Goose house 時事ネタ

片平里菜はどこへ向かっているのか…今のままでは可能性がない…

投稿日:2015年3月11日 更新日:

katahirarina

『もっと、これが「片平里菜」っていう曲が聴きたいです。彼女の個性が溢れている曲が全然、リリースされていません』

最近、音楽番組をさっぱり観なくなりました。最近では昨年末のフジテレビで放映した『FNS歌謡祭』が最後でしたかね?

『FNS歌謡祭』は結構、好きです。何故かと言うと、他局の音楽番組では出演者は持ち歌を1~2曲披露して終わりですよね。ただ、『FNS歌謡祭』は出演者が何度も出演して、他人の曲も歌いますよね。

そういう工夫が好きなんです。また、あまり知名度の無い実力派シンガーを出演させる制作サイドの姿勢も好きです。

昨年末は、わたしが密かに注目していた『片平里奈』も出演していました。彼女はまだ若く、歌唱力も本物。

所属する事務所である、ソニー・ミュージックアーティスツもかなり彼女を推しているので、多分、歌手としての未来は明るいのではないか?とわたしは思っていました。

片平里菜のサイトを見るとスケジュールはびっしり埋まっている状況です。ですが、わたし個人の見解ですが、正直、今のままでは片平里菜が歌手として成功する可能性は低いのでは?という印象を抱いています。

今回はその辺りを公開してみます。

スポンサードリンク


『始まりに』という曲がわたしは一番、好きでした。

まあ、とりあえず、上記の動画をご覧になって戴ければ、ご理解頂けると思いますが、片平里菜の歌手としてのポテンシャルは相当なもの。ハンパじゃないですね…miwaより凄いかもしれません…。

とわたしは評価しています。歌唱力がある方は数えきれない程にいらっしゃいます。現に上記の動画は『Goose house』で披露されています。

関連記事:【Goose house】グースハウスは歌が本当に上手いけど、何故、ソロデビューしないの?

『Goose house』の方々は驚く程、歌唱力が高いですが、片平里菜の『始まりに』を観てしまうと、「歌は上手いけど、ソロでは活動出来ない方々」という事がはっきりと残酷な程に分かってしまいます。

※ ただ、竹渕慶さんだけは別です。彼女はソロシンガーとしての将来性は高いと思います。

関連記事:Goose Houseの竹渕慶さんの圧倒的な歌唱力と声に魅了されてしまいました。

大不況の音楽界で『商売になるシンガー』として、大手事務所からスカウトされる事は、それなりの実力がある証拠です。音楽業界に携わる方々も生活が懸かっているので『見込みがない人』はスカウトしません。

片平里菜は『閃光ライオット2011』に出演した時から、既に目を付けられていたようです。

現在とは違い、少し垢抜けない容姿だった片平里菜はですが、その代わりに若さと勢いを前面に押し出した歌い方は、非常に好感が持てました。

椎名林檎レベルの凄い娘が出てきた…と思っていたのですが…

YUIの二番煎じ?失ってしまった片平里菜の粗削りな個性…

また、上記の動画をご覧ください。西野カナの『涙色』という曲をカバーしています。率直にわたしの感想は片平里菜の方が、西野カナよりも歌唱力があります。

でも、歌い方が変わっちゃいましたね…まあ、丁寧に歌う様になったと好意的に捉える事も出来ますが…

動画を聴いていて、なんとなくソロシンガーの『YUI』に声と歌い方が似ている。と思われた方も多い筈です。それを片平里奈が意識して行っているのかどうかは不明ですが、とにかく、歌い方が以前と変わってしまいました。

それに片平里菜の最近の曲も、どうもYUIを意識している様な曲ばかりです。事務所の意向もあるんですかね?

上手く言葉に出来ませんが、歌唱力は相変わらず高いですが、何か『片平里菜らしさ』が無くなってしまった気がします。

『始まりに』以外に心に響く曲がない…

maxresdefault
片平里菜の代表曲『女の子な泣かない』は、まあ、売れそうな曲だという印象で心にはあんまり響かないです。

以降の曲もわたしの好みには合いません…別に片平里菜でなくても、違う最近のシンガーが歌っていそうな流行の曲っぽい作品ばかりです。

もっと、これが『片平里菜』っていう曲が聴きたいです。彼女の個性が溢れている曲が全然、リリースされていません。

彼女の才能が勿体ない気がしますね。そして、彼女の様に容姿も良く、若く、才能のあるシンガーはどんどんデビューしてくるでしょうね。

そうなる前に、相応にソロシンガーとして、強烈に音楽界に片平里菜という存在を知らしめておかないと、おそらく、このままでは片平里菜は音楽界から徐々に消えていくでしょう。

わたしは個人的に片平里菜のファンです。だからこそ、今後の方向性をよく考えて欲しいです。

-Goose house, 時事ネタ

執筆者: