タマゴサミン

タマゴサミンを飲むと変形性膝関節症を改善出来るのでしょうか?

投稿日:

変形性膝関節症に悩む方は多いと思います。

事実、わたしも変形性膝関節症に悩んでいました。

いきなりですが、iHAが配合されている『タマゴサミン』を飲めば症状を改善することはできるのでしょうか?

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は、比較的、高齢者の方に多くみられます。

膝関節には軟骨と軟骨のつなぎ目があります。関節を動かすとき、軟骨同士がぶつかって擦り減らない様に、ヒアルロン酸という潤滑油のようなものがあります。

このヒアルロン酸が少なくなってしまうと、膝関節のクッション機能が弱くなり、軟骨と軟骨がぶつかり合い、炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こすと腫れと痛みが生じます。

走ることは勿論、歩くことさえ辛くなります。また、階段を降りるのは、手すりに掴まなければならないほどに酷くなる場合もあります。

症状が酷い場合は手術をしなければなりません。

変形性膝関節症を克服するには?

症状がそれほど進行していなければ、普段の生活に気をつけることで改善が可能です。

体重を減らす、膝回りの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えることで、個人差はあると思うのですが、元の膝の状態になります。

ただし、変形性膝関節症を改善するには、それなりの節制と運動が要求されます。

節制は出来るかもしれませんが、運動による変形性膝関節症を克服は難しい方もいるでしょう。

そこで、膝の軟骨のすり減りをこれ以上に悪化させない対策も検討すべきだと思います。

しかし、加齢と共に、軟骨を保護するヒアルロン酸の生成量は少なくなるとも言われています。

ですので、体外から直接、ヒアルロン酸を膝関節に注射する方法があります。

ヒアルロン酸を注射することで、膝関節のクッション機能を再生させて、変形性膝関節症を悪化させないことは可能です。

ただ、ヒアルロン酸の注射は費用がそれなりに掛かること、回数を要すること、注射したヒアルロン酸が時間が経つと無くなってしまうことなど、デメリットがあります。

ヒアルロン酸を飲むことで補えるのでしょうか?

変形性膝関節症を改善する為には、ヒアルロン酸を補うことが鍵になります。

そこで、注射などではなく、ヒアルロン酸を飲むことで補うという方法もあります。

実際、市販ではヒアルロン酸が配合されたサプリメントが販売されています。

ただ、ヒアルロン酸は飲むことで有効活用できるものではありません。

ヒアルロン酸自体を摂取しても、消化・吸収の段階で別の成分に変えられてしまいますので、実は殆ど効果はありません。

体内でヒアルロン酸になる原料を吸収することは出来ますが、ヒアルロン酸のままで体内に吸収することは出来ないということです。

タマゴサミンはヒアルロン酸の生成を促進させるサプリメントです。

ヒアルロン酸をサプリメントなどで飲んだとしても、吸収される時点で違う成分になってしまうと書きました。

サプリメント系ではヒアルロン酸を補うことは出来ないのか?

実は、アプローチが少し違うのですが、サプリメントで体内のヒアルロン酸の量を増やすことを促進させるものがあります。

飲むことでヒアルロン酸を補うのではなく、ヒアルロン酸を作り出す機能を促進させることを目的としています。

そのサプリメントが『タマゴサミン』です。

タマゴサミンは、ヒアルロン酸の生成量を促進させる成分である、iHA(アイハ)が配合されています。

タマゴサミンを飲み続けている内に、加齢などにより衰えたヒアルロン酸の生成量が増えたという実験データもあります。

タマゴサミンを飲むことでヒアルロン酸の生成量が増えれば、膝関節のヒアルロン酸も増えて、変形性膝関節症を改善させられる可能性があります。

変形性膝関節症に悩まされている方は、是非、一度、タマゴサミンを摂取することをご検討されてみてはいかがでしょうか?

-タマゴサミン

執筆者: