サッカー サッカー日本代表

期待出来ない日本代表…アギーレ監督、ブラジル、ジャマイカ戦のメンバー発表!

投稿日:2014年10月1日 更新日:

4年間で香川真司、本田圭佑、岡崎慎司を日本代表ベンチに追いやる若手が出てくるのでしょうか?

mm20131120101237_450610603

八百長疑惑で監督業どころではないのでは?と思われるハビエル・アギーレ監督がブラジル、ジャマイカとの国際親善試合に向けて、新たな日本代表メンバーを招集しました。

海外組では、前回は招集を見送られた香川真司が入っています。また、ザックジャパンでは構想外となったハーフナー・マイクが初招集されました。

国内組は誰を呼ぼうが、呼ばまいが影響は殆どないと思いますので、割愛します。さて、そんな日本代表は10月10日にジャマイカ戦、10月14日にブラジル代表と対戦します。

日本代表の招集メンバーは、前回と若干、変更されているようですが、なんだか、全然、関心も持てないし、正直、結果をいい意味で期待する事は出来ません…

今回はその辺りを公開してみます。

スポンサードリンク


酒井宏樹を外したのは大正解!

E98592E4BA95E5AE8FE6A8B92013E7ACAC3E7AF80E382B8E383A3E383B3E38397

海外組では、サイドバックの酒井宏樹が今回は招集を見送られました。この決断には、アギーレ監督とその関係者に共感します。

わたしの個人的見解ですが、酒井宏樹は使い物になりません。右サイドバックは内田篤人、酒井高徳だけで充分です。

何故、酒井宏樹を支持出来ないのかというと、単純にサッカーIQが低いからです。ポジショニング、守備の駆け引きは特に悪いです。

攻守に渡り、サイドバックのいるべきポジションに彼はいません。この間の日本代表VSウルグアイ戦では、右サイドの本田圭佑がボールキープをしても、全然、フォローに行かず、彼を困惑させていました。

また、対人守備は、あんなに恵まれた体格を持つ癖に、相手選手にチェックに行かずに基本的にはディレイを選択します。

もっとガツガツ当たらんかい!って言いたいのです!

積極的にチェックに行かず、下がりながら守るディレイは、確かに相手選手に裏は取られませんが、最終ラインをズルズル下がらせるデメリットもあります。

彼は本当にイライラする位にサイドのボールホルダーにチェックに行かないんですよ…抜かれるのがそんなに怖いのか、彼の守備は相手と距離を取って、中に入らせない様にコースを切るだけ…

後は、相手選手にやりたい放題にサイドを攻略されます。ラクですよね、酒井宏樹が相手なら。中に切れ込む事さえしなければ、前後には好き放題、ボールを運べますので。

この間のブンデスリーグ、ルールダービーと呼ばれる、シャルケVSドルトムント戦で見せた、内田篤人のプレースタイルをよく勉強した方がいいです。

関連記事:容姿端麗!でも彼女の噂が殆ど立たない内田篤人のプレースタイルについて!

ドルトムントのオーバメヤンを1VS1で完全に抑え込んだ対人守備力は、本当に素晴らしいものでした。

アギーレ・ジャパンに香川真司が初招集!

0ea725bf-s

マンチェスターユナイテッドから、ドルトムントに急遽、復帰する事になった香川真司。ドルトムントに復帰後、マンチェスターユナイテッドよりも、出場機会を増やしています。

その香川真司がアギーレ監督率いる、日本代表に初招集されました。初回の招集は見送られましたが、いずれは呼ばれるであろう、日本代表の中心選手ですので、どのように起用されるのか?興味が持てます。

4-3-3をコンセプトにしているアギーレ監督の日本代表では、1列目の左ウイング、2列目のインサイドハーフ、どちらもこなせる選手なので、アギーレ監督がどこに香川真司を配置するか?

気になるところです。現在までインサイドハーフで起用されていた細貝萌がどうも、ポジションが合っていないのでしょうね、全然、機能していません。

彼に代えて香川真司も面白いと思います。

ザックジャパン時代の主力選手は残りつつも…期待出来ない日本代表…

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長友佑都、内田篤人とザックジャパンの主力選手がアギーレジャパンにも、残っているのですが、どうも、この日本代表には期待出来ません。

関連記事:アギーレ監督の日本代表はつまらない…とりあえず、センターバックをなんとかして!

その理由として

1.日本代表は4-3-3は合っていないのではないのか?

2.低レベルなセンターバックしか、日本代表には存在していない事。

3.若手で本田圭佑、香川真司クラスが存在していない事。

まず、日本代表は本当に4-3-3のフォーメーションは合っているのでしょうか?4-3-3というフォーメーションの肝は、両サイドのウイングとインサイドハーフ、アンカーの働きです。

両サイドウイングは攻撃時において、サイドでボールポゼッションを高め、カウンターの起点となる働き。守備時は積極的にサイドバックを数的不利な状況に追い込ませない様に、苦しくても後ろ守備に戻る働き。

上記を両ウイングの選手が行わないと、全くチームの戦力となりません。ウルグアイ戦では、前で張っているだけだった柿谷曜一郎などは、4-3-3のウイングには起用してはいけない典型的な選手です。

また、4-3-3のインサイドハーフとアンカーは通常、4人の中盤を3人で構成するので、かなりの運動量とポジショニングの良さが要求されます。

攻撃時は数的不利を補う為、マークを振り切り、フリーでボールを貰う運動量とセンスが求められます。そして、ボールを受けてからも、激しいチェックを受ける為、それを捌けるキープ力が必要になります。

守備時は攻撃時と同じく、数的不利に陥るので、中盤で前線の選手、特に両ウイングが守備に戻ってくるまでに、相手の攻撃を遅らせる必要があります。

中盤の人数が3人しかいないので、攻守の切り替えを見据えた、適切な選手間の距離、ポジショニングが要求されます。

日本代表においては、4-3-3の2列目は特に問題ないと思います。わたしは本田圭佑と香川真司にインサイドハーフを任せて、アンカーに森重真人で機能すると思いますよ。

香川真司は守備に問題があるとよく言われますが、彼は相手の攻撃を遅らせる守備なら、積極的に行います。本田圭佑も言われているほど、守備に問題はありません。要所では必ず、献身的な守備を行います。

アンカーの森重真人も4-3-3を継続するのであれば、もう彼の不動ポジションでいいのではないでしょうか?

森重真人は足元の技術は高く、危機察知能力に長けた選手です。細貝萌もアンカー候補ですが、彼の場合、対人守備は強いですが、ゾーンを守る守備が苦手です。

アンカーというポジションは守備のバランサーですが、あんまり「動いてはいけない」ポジションなんです。細貝萌は運動量を前面に押し出した守備がウリですので、アンカーはあまり向いていないと思います。

とにかくセンターバックの人材がいない…日本代表…

yoshidamaya3

歴代の日本代表で、これほどセンターバックの人材がいなかった事はあったのでしょうか?

かつては、フォワードの人材がいない…と嘆かれていた日本代表ですが、現在はとにかくセンターバックの人材がいない…

という状況です。現時点でファーストチョイスが吉田麻也ですからね…。彼をベンチどころか、招集外に追いやる若手センターバックは出てこないんですかね。

前回の記事でも言及しましたが、外国人センターバックの「帰化」という方法はダメなのでしょうか?

フランス代表のマンガラみたいな、屈強なフィジカルとスピードを持つ黒人選手などの「帰化」とか、どうなんですかね?

日本代表のセンターバックを見てて思うのですが、どの選手も簡単に最終ラインを下げ過ぎます。加えて、足元の技術がとても低いので、相手フォワードから激しいプレスを掛けられるとあっさりとボールを奪われるか、致命的なミスを犯します。

その為、攻撃時に激しいプレスを嫌って、更に最終ラインをズルズルと下げます。結局、攻守に渡り、最終ラインを下げるので、中盤での守備時におけるプレスが効果的ではありません。

Jリーグの試合をご覧になれば分かると思いますが、殆どの試合で中盤がスッカスカなんですよね。海外の試合と比較すると、Jリーグはゲームスピードが「遅く」感じられます。

これは、両チームが守備時のプレスが甘いからなんです。例えば、もう少し、中盤からボールホルダーへのプレスが激しければ、全選手の動きが目まぐるしく活発になります。

わたしがJリーグに否定的なのは、最終ラインを高くして、中盤から積極的にプレスを掛ける姿勢が弱い事。攻守の切り替え判断が海外よりも、数段遅れている事が気に入らないんですよ。

一言でいうと、Jリーグには「ダイナミック」な試合展開が全くないんです。攻守の切り替えが早く、試合のテンポが速いゲームなど、Jリーグでは観た事がありません。

最終ラインを高くする事は当然、リスクを負いますが、その分、選手の危機察知能力、集中力が養われますので、Jリーグのチームは失点するリスクを負って、最終ラインを高く保つ事をチーム毎に意識してもらいたいです。

ミスを全面的に認めない減点主義がまかり通る、日本文化では選択しづらいかもしれませんが、そうしないと中々、優秀なセンターバックは育たないでしょう。

若手が育っていない…しばらく日本代表は谷間の時代に?

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s

現在の日本サッカー界は、香川真司以降の世代で有望な若手が出てきていません…本来ならば、未成年選手がA代表の一員となり、スタメンで一人位は活躍して欲しいものです。

三浦知良は16歳でブラジルに渡り、23歳までブラジルで大活躍をして、Jリーグ発足の為に凱旋帰国をして、ヴェルディ川崎を常勝チームに仕立てたエースとして貢献しました。

中田英寿は20歳でA代表でデビューして、21歳にはイタリアに渡り、22歳で当時、最強と言われたリーグである、セリエAでの優勝チームのメンバーでした。

香川真司も21歳でドイツに渡り、ドルトムントでエース級の活躍をして、ブンデスリーグの優勝経験をしています。その後の活躍は周知の通りです。

このようにJリーグ発足後、日本代表の中心メンバーには、20歳前後で海外有力チームの主力選手として大活躍している選手が、必ず存在していました。

ただ、現在は20歳前後で海外の有力チームの選手として、活躍している選手は存在していないという状況です。

次世代で最も期待されていた、宇佐美貴史は19歳で名門バイエルン・ミュンヘンに移籍しましたが、結局、大して実績を残せず、2年足らずでガンバ大阪に復帰をしました。

その後は、日本代表の将来を嘱望される若手の活躍が聞えてきませんでしたが、最近、少し頭角を現し始めたのが、香川真司と同じドルトムントに所属する、18歳の丸岡満です。

丸岡満は、この間のマインツ戦でブンデスリーグのデビュー戦を飾りました。そのプレー内容に対する評価はかなり高かったです。

日本サッカー協会もこの若手選手に注目していて、彼を飛び級でU-21代表に招集すると見解を出しています。ただ、わたしが思うに、U-21と言わずにA代表に呼んだ方がいいのに…と考えています。

ロシアワールドカップの中心選手に育てたいなら、なるべく早く、A代表を経験させるべきでは?A代表には香川真司。本田圭佑という世界基準の選手がいますので、彼らと長くプレーさせた方が、丸岡満、日本代表にもプラスになると思うのですが。

当面はザックジャパンの遺産にすがるしかない…

E69CACE794B02013E38399E383ABE382AEE383BCE688A6E382B4E383BCE383AB

現在まで、アギーレ監督が招集した選手で初代表を飾った選手は、軒並みにして不作…という事は充分な程、分かりました。今後も国際試合は、ザックジャパンの主力組を中心に据えていかないと、勝てる見込みはまずないでしょう…。

ただ、4年後のロシアワールドカップを迎える頃には、現在の主力選手に対して、年齢の問題が直面してきます。しかし、その4年間で香川真司、本田圭佑、岡崎慎司をベンチに追いやる若手で現れるかといったら、甚だ疑問です。

ですので、今後、アギーレ監督が率いる日本代表には、あんまり期待出来ません。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: