体脂肪

基礎代謝を下げない!効果的な飲食方法の3つのポイント!

投稿日:2014年4月7日 更新日:

基礎代謝を下げないダイエットでは、苦痛である食事制限にあんまり気を使う必要はありませんよ。

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s

基礎代謝を下げないダイエット方法について公開してきましたが、今回は基礎代謝を下げないようにする為の食事方法を公開してみようと思います。

スポンサードリンク


朝食は絶対に抜いちゃダメ!

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

ダイエットを行うのであれば、運動よりも食事制限をする方が短期的には痩せやすいです。

ただ、身体は上手く出来ていまして、恒常性機能(身体の機能を一定に保つ働き)があります。ホメオスタシスという言葉を聞いた事はないですか?

簡単に言うとですね。短期間で身体に何らかの変化が発生した時、元の状態に戻そうという働きが、人間の身体にはあるんですよ。

だから、食事制限をして摂取カロリーを減らしたとしても、身体が懸命に摂取した食べ物からカロリーを吸収しようとします。

要は食事制限をする前よりも、身体は貪欲に食べ物からカロリーを消費しようとします。

食事制限をすると、ちょっとの食べ物から必要以上にカロリーを吸収しようとするんです。

そして、この働きは食事制限を解除しても、しばらく続いちゃうんですよ。コレが巷で言う、ダイエットの失敗である「リバウンド」というものなんですね。

ですので、ダイエットをするのであれば、朝ごはんを抜くような食事制限をするのは止めましょう。大抵の方は朝は忙しく食欲も昼と夜に比較して、食欲は少ないと思います。

だから、朝ごはんを抜くというのは、しつこいですがよくありません。特に炭水化物を朝に摂取しないと身体にエネルギーが入らず、体温を上げる事が出来なくなりますので、基礎代謝が下がります。

ですので、忙しくて食欲がなくても、出来れば炭水化物を含む食べ物を摂取して下さい。

また、栄養豊富なスムージーを朝食に取り入れる事もおすすめです。手軽に作れて低カロリーですので、食事制限に苦しんでいる方には最適です。

関連記事:置き換えダイエットに最適!体脂肪をバッチリ落とすスムージー!

タンパク質をバランスよく摂取する事!

92fd838491f56efca6ef36ea284d09c1_s

タンパク質は筋肉を維持する為には重要な栄養源になります。筋肉を維持する事は身体を円滑に動かす事を促進させますので、基礎代謝を下げない為には、積極的に摂取したいですね。

タンパク質を多く含む食品は単純に「肉」と連想出来ると思います。肉も結構、重要ですが、私がお勧めしたいのは「卵」ですね。

「卵」はもう完全無敵な栄養食品です。しかも、栄養価に比較して販売価格はべらぼうに安いですよね。私は近くのスーパーでよく購入します。10個入りで198円ですね。(うちの近所で)

卵の栄養素はタンパク質、カルシウム、リ ン、鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2が含まれています。

卵はコレステロールが高いので、敬遠する方もいらっしゃると思うのですが、特に心配する必要はありません。

また、サプリメントで、手軽にタンパク質を構成する必須アミノ酸をしっかり摂取する事が出来ます。

関連記事:飲むだけで痩せる!体脂肪を下げる黒酢サプリメント!

基礎代謝を促す「カプサイシン」「カフェイン」も効果的!

c312f41266e8cfecd65eff935db60948_s

「カプサイシン」とは何かお分かりになる方は多いと思います。唐辛子に含まれる成分ですよね。「カプサイシン」の働きは体内に吸収されると、中枢神経を刺激してアドレナリンが分泌される事により、発汗作用が強くなります。

「カプサイシン」を効率よく摂取可能で、健康にも良く、低カロリーな食品は何と言っても「キムチです。

キムチは非常に強い乳酸菌も含まれ、カプサイシンも豊富なので基礎代謝を高め、体脂肪を燃焼させる最高の食品です。

[amazonjs asin=”B0098T50WM” locale=”JP” title=”徳用 宗家(チョンカ) キムチ(白菜キムチ) 1.5kg 要冷蔵”]

関連記事:キムチの健康効果がスゴイ!そして、基礎代謝を活性化させる食べ物の代名詞!

発汗作用が促されれば、老廃物の排出も促される事になり、血行も改善され基礎代謝を下げないようにする事が期待出来ます。

「カフェイン」は利尿作用を促し、脂肪燃焼効果がある事は広く知られています。ただ、摂取量は気をつけましょう。特にコーヒー等はお茶系と比較して、カフェインの含有量も多く、吸収もされやすいです。

関連記事:脂肪燃焼を促進させるコーヒーの効果について!

その結果、過剰摂取により、夜眠れなくなったり、カフェイン中毒を引き起こす可能性があります。

「カフェイン」の摂取タイミングは運動前がいいですよね。以前に紹介した基礎代謝を下げないダイエット方法で紹介したウォーキングの30分前に摂取する事がお勧めです。

関連記事:基礎代謝を下げないようにする為のダイエット方法!

以上、基礎代謝を上げる為の飲食方法の3つのポイントを公開致しました。

-体脂肪

執筆者: