豆知識

顔汗の対策と原因。化粧が崩れてしまうという20代の女性は要チェックです!

投稿日:

暑い季節になると、汗をかきやすくなると思います。もしくは、冬の季節、暖房が効いた部屋にいてもかきやすいものです。

ただ…身体はそんなに汗をかかないのにも関わらず、顔ばかりに汗をかいてしまうという20代の女性は結構、いらっしゃると思います。

意外に顔汗って困りますよね?放っておいたら、大人ニキビの原因にもなりそうですし、何といっても化粧が崩れてしまう…という状態にもなりかねません。

今回はそんな困った顔汗の対策と原因などについて書いていきたい思います。

スポンサーリンク

顔汗は何故か、ベタベタする感じで気持ちが悪い…

脇の下にかく汗がベタベタするのは分かるんですけど、顔汗もベタベタするのはよくわからない…

そう感じる方もいらっしゃるでしょう。脇の下にかく汗はアポクリン汗腺から発生するもので、粘り気があり、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。

一方、それ以外の箇所にかく汗はエクリン汗腺から発生するもので、主成分は殆ど水です。

もちろん、顔にかく汗もエクリン汗腺から発生する水が主成分のものですので、ベタベタするのはおかしい…という話になります。

これは、全身の汗腺機能が衰えて汗をかく機会が減ると、ミネラルを含んだ汗をかきやすくなるのです。

そして、このミネラルを含んだ汗がベタベタの原因です。

顔汗の原因は運動不足かも。身体の汗腺に衰えが…

普通、汗をかくのであれば全身満遍なくかきそうなものですが、何故か顔にだけ汗がダラダラ…

この原因は運動不足が原因かもしれません。

汗腺は人間の身体全体に存在するのですけど、汗というのは『』を抑える為に分泌されるものなんです。

いわゆる体温調節ですね。そして、熱がよく発生する箇所の汗腺はよく発達して汗をかくようになっています。

ところが、あんまり運動をせず、身体の温度が通常の状態よりも上がらないと汗腺の働きが衰えてしまう可能性があります。

平熱ならば身体の温度を下げる必要はありませんからね。

ただ、顔の筋肉は意外な程、使われているものなんです。会話をする笑ったりする。表情筋はよく使われます。

外気温が上がってくると汗をかくものですが、運動不足により汗腺が衰えていると、あんまり汗が出てこないんです。

ですが、表情筋をよく使う顔は汗腺が衰えていませんので、体温調節をする汗が顔に集中してしまうんですね。

ホルモンバランスの乱れが原因かも。

女性は特にそうなんですが、年齢を重ねる毎にホルモンバランスが乱れやすくなります。そのホルモンバランスの乱れは更年期障害などが原因かもしれません。

更年期障害の症状として顔が火照って汗が大量に出てしまうというものがあります。

または、生活習慣が原因でホルモンバランスが乱れてしまう場合も。きちんとした睡眠、ストレスをため込まない様にして生活習慣が乱れない様に気をつけましょう。

顔面多汗症という病気が原因?

生活習慣は特に乱れておらず、適切に運動をする習慣もある…それなのにに何故か、顔から汗が止まらなくなる…日常生活に支障をきたす状態…

そんな場合は顔面多汗症という病気を疑った方がいいかもしれません。早急に皮膚科や神経内科を受診された方がいいかもしれません。

運動、サウナなどで汗をかいて顔汗を防ぐ対策。

ベタベタする顔汗が発生するのは、運動不足で身体の汗腺が衰えて、体温調節をする為に汗をかきやすい場所。つまり顔に汗が集中するんです。

しかも、濃い汗が出るのでベタベタするんですね。

顔汗を防ぐ対策として、今更、文章にする必要はないと思いますが、とにかく運動をして体温を上げて汗をかくことです。

特に冬場などは気温が下がり汗をかきにくくなるのですが、きちんと運動をすることで汗腺を活発化して、汗がかきやすくなります。

サウナもおすすめです。無理をしない範囲でじっくりとサウナで汗をかけば汗腺が活発化します。

それでも、顔汗が止まらない…という方は『顔汗ブロック』という商品もあります。

顔にサッと塗るだけで気になる顔汗を止めることが可能となり、化粧崩れを防ぐことができます。

冬場でも暖房が効いた部屋では、顔汗により化粧が崩れやすくなってしまいますので、気をつけたいですよね。

-豆知識

執筆者: