豆知識

喉に小骨が刺さったとき、ご飯の丸呑みはNG!すぐに病院へ行きましょう!

投稿日:

食事中に魚の小骨が喉に引っかかってしまった。

喉の奥の方でなかなか小骨が取れない…酷い場合は小骨が刺さった拍子に食べ物が詰まり、むせてしまう…

魚骨異物』と呼ばれるものですね。

こんな困ったときに陥った場合どのように対処したらいいのでしょうか?

今回は食事中に起きる喉のトラブルの解決方法などを紹介します。

スポンサーリンク

小骨が喉に刺さったとき、ご飯の丸呑みなどはNG!

小骨が喉に刺さった時に一番やってはいけないことは、昔から一度は聞いたことがあると思うんですけれども、ご飯などを丸呑みすることです

ご飯を丸呑みすると喉に引っかかった小骨が取れるというのは、科学的根拠のない迷信です。

喉に小骨が引っかかっているところに、ご飯などを丸呑みしてしまうことは、皮膚に刺さったトゲをご飯などで擦るようなもの。

最悪の場合、小骨がより深く喉の奥に突き刺さり、細菌が入り腫瘍し、全身麻酔を伴う外科手術が必要になるケースも多い様です。

ですので、小骨が喉に刺さった時にご飯の丸呑みなどをするのは、止めましょう。

対処として確実なのは、近所の病院へ行くこと。

小骨が喉に刺さった時の対処方法としては、病院に行くことが1番です。出来れば近所の耳鼻咽頭科に行きましょう。

お医者さんはこの手の問題の専門家なので、安全に対処してくれます。

骨の刺さり具合が悪い場合は、上述した通り、外科手術が必要になる可能性も。

とりあえず病院を受診しましょう。

関連記事:咽頭異物(魚骨など)

小骨が喉に刺さったせいで、食べ物が詰まりむせている時の応急処置。

また小骨が刺さったせいで、むせてしまう場合もあります。

むせている状況が長く続いてるのみて、家族の方が背中を叩いたりする場合もあると思いますが、それもよくありません。

小骨だけでなく何かの食べ物がのどにつまってむせている時、背中を叩いてしまうと詰まった物が肺に落ちてしまう場合があります。

また、むせている人に水やお茶を飲ませるのもあまりよくありません。

水は粘度が低くて誤嚥しやすいものです。結果、誤嚥をさらに悪化させてしまうので気をつけましょう。

喉に小骨が詰まったときやん異物が入りむせている時は、応急処置として上半身を前方へ水平に保つことが大切です。

この姿勢にさせると期間が水平になり、異物が吐き出させやすい咳をさせることができます。

何かあったら大変ですので、放ってはおかずに病院へ。

喉に小骨が刺さっても、放っておけば自然に取れてしまう場合もあります。

ただ、しっかりと喉に食い込んでしまったりすると、簡単には取れません。痛みや異物感が気になって仕方がないと思います。

魚の骨を上手く食事で処理できない子供や歯が弱っている老人は要注意です。

少し面倒かもしれませんが、喉に魚の小骨が刺さったと感じたら、病院で受診することが大切です。

-豆知識

執筆者: