリブルで切れ込むことが出来るんです。

密集する中でも奪われない驚異のドリブル!

分かり切った話ですが、守備をしている時に相手のドリブルを奪う事が出来るのは、足からボールが離れた瞬間です。

大抵の選手はドリブルスピードが速くなる程、足先からボールが離れていきますよね。

ですので、相手を振り切ろうとドリブルを加速すると、ボールが徐々に足から離れて奪われてしまうのです。

相手が密集するペナルティエリア付近では、マークを振り切る為にドリブルの加速が必要です。

もちろんですが、限られたエリアでドリブルのスピードを上げるのは無謀な行為です。

だからこそ、ペナルティエリア付近ではドリブルを極力控えて、味方と細かいパス交換を行いながらゴールを狙っていくのです。

ところが、メッシの場合、単独で機を見ながらドリブルで加速しながら、ペナルティエリア付近、もしくは内部まで切り込んでしまいます。

普通のプロ選手ならば、一定の速度にドリブルスピードに達すれば、普通の選手ならば相手の囲まれてボールを奪われます。

ですが、メッシがドリブルで侵入してくる場合は、何故かボールを奪うことが出来ないんですよね。

メッシのドリブルは一定のスピードに達したとしても、複数人掛かりでも奪う事が出来ないのか?

驚異のドリブルを可能とするメッシのトータッチ!

それは、メッシのドリブル方法に秘密がある。彼の場合、ドリブル時のボールタッチが他の選手に比べて多彩なのです。

ドリブル時のボールタッチは、インステップ、インサイド、アウトサイドと使い分けて行うものですが、メッシの場合はもう一つ、ボールタッチのやり方があります。

それは『つま先』を使ったボールタッチである。それは『トータッチドリブル』とも言われている。

メッシは相手を振り切る最終的なボールタッチに『つま先』を多用します。

初速で相手の重心の逆を突くボールタッチを行い、振り切る際に『つま先』を使い、一気に加速。

『つま先』を使ったボールタッチは、ドリブル加速時の態勢を崩しません。

しかも、ドリブルスピードを上げても重心が安定していて、相手のチャージを受けてもバランスが崩れないんです。

重心が安定しているので、一定の速度でもボールが足先から殆ど離れずにドリブルを行う事が出来ます。

要約すると『つま先』を交えたボールタッチにより、ドリブルを加速しても身体の軸が安定し、メッシの足先からボールが離れないから彼からボールを奪う事が出来ないんです。

水準以上の1対1のドリブルスキルに加え、トータッチドリブルという武器を持っているから、メッシは異次元のドリブルを披露する事を可能としているのです。

スポンサーリンク