黒酢

黒酢を飲むことで骨粗鬆症の予防効果が!カルシウムの吸収率をアップさせます!

投稿日:

黒酢を飲むことで、カルシウムの吸収率をアップさせる事が期待出来ます。

黒酢はカルシウムと結びつくと、酢酸カルシウムとなり、消化吸収率や骨への定着率が高くなります。

最近の実験では、お酢の醸造過程で出来る、もろみとカルシウムを一緒に摂取すると体内に蓄積されたカルシウムが排出されるのを抑えたり、骨密度が高まるという結果も出ているのです。

カルシウムの吸収率をアップさせる事は色々と素晴らしい事があります。

スポンサーリンク

カルシウムが不足すると、脳と感情のコントロールが不安定に!

カルシウムは脳や神経からの命令、情報を伝達する為に、大切な役割を果たしています。

骨から血液を通って運ばれたカルシウムは、脳での神経の働きを正常に維持する事で、記憶力を正常に保ち、視覚、聴覚、触覚などの外部からの刺激に適切に反応できる様にします。

カルシウム不足で血液のカルシウム濃度が乱れると、神経が正常に働かなくなり、感情がうまくコントロールできなくなったりするのです。

刺激は神経細胞(ニューロン)を伝わって脳へと送られるのですが、その神経細胞と神経細胞の間を神経伝達物質が飛び交う事で、刺激は伝達されます。

この神経伝達物質をひとつの神経細胞から別の神経細胞へ飛ばすのが、カルシウムなのです。

その為、カルシウムが不足すると、情報がスムーズに届けられなくなったり、咄嗟の行動が取れなかったりするのです。

また、筋肉が思い通りに動かせなくなり、その結果、身体が自由に動かせなくなります。

更年期障害や骨粗鬆症に対して、黒酢を摂取して予防しましょう。

些細な事でイライラしてしまう更年期の症状も、カルシウム不足で正常な情報伝達が行われず、副交感神経が機能しないことが一つの要因になり得ます。

カルシウムは、99%が身体の骨の中に存在しており、血液中にある残り1%のカルシウムがが不足すると、それを補う為に血液中に放出されるので、カルシウムの体内蓄積は大切になります。

特に女性は、15歳頃から骨密度が低下しはじめ、出産で急激にカルシウムが減少します。更に閉経後は、骨の成長ホルモンである、エストロゲンの分泌量も減少するので、カルシウムが貯蔵されにくく、骨粗鬆症になるリスクもあります。

日常の食事において、小魚などを黒酢と一緒に煮込むと、カルシウムが摂取しやすくなります。

上手く黒酢を摂り入れて、カルシウムの吸収率を上げ、脳の活性化、更年期障害、骨粗鬆症を予防しましょう。

料理や水で薄めて摂取する事に抵抗がある場合は、黒酢サプリメントで摂取する事が効果的です。ダイエット、生活習慣病の予防にも黒酢サプリメントは効果的です。

-黒酢

執筆者: