これだけで十分!基礎代謝量を上げる5つの方法について!ダイエット成功の近道!

2019年4月8日

ダイエット成功の近道!基礎代謝を上げて維持すること!

ダイエットにつきものである「リバウンド」などの失敗は突き詰めつると基礎代謝が下がってしまったことにより起こってしまいます。

ですので、効率的にダイエットを行い、失敗をしない為には基礎代謝を上げて維持する努力を意識的に行う必要があります。

では、基礎代謝を上げて、維持する痩せやすい身体になるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は基礎代謝を下げない方法を下記に5つ詳しく紹介します!

筋トレをしっかり行い基礎代謝を維持すること!

基礎代謝を下げないように維持する為には、運動をしっかりと行う必要があります。

特に身体の筋力をアップする筋トレは、しっかりと行わないとダメです。

厳しい食事制限でカロリーをコントロールをすることも大切ですが、その結果、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまいます。

筋トレをして脚が太くなったらどうしよう…と心配する女性もいらっしゃると思いますが、見た目が変化するほど筋肉を付けるのは並大抵ではないので大丈夫です。

基礎代謝を下げないレベルの筋トレならば、見た目は細くなることがあっても太くなることはありません。

以下に自宅でも出来る簡単な筋トレ方法を紹介します!

ですので、基礎代謝を上げる為に筋トレはしっかりと行いましょう!

基礎代謝を上げるにはウォーキングも効果的!

「筋トレ」は行わないと言っても、当然、運動を行う事で基礎代謝だけでなく運動による消費カロリーも加算されます。

そして血流も良くなりますので、基礎代謝を上げる事にも役立ちます。

ただ、運動は強度が高い場合、数日間は回復にエネルギーを取られますので、基礎代謝が下がると前述しました。

それならば、強度が低い運動を行えば良いのです。それはウォーキングが手軽で最適だと思います。時間も30分位がいいでしょう。出来れば毎日、継続させる事がベストだと思います。

30分位ならば、会社員の方であれば最寄駅まで歩いたり、少し工夫をすれば難しい事ではないと思います。

炭水化物はしっかり摂取する事!

ダイエット方法で炭水化物の摂取を出来るだけしないというやり方が流行ったと思います。

ただ、炭水化物を摂取しないと身体の体温が上がりません。

体温が1℃でも下がれば、基礎代謝は10%前後、数字にすると1日で100~200kcalも消費されなくなってしまいます。

ですので、炭水化物は身体の体温を上げるエネルギー源になりますので、しっかりと摂取して下さい。

一日3食、毎回、ご飯1膳を食べても問題はないですよ。

また、朝食だけは低カロリーのスムージーを取り入れる置き換えダイエットもおすすめです。

関連記事:置き換えダイエットに最適!体脂肪をバッチリ落とすスムージー!

アルコール・塩分の摂取を控えて、水分をしっかりと摂取する事!

水分を適切に摂取する事で血流をよくする事が出来ます。

目安は出来れば1日に1~2ℓを摂取するようにしましょう。逆にアルコールと塩分の過剰摂取は控えた方がいいでしょう。

アルコールの飲み過ぎは内臓に負担を掛け、それだけでも基礎代謝を低下させてしまいます。更にアルコールは身体の水分を奪ってしまうので、血流が悪くなります。

塩分も気をつけましょう。塩分の過剰摂取はむくみの原因となり、血流が悪くなります。血流が悪くなると当然、基礎代謝は下がります。

睡眠時間をしっかり確保する事!

睡眠時間はしっかり確保しましょう。睡眠時間が不十分だと自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れてしまうと「セロトニン」「レプチン」というホルモンに悪影響を与えます。

この「セロトニン」「レプチン」の働きは食欲にも関係していて、働きが悪いと食欲抑制に悪い影響を与えてしまいます。

ですので、必要以上に食べ過ぎてしまい、ダイエットの成果が台無しになる可能性もあります。

ですので、睡眠もダイエットには非常に重要になります。

基礎代謝を下げないダイエット方法のまとめ

  • 筋トレは基礎代謝を維持する為に積極的に行う。
  • ウォーキングを30分。毎日行う事。
  • 体温を下げる事を防ぐ為に、炭水化物はしっかりと摂取する事。
  • アルコール&塩分の過剰摂取は控えて、水分を1日に1~2ℓ摂取する事。
  • 食欲抑制を司るホルモンの働きに悪影響を与えないように睡眠はしっかりとる事。

以上です。