ダイエット

カプサイシンはダイエット効果がある?摂取するだけで痩せやすくなる理由。

投稿日:

辛いものを食べると汗をかき、新陳代謝がアップする。

結果、身体の消費カロリーがアップして痩せやすくなる。

辛いものといえば、唐辛子が頭に思い浮かぶと思いますが、唐辛子の辛さはカプサイシンという成分によるものです。

では、このカプサイシンは摂取するだけでダイエット効果があるものなのでしょうか?

今回はそのあたりを公開してみたいと思います。

スポンサーリンク

カプサイシンを含む料理はカロリーが高いものが多い…

結論から言うと、カプサイシンを摂取するだけでダイエット効果が見込めて、痩せやすくなるということは多少はあると思います。

ですが、カプサイシンを摂取するだけで理想通りにダイエットが成功するとは限りません。

カプサイシンを含む食べ物は、油物が多くカロリーが高い料理が多いです。

カプサイシンを摂取するとダイエット効果があると勘違いして、たくさん食べてしまうと摂取カロリーが多くなってしまい逆効果になってしまいます。

ですので、カプサイシンを加減を考えて摂取することで、ダイエット効果をうまくサポートさせることは可能です。

カプサイシンを摂取するとアドレナリンの分泌を促進させる効果があるといわれています。

アドレナリンが分泌されると、脂肪分解酵素リパーゼが活性化され、脂肪を燃焼させる働きを促進させます。

カプサイシンを摂取することで、体脂肪を効率よくエネルギーに変えることができます。

そこに有酸素運動と組み合わせることでよりダイエット効果が見込めるのです。

カプサイシンを含む料理を食べた後にウォーキングなどをすると、より体脂肪が燃焼させやすくなります。

関連記事:運動不足の方のダイエット運動として、ウォーキングが絶対に効果的な2つの理由。

カプサイシンには血流をよくする効果も。

カプサイシンは脂肪の燃焼を高める働き以外にも、血流を改善させる効果が期待できます。

血流が改善されることで、もうさいけっかんにも血が行き渡り、冷え性を改善させる効果も期待できるのです。

このようにカプサイシンを摂取することで、ダイエットサポート効果、血流改善、冷え性改善などが見込めますが、摂取する量を考えなくてはなりません。

辛さでわかると思われますが、カプサイシンは刺激が強い成分です。

その強い刺激が胃の粘膜などを刺激してまい、胃に潰瘍がある状態などでカプサイシンを大量に摂取すると悪化させてしまう可能性もあります。

ですので、摂取する量を考えなければ健康を損ねてしまいますので気をつけましょう。

カプサイシンのダイエット効果に関するまとめ。

カプサイシンはダイエット効果を助ける働きがあります。

その他にも、血流を改善したり、冷え性改善して体を温めたりする効果も期待できます。

ですが、加減を考えて摂取しないと消化器官などを痛めてしまいますので気をつけましょう。

-ダイエット

執筆者: